ビューティフル・マインドの作品情報・感想・評価・動画配信

ビューティフル・マインド2001年製作の映画)

A Beautiful Mind

上映日:2002年03月30日

製作国:

上映時間:134分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「ビューティフル・マインド」に投稿された感想・評価

病気の辛さが痛々しいほど伝わってくる。
どれが幻覚なのか分からず葛藤する姿がすごくリアルで衝撃的だった。
こういう映画見ると改めて奥さんの力の偉大さに感銘を受けてしまう。

このレビューはネタバレを含みます

チャールズが幻覚だったとは!
観終わってから
また、初めからのシーンを見直した。
統合失調症について 深く学んでみたくなった。
ayyyyy

ayyyyyの感想・評価

4.0
人間は儚く脆いだからこそ周りが理解してあげるべき
この人の周りは理解してくれてる人が多いが現実はそうはうまく行かないし死ぬまで理解されないこともあるでも理解してあげなきゃね
危害を加えない限り"人として"接してあげなきゃ。
fani

faniの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

予備知識なしで観たので、諜報活動がまさか幻覚とは思わず(よく出来た幻覚だ、その分野で功績を挙げたからアカデミー賞映画なのかと)、そんな状態で平穏な未来があるとも思えず、奥さんにひたすら同情した

当然実生活はあんな美しい話ではなかっただろう、あの結末で100%報われたとは思えない(セックスレス描写でのジェニファー・コネリーの爆発が一番刺さった)

自分の知人も統合失調症の罹患者が2人いて、1人は自死、もう1人は未だ社会生活に復帰できてない

統合失調症とはなんぞというのを学ぶには良い映画なんだと思う、これが上映された頃はまだ今ほど周知された病気ではなかったのでは?


チャールズだけは確かに最初から絶妙に馴染んでなくて違和感があった、どこかで観たなと思ったらヴィジョンなのね!
sakingtj

sakingtjの感想・評価

4.0
ナッシュ均衡でお馴染みのJohn Nashの半生を描いた作品。
彼の苦悩は、見てて苦しかったが、じんわり感動する話で非常に気に入った。あとまじで奥さんが美人かつ良い人すぎた。。

Alan Turingを描いたイミテーションゲームを見た時も思ったけど、辛い苦悩と戦いながら立ててくれた、彼ら天才の功績の上で今の社会が成り立っていると考えると本当に頭が上がらない。ありがとう。

自分もほんの少しでも社会の役に立ちたいなという気持ちも沸々と。
Maya

Mayaの感想・評価

4.0
全く話の内容を知らず鑑賞
ずっとアスペルガー症候群の数学者がすごいことを成し遂げる話かと思ってたら、途中でええ!!?あ、そういうこと!?ってなった

ジョンの周りにいる人たちがとにかくみんないい人で本当によかった。人と接するのが苦手で数学に走り、心が病んでいくジョンを救ってくれたのは結局数学ではなく人なんだよな

あと奥さんが本当に素敵
自分だって相当辛いはずなのにジョンを信じてずっと支えていて涙が止まらなかった



日本語字幕で使われてる日本語が難しすぎて英語字幕で観た方が簡単だった笑
愛があればなんでもできるわけはないけど、
偉大な功績の背景には必ず愛があるんだろうな〜と思った

洋画の中の美しい台詞を原文のまま理解できる、というだけでも、英語を学ぶ理由になるなと最後のスピーチのシーンを観て思ったのでした
虎キチ

虎キチの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

大学院での仲間との集まりや二人の結婚式に、ルームメイトのチャールズが居ないなと思っていたら、まさかのナッシュの作り出した幻覚とは…
さらにはソ連の暗号読解の任務やパーチャーまでも全て幻覚、この時点で何が現実で何が幻覚なのか、一瞬わからなくなってしまった。

"統合失調症"という病名は聞いた事があったが、こんなに怖い病気とは全然知らなかった。良くあの状態から立ち直ったと思う。奥さんの献身的な支えと友情があってこそだったね。

あと数学という学問も突き詰めると本当に怖い学問なんだとあらためて思いました!
マジで数学苦手で良かったわ!(^^)
よし

よしの感想・評価

3.8
前情報なしに観ました。
実話なんですね。

この数学者が考えた理論が普段の生活の中にあると言われても、ピンときませんでしたσ(^_^;)。

軍に呼ばれて、戦争の中で自国のために重要な役割を担うことになった数学者。その重責に応えようとすればするほど、幻覚が現れてひどくなったんやろなと思いました。
きっと、責任感が強い人なんだろう。まー、そんな人でないと、ノーベル賞なんて無理なんやろな…σ(^_^;)

奥さんも優しくって、できた人やな。
数学者が授賞式の場で言ったあの言葉は、奥さんにとって、宝物になるんじゃないかと思いました。
これまでの苦労が全部吹っ飛んでしまうんじゃないかと思う。 

この数学者のように身体を壊してしまうとダメですが、ひとつのことに責任をもって
打ち込む姿っていいなと思う。

ジェニファー・コネリー綺麗!
Koichiro

Koichiroの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

実話映画、かつ、サイコスリラーの要素も楽しめる一作。

「ナッシュ均衡」に名前を残す数学者が、統合失調症に苦しんでいたなんて…!
献身的に支える元生徒で妻のアリシアに共感しながら見た。ジョンの台詞にあるように、あれほど素晴らしいパートナーに出会い、支えられるのは確率論的に「奇跡」って言えちゃう。
ジョンが薬を飲まなかったり、病院から出してくれるようにアリシアに頼んだりするシーンは辛い。。統合失調症のせいとはいえ、妻を裏切ってしまうジョンの行動は悲しい。

あと、ハンセンめっちゃいいやつ。最初は嫌なエリートに見えたけれど、ジョンの目を通して見なければ、ハンセンはずっとジョンを認めていた学友だったのかも。
>|

あなたにおすすめの記事