GASS

サラの鍵のGASSのレビュー・感想・評価

サラの鍵(2010年製作の映画)
4.0
私ごときが評価するのも何ですが、この映画はまぎれもない傑作だと思います。

前半は現在と過去の時系列を交互に織り交ぜて、中盤にひとつの悲しい、絶句する様なクライマックスを迎えます。
後半は悲しき過去を背負った少女に関わった人々のその後が、主役である記者を通して語られます。
中盤のクライマックスとラストに少女の名を母が語った時、自然と涙があふれ出しました。

とても悲しい物語なのですが、鑑賞後の気持ちは不思議と悪くなく、良い映画を見れたという充足感に満たされました。

オススメです。