パトリオット・デイの作品情報・感想・評価・動画配信

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

逃げたチャイニーズめっちゃ勇気ある!!!
たぶんそのまま一緒にいたら殺されてたもんね…
クズ野郎ども!激しく同意。

兄貴完全にいっちゃってるし、弟は兄貴に流される頭クソ野郎。嫁も旦那同様キチガイ。
できるだけ多く殺せって心底胸糞悪いわ。

こんな奴らに殺されてしまった被害者4人が理不尽でしょうがない。
どんなに悔しかっただろう。

憎しみではなく愛のために戦うってメッセージが後半に。でもなかなかそこまで…。

最悪だけど最高の経験だったって。
人間って強いなあ。
どんなつらい目にあっても、強くなれるんだなあ。

題名からアメリカ万歳🇺🇸みたいな映画を想像するけど、そうではなくて、自分たちの街を愛する市民の話なので、題名で敬遠している人は一度見てみてほしい。
最後に本人たちのメッセージもあります。
実際の映像も挟みながら、かなり忠実に再現されていると思います。
EE

EEの感想・評価

4.0
ボストンマラソンテロ事件を基にした作品

1人の主人公にフォーカスするわけではなく、その事件に関わった人達にフォーカスを当ててストーリーが進む。

愛と希望は悪に屈しない。人を愛し、希望を持つというのはこれほど素晴らしいものだと実感。
TES

TESの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ボストンマラソンの事はテロ事件としては知っていたけど、こんな物語があったとは知らなかった。

テロの犯人がもっと簡単に捕まるのかと思ってた。カージャックしたり、銃を奪うために警官を殺すのはやはり狂気に満ちてる。
終盤でもどうなるのか分からなくて釘付けになった。

殺人犯を殺しても傷は癒やされないのは分かるが、被害者からしたら殺して欲しいのではないか。と思う。
誰もが知ってるボストンマラソン爆破テロ。映画自体のストーリーより、自分もマラソンを走る人としてランナーやその周りの人達に起こったことが現実であることが、見ていて辛い。悲しみの連鎖が描かれていないことが唯一の救いかも。。
R

Rの感想・評価

-
打ちのめされる程悲しいけど、希望が持てる上手な映画だった。

Wolf兄が犯人にそっくりでこの映画が現実にいかに忠実にするかというこだわりを感じた。
時折挟んでくる実際の映像がより現実味をもたらしていた。
タイトルも上手!フットボールかかってない?
邦題なくて良かった〜

(個人的に行ったことあるところがいっぱいで楽しかった。)
前知識なしで見始めて、あ!これボストンマラソンテロ事件のやつか…と気付いてからは神妙な面持ちで観ました。

ただ単に良い映画と言って良いのかどうか分からない。実際の映像も使用しているので、見ていて苦しくなってしまった。
お気楽に観れる映画ではないので観るタイミングは注意した方がいいかも。

被害者視点だけじゃなく加害者視点の描写もあるんだけど、宗教に明るくないので、だからって人を殺して良いのか?という発想しか出なかった。
ただそういう問題ではないんだろうな〜…うーん難しい。

私は短絡的なので痛ましい事件の報道を目にした時、つい死者と負傷者を数や記号で一塊と認識しがちだけど、
人が一人死んだという事実が死者数の数だけあって、自分と同じように暮らしている人が傷つけられその傷を背負いながら生きていくという事実が負傷者数の数だけあり、そして数字には出来ないほどの人の心に傷を負わせたという事を思い出させてくれる映画だった。

普段は下衆クマの悪友なマーク・ウォールバーグだけど今回はめっちゃかっこいいです。
tamaemon

tamaemonの感想・評価

3.4
2020年最も稼ぐ俳優ランキング3位のマークウォールバーグ。
ボストンマラソン爆破テロの映画。
リアル感がある。
愛があり乗り越える姿に強さを感じる。
パトリオットとは、愛国という意味。
ゆめの

ゆめのの感想・評価

3.9
ボストンマラソンでの爆破事件の映画。
本当にその場を切り取ったかのように
事件現場の壮絶な悲惨さから、
被害者のバックグラウンド、
翻弄する刑事たちの捜査の様子、
どれもリアルでドキュメンタリーを見たみたい。

それでも負けない屈しない、というボストンの街や被害者の力強さがとても印象的。
見てよかった。
jk66tm

jk66tmの感想・評価

4.0
実話の映画の中で最も感動する作品。
特にエンドロールは本人出すから、一気にそれまでの物語がフラッシュバックして、より気持ちが入る作品
だいたい実話ものにハズレはないんだけど凄く良かった
マークウォールバーグ主演でケビンベーコンが出てるのにひかれて見たけどノンフィクションとしての緊迫感がずっと続いてあっという間の2時間強
派手な大団円があるわけではないのがかえって良い

そしてこの作品の主人公は出演している人たち全員だと思った
映画はひとりひとりの人生を織り込んで進む

最後に主要な本人たちのインタビューが入る作品はほかでもちょくちょく見るけどそれぞれの今が存在することそのものに感動

この映画に出てる人たちだけでなく全ての人にはみんな人生があるんだって当たり前のことをあらためて感じた

蛇足・・・自分のヒアリング能力では「レッドソックス」と「レッドソークス」どちらも「ソックス」に聞こえてしまった
おんなじじゃんって(笑)
>|