犬

人生は四十二からの犬のレビュー・感想・評価

人生は四十二から(1935年製作の映画)
3.8
リンカーン

1908年、パリ
イギリスの召使いラグルズは、アメリカ人のエグバートと妻エフィのもとで働くことになるが....

ハリー・レオン・ウィルソン作の小説を映画化したロマンスありのコメディ

上品で従順な彼が、なんとアメリカ人の文化に染まります

アメリカの素晴らしさを伝える作品

笑えた
ラストもホッコリ

チャールズ・ロートンが面白い!
変わりようがスゴい
酒グセが悪いw

20年生やした口髭が笑

レッド・ギャップの人たちテンション高い

邦題の意味はちょっと分かりません