ある日どこかでの作品情報・感想・評価

「ある日どこかで」に投稿された感想・評価

粉雪

粉雪の感想・評価

3.5
この上なく上品でロマンチックでセンチメンタルなラブストーリー。
ラフマニノフの音楽も素敵。

特典映像のインタビューで、クリストファー リーヴやクリストファー プラマーも出てきて、長いけど見て良かった。
ロマンチックな気分に浸りたい時は良いかも。

ヤボだと分かっているけどひとつどうしても疑問が。
結局、あの懐中時計はそもそも何処から来たの?
「待ってるの」
「誰を?」
「ほんとのパートナー」

どこから来たかは伏せますが、恐らく想像していただける、あの辺りから来ました。

マッケナ嬢、警戒心強いか?
チョロくないかこの人?
なんか、私はマジで、恋に落ちる心理が全くわかってないのか?

もうなんか、恋愛ものどれ見ても「なんか急にデレたな」という感想になるんだけど、これが普通で、急に落ちるのか恋愛っていうのは
こうやって、付きまとわれてはじまったりするもんなのか。
いちいち、「もしかしてこの人が運命の人かな?」とかを意識しながら生きてないとダメなんだな…

とかいう辺りに戦慄しながら、タイムトラベルの方法のアレさにビックリした。
うわ、アレやな!とは思ったものの、我にかえると私の世界でタイムトラベルは実現してないので、ここにはケチつけられないんだよなw

あとマルチバースもいいけど、フェルマーの原理もいいんだよなぁ。
行動派主人公に関しての運命論は、わりと好きです
mami

mamiの感想・評価

5.0
"Come back to me…"
見知らぬおばあさんのこの言葉の意味とは…

時空を超えて運命の人に会いに行くSFファンタジーラブストーリー。
美男美女が見つめ合う姿って素敵。映像も音楽も衣装も主演の二人も絵画のように美しくてロマンチックな夢を見てる気分になる。
タイムトラベルの仕方が斬新で面白い。自己暗示の力で実際にできないこともないかも…と思わせられる。
主人公の行動力と押しが笑っちゃうほど強い。舞台女優であるヒロインにグイグイいくのが良かった。
ラストは少しホラーっぽいんだけど切ない…
出会ってすぐに燃えるような恋に落ちるところやラストカットはタイタニックみたい…
何度も流れるラフマニノフのラプソディーが心に残る。儚い映画だった。
HAY

HAYの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

美しく切ないラブストーリー。

もう少し丁寧に伏線を繋げていたら。
一夜をともにした後のエリーズは、声のトーンも仕草も別人すぎませんか。
刹那いですね。束の間の出来事です。ただそれ故にラストまでの展開が早すぎてまだ理解が及ばない点はありますが、それでも好きな作品です。
最高のラブストーリーだと思う。画集や写真集などを見ている時に巡る妄想が映画になった感じ。ストーリーラインも画期的で、ホロリと涙してしまう。
べらし

べらしの感想・評価

4.3
間違いなく最もうつくしい恋愛映画の一本だし、エリーザの肖像が撮られた経緯がわかる一瞬のショットなんて鳥肌がワーーーーーーッと立って涙が溢れてきてラブ大暴れなんだけどラストは超怖いね いいのかそれで!

なので全くもって万人にはお勧めできないしむしろ自分でも納得行ってないところはあるが、観てて良かったと思えるシーンが2つも3つもある、それだけでいいんじゃないかと思います映画って

P.S.
ジョン・バリーさいこう
ロマンティックな内容に反してタイムスリップの仕方がまさかの「根性」論。なのにこんだけ思い込めばひょっとしたらできるかも、と思わせるあたり実にセンスがいい。

ラストのある些細な行動が及ぼす事態の取り返しのつかなさったらない。

クリストファーリーブの代表作がスーパーマンだけでなかったことをひっそりと、しかし確かに刻む名作。

余談だが本作のタイトルを劇中で引用した某世界的大ヒット映画の結末はこれや「112263」の結末へのちょっとした抵抗のように思われて、観たとき少し嬉しくなった。
いヴ

いヴの感想・評価

4.0
エンドゲームに出て来てたから、夜中久し振りに見返したらやっぱり好きだった…。2度目の鑑賞だと最初から泣きそうになる。ホテルっていうモチーフが大好きだから余計に良いのかも。ジョン・バリーの音楽が美し過ぎる。観終わってからもずっとラフマニノフのラプソディーを繰り返し聴きたくなる、静かで重たくて切なくて綺麗な映画。

特別お気に入りの映画として自ら名前をあげることはないけれど、サムウェアインタイムが通じる映画好きな人に出会うと心許しちゃう…。
アベンジャーズEG観たのならこれ観なきゃいけないよね!

ラストしっくりこなかったなぁ。
>|