いのさん

プラダを着た悪魔のいのさんのレビュー・感想・評価

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)
4.2
《仕事至上主義上司と狂わされガール》

(あらすじ)
大学を卒業し、ジャーナリストを目指してニューヨークへとやって来たアンディが就いた職業は、一流ファッション誌“RUNWAY”の編集長ミランダ・プリーストリーのアシスタント。
ひょんなことから一流ファッション誌で働くことになったヒロインが、鬼のような上司に振り回されながらも恋に仕事に奮闘する姿をユーモラスかつ等身大で描き出すおしゃれなコメディドラマ。

2月に1人NY映画ロケ地巡り旅のための予習映画作品。
まぁこれは必ずと言っていいほど押さえておかなくてはね。

とりあえずアンハサウェイが眉目秀麗、才色兼備すぎて、「好きなタイプは?アンハサウェイ」のテンプレが完成しました。

個人的には「生活が崩壊したら昇進の時期だ」のセリフがグサっと胸に刺さりました。乱れてきたくらいが変化の時って認識で生きてきたいと思います。

華麗で美しいNYの町並みとそこで逞しく生きる女性の姿が象徴的な映画でした。記録。