ビューティフル・マインドの作品情報・感想・評価・動画配信

ビューティフル・マインド2001年製作の映画)

A Beautiful Mind

上映日:2002年03月30日

製作国:

上映時間:134分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「ビューティフル・マインド」に投稿された感想・評価

COMACHI

COMACHIの感想・評価

4.1
すごくステキな映画でした。
実話ベースの映画だと知り、作品を観てました。深い作品で色々考えました。
天才の人生は輝いて見える側面と影の側面があるのかなと思います。それを支える奥さんの愛に感動しました。
そして、その愛に応えたい彼の姿も良かったです。学生とのシーンも素敵でした!

彼が導いた法則は実生活でいろんなところに役立っていて、数学がいろんな物事に変化を与えるのは驚きでした。学生時代に観ていたら学ぶ意義がわかっておもしろいつながりをみせたかもしれないです。
遊

遊の感想・評価

-
なんか普通だな...?と思ってたら、中盤からガギィッと路線変更、そら作品賞だ
maiky

maikyの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

最初の方、ナッシュがゲームで負けるところなんかは共感性羞恥が大爆発で観ていられなかった。止めようか迷ったけど止めなくてよかった。
チャールズやパーチャーが実在しないのには単純に驚いた。
最後、ナッシュが『消えることはないと思う。無視すればいい。』と言っていたことが、批判や劣等感や疑問にも繋がるなと思った。
史実と結構違うみたいだけど、最後、ペンを置かれる前にあの部屋に入るのを拒否したところ、そしてラストの流れはグッときた。
ハンセン・・いいやつだったんだな・・・・・・・・・。
TP

TPの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

 暗号解読者として仕事を続けているのが、実はナッシュの精神病が起因となる幻覚であることが判明するまでのスリリングな展開や、その後の精神病と戦う家族としての葛藤など、ストーリーは脚色賞を受賞しただけあって面白いし、役者もみな達者であり見応えのある作品。

 ただ、実話に基づく(暗号解読の幻覚とアリシアとの家族としての戦いはかなり脚色されているらしいが)ということと、40年近くの歳月を描いている割に110分程度の短さなので、月日を追って足早に展開していくのが残念。もう少し丁寧に描けば深みが出たものと思う。
 また、ノーベル賞をもらうことになった数学理論がどれほどすごいものか、全くわからない。一応理工系の学部を出た私にとっては数学者としてのすごさをもう少しきちんと描いて欲しかった。
前から見たい映画の中の1つやったんやけど、いい意味で期待を裏切られた。前知識無しで見たもんやから、中盤から衝撃の展開。
暗号解読で大活躍した天才数学者の話かと思ったやん。

大偉業の裏にあった、苦悩の人生。
何が本当で何が幻覚か分からない生活へのストレスって相当なモノだと思う。僕だったら耐えきれない。

統合失調症を克服した(完全にはしてないけど)ナッシュはもちろん、支え続けた奥さんの夫への愛の深さになんと言葉に表現していいか分からないくらいの感情を抱いた。

ナッシュの奥さんと友達にもノーベル賞あげたい。
ゆうか

ゆうかの感想・評価

5.0
統合失調症の人からみた日常と他の人からみた日常の違いがよくわかった。

ジョンの周りの人たちとジョンの関係が素敵だと思った。
とても感動したし、面白い映画だった。
Scarecrow

Scarecrowの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

「ナッシュ均衡」などの経済学に関する研究なども行っていた学者のドキュメンタリー映画
経済学、心理学、両方の題材として視聴が推奨された映画
経済学に関わる学者の半生や、心理学的な見え方を知るにはよい入り口だと思う

この作品は音楽がすごい
主人公は幻覚を見ているが、現実と幻覚の境目には音が変化し、見学を見ている時は何か思考がぼんやりする不安定で心地よいBGMになる

主人公の幻覚は人生の半分くらいの存在なので、断ち切るための葛藤など、心を揺さぶるシーンがある

このレビューはネタバレを含みます

主人公の天才数学者が統合失調症に悩みながらも
妻に支えられて大学教諭に復帰して
ついには世界的に認めれらる話。

献身的で頭のいい妻が精神疾患の夫を支えるところに感動した。

涙。
よしき

よしきの感想・評価

3.0
実話だと知らずに見たから衝撃だった。主人公の演技が凄くて、歳をとっても全く違和感なくみれた。幻覚が見えてしまう病気も見事に表現されていてとても感情移入してしまった。
Ken

Kenの感想・評価

3.8
2020年211本目。
中盤くらいまで結構キツかったー。けど、良いお話だ。

数学者のジョンナッシュの半生を描いた作品。ナッシュ均衡のあのジョンナッシュ。
この人は天才なんだけど、変人。コミュニケーションがとにかく苦手。
そしてなにより、統合失調症で幻覚が見えてしまう……

統合失調症があるっていうのは見る前から知ってしまっていたから、序盤がもう全部これ幻覚なんじゃね…?って思っちゃう。全部幻覚ならめっちゃキツい、これどうなっちゃうの………って。
この女の人も幻覚ならやばすぎるって思ってたら、それは実在する奥さんになる人で安心した。

それでも中盤とか結構キツかったな。こんなことなっちゃったらどうすればいいんだよ…っていう感じ。
その辺まではホラーなのかサスペンスなのか、もうどうなるのって感じあるけど、最終的には感動できる終わり方。
どちらかというと、ホッとした気分になっちゃったんだけどな…笑


主演のラッセルクロウが素晴らしい。
でも、どうしても言いたいのは、数学オタクキャラのはずなのに、二の腕太すぎやろ笑
>|