いもけんぴ

狩人の夜のいもけんぴのレビュー・感想・評価

狩人の夜(1955年製作の映画)
4.0
怖すぎやろこれ。
こんなにゾクゾクしたのは久しぶりです。
今まで映画でいろんなサイコパス見ましたがミザリーのアニーとかサイコのノーマンベイツ普通に越えました笑

昔の映画だからといって侮ってはダメですね。
白黒でシンプルな演出だからこそ最近のいろんな技術使った映画には出せない怖さがあります。

あらすじは、大金を子供にたくして父親が死んでしまって、その大金を自称牧師が執拗に探すって感じです。

このポスターの自称牧師がやばいくらいサイコパスなんですよ。
子供たちに舟で逃げられて発狂するとこは怖すぎた…。
追われるのが子供だし、武器は銃じゃなくて小さなナイフだから余計に怖いんだな。
急に態度が変わったりするの怖すぎるからやめてほしいわ…。
もう言葉では言い尽くせない怖さ。
この男ほんとイカれてる…。

この男演じた俳優さんやばいです。
小さい頃に観なくてよかった。