mami

ある日どこかでのmamiのレビュー・感想・評価

ある日どこかで(1980年製作の映画)
5.0
"Come back to me…"
見知らぬおばあさんのこの言葉の意味とは…

時空を超えて運命の人に会いに行くSFファンタジーラブストーリー。
美男美女が見つめ合う姿って素敵。映像も音楽も衣装も主演の二人も絵画のように美しくてロマンチックな夢を見てる気分になる。
タイムトラベルの仕方が斬新で面白い。自己暗示の力で実際にできないこともないかも…と思わせられる。
主人公の行動力と押しが笑っちゃうほど強い。舞台女優であるヒロインにグイグイいくのが良かった。
ラストは少しホラーっぽいんだけど切ない…
出会ってすぐに燃えるような恋に落ちるところやラストカットはタイタニックみたい…
何度も流れるラフマニノフのラプソディーが心に残る。儚い映画だった。