マイク

ヒロシマモナムール/二十四時間の情事のマイクのレビュー・感想・評価

3.9
最初のシーンで
この映画大好きになりそうでした

広島に修学旅行に行った時の事
思い出しました。


資料館の資料も
小学生ながらしっかり見てたんで
懐かしく思えました。


ですがまぁ
そこからは
ちょっと普通のフランス映画みたいに
なってしまいました。


【夜と霧】も見ましたが
やっぱり世界の目からみても
枢軸国は枢軸国でも
ナチスは加害者
ヒロシマは被害者という意識なんですね。

いや、普通そうなると思いますが
残念ながら、
加害者に加害者意識がない事も
言えると思いますから

再認識させてくれました。

映画をみて思ったんですが
写真を掲げて
デモしてる人達が出てくるんですが


実際にこういう人達が
いたとして、(もちろんいたとは思いますが)
この人たちが
やってきたことって
なんやったんやろうなと思います。



デモをした人を批判してるのではなく
これは嘆きなんですが、
結局、半世紀経って
世界で核兵器が減るどころか
ものすごく増えましたからね。


このシーンで
ため息出てしまいました。

このシーンで
ただ単純にそう思うのは
僕が現代の世界情勢を
読めていないだけでしょうか。