りっく

ボディ・ダブルのりっくのレビュー・感想・評価

ボディ・ダブル(1984年製作の映画)
4.0
主人公が隣の家を覗いているちょうどそのタイミングでちゃんと必要なことが起こるのか。また、本物の隣人の美女と替え玉のポルノ女優が家にいるタイミングをどのように切り替えていたのかなど、プロットに小さくない穴はあるが、妄念に囚われた男のファンタジーにも見えなくもなく、エロてんこ盛り+電動ドリルでの血まみれバイオレンスも忘れないデパルマ節全開の一作。

男の理想である隣人が美女で一晩中覗き見できる環境に、デパルマが大好きなヒッチコックのあんな場面やこんな場面を惜しげもなくオマージュという形で入れ込んだ、まさに夢の詰まった作品であり、それを惜しげもなく投入するデパルマの飾らない下世話さが本当に素晴らしいと思う。