COZY922

ビューティフル・マインドのCOZY922のレビュー・感想・評価

ビューティフル・マインド(2001年製作の映画)
3.7
ノーベル経済学賞を受賞した実在の天才数学者ジョン・ナッシュの半生を描く。少し前の別のレビューでも書いたけれど、天才と呼ばれる人たちは一般人に比べ精神的な障害や疾患に罹る割合が多いらしい。そうでなくとも、境界線上の危うい人や奇行の人が多いような気がする。常識を覆すような思考ゆえにそう見えるだけかもしれないけど、いずれにしても理解されにくい天才のそばにいて良き理解者となり ささえる心労や苦悩は並大抵なことじゃないとわかる。「博士と彼女のセオリー」のホーキンス博士の例しかり「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」のアラン・チューリングしかり。

幻覚騒動がどこまで事実に忠実なのかは知らない。が、統合失調症に纏わる描写が同じモチーフを使って繰り返し繰り返し出てくる中盤は気持ちが淀んでしまい正直ゲンナリ。こういう気持ちにさせられるという時点で演出としては成功なんだろうな。まんまとはまり、破滅的で辛くて惨めな状況をさんざん見せられた後でのノーベル賞授賞式のスピーチは、永遠に続くと思われた砂漠を歩いた後に見つけたオアシスのようで 救われた気分に。

鑑賞後、このご夫婦が昨年亡くなられたという記事を見た。2015年5月 数学における顕著な業績に対して贈られるアーベル賞の授賞式からの帰路、空港から乗ったタクシーが事故を起こし2人一緒に帰らぬ人になった。すごく不謹慎なことを承知で言うと、2人一緒に旅立てたことは 特にジョンにとっては とても幸せだったのではないかと思う。

方程式を超えた愛と、数学的理論をもってしても予想できない人生の終わり。授賞式の帰路 2人一緒に。。誰にも予想できないその最後は、しかし まるで、計算されていたかのように思えた。