まいける子ちゃん

クリーン、シェーブンのまいける子ちゃんのレビュー・感想・評価

クリーン、シェーブン(1993年製作の映画)
3.7
不思議なキャッチコピーに惹かれて見に行った作品。独特な雰囲気、描写、永遠と鳴り続くノイズ音。ここまで見る人の心を不安に、且つ哀しく残酷にすることが出来るのかと、色んな意味で関心した。映画って凄いなと改めて思った。そして見終わった後の虚無感がすごい。もっともっと世の中が精神的な病などに関して関心を持って、偏見を持たず、暖かく見守ってくれてたら、また違うラストだったのかなとかも色々考えた。この類の映画は得意なはずだったけれど、久しぶりにキツかった。ラストのシーンは特に、、。娘だけが唯一お父さんの事をまっすぐ見てたんだね。あの流れでエンディングに持っていく所が凄くよかった。