RYOSUKEIKEDA

パトリオット・デイのRYOSUKEIKEDAのレビュー・感想・評価

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)
3.7
まずこの作品に関係ないけどフィルマークスさんレディプレのアートブックありがとうございます!


当時報道されてて可哀想だなーくらいで特に何にも考えなかったけど作品を通して改めて見ると深く考えさせられる。
序盤に登場人物が多くてどーやって繋がるんだろうって思ったけどそれぞれに細かい心理描写があって分かりやすい

マークウォルバーグは個人的にコメディのイメージ強くて正義感の強いキャラは新鮮でよかったなー
警察に間違えて撃たれたところはもっと怒っていい笑笑


最後のインタビュー泣けた、
すごい面白い訳ではないがこのテロについて少しは学べるし起きたことを知るために観るべき映画!