しょうた

セックスの向こう側 AV男優という生き方のしょうたのレビュー・感想・評価

2.7
AV男優のインタビューをまとめたドキュメンタリー映画。
AVが語るというのは興味深いテーマだったので思わず借りてしまいました。

推定でAV女優は一万人。それに対してAV男優は約70人。この厳しい業界に生きてるそれぞれの男優の仕事、人生、セックスと考え方の違いがわかりやすいので面白い。
ただもう少し汚れた部分が聞けるのかと思いきや、どこかオブラートに包まれる感がある。
本音に迫ってないと思うけど見え隠れはした。
考え方の違うAV男優でも共通する考え方があった。
それは女性は魔物と‥どんなに体を絡めても心までは絡められないんだな‥。
山本竜二の変わらない姿見たときは感動した。

低予算の映画なのか音声は聞き取りにくい部分があるし編集と音楽のセンスが安っぽい。
それは仕方ないかな。

彼らはこの仕事は好きで続けてる。中途半端な気持ちでは続けられない。
観終わった後はどんな仕事も大変なんだ‥そんな考えを思い起こしました。