TAKASHI

ミストのTAKASHIのレビュー・感想・評価

ミスト(2007年製作の映画)
3.5
この映画でより注目したいのは、逃げ込んだスーパーでの『生きる』という事にとらわれた人間たちですよね。
結構、核心をついてると思います。人間という知的生命体が動物の一部であるという証明のような…

一応モンスターパニック物なので、モンスターも登場します。ビジュアルは結構悪くないです。あの足長のモンスターは一瞬、サルバドール・ダリの宇宙象を思い出しました笑

あと一つだけ言えることは、なんて脚本だ!救いようがねぇ!2日くらいブルーになったじゃねぇか!
でも、ベタベタな脚本を期待してばかりの観客への当てつけ?(良い言葉が見つからない)のようで、嫌いではない。

ただ、絶望した。


この映画を見たことない子に、見てみ!って進めて、ブルーな感想が返ってくるのが楽しくてたまらない。