パトリオット・デイの作品情報・感想・評価

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

yutaro

yutaroの感想・評価

3.7
テロに屈せず、立ち向かっていく人達に心揺さぶられる。
ケビン・ベーコンがいい味出してる。
ミシェル・モナハンもっと見たかった。
監督とマーク・ウォールバーグのコンビはハズレ無し
IshiDa

IshiDaの感想・評価

3.0
よくあるアメリカ万歳映画かな?と見てみたら…。その反面もありましたが見やすいし普通に楽しめました。個人的にはおじいちゃん警官がかっこよかったなー。
doggiehowl

doggiehowlの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ボストンマラソンで起こった事件を、当時の映像を、使いながら再現している。
「実際に起こった」ということだけに終盤まで緊張感MAXのまま進行していく。
自分の街は自分で守る…やはり強い国だと改めて感じる。

観る前まではFBIと地元警察が対立しながらも協力していくのかと思っていたが、実際そこまで絡んでいなかった第3作め。
結構期待していたので思ってた程、、?って感じ
公開前からずーーっとうちの冷蔵庫にチラシ貼ってたからw
まあ実話なのでしょうがない、バーニングオーシャンとどっこいくらい
でもこっちはマークである必要性あるっ?て思った
でもやっぱほんと演技上手いなあ~って、、さすが2017年最も稼いだ俳優なだけある😭すき😻
実話とあってとても良かった

最後のインタビューとかで泣けてきた…
改めて知ると、こんなに悲惨な事件だったんだと、衝撃を受けました。
人間の愛の強さと悪を許さない正義の力に感動しました!自然と涙が出た。
YusukeUeta

YusukeUetaの感想・評価

3.8
事件そのものというより、テロに対して、宗教に対しての警鐘というか、問いかけを強く感じた
ayubit

ayubitの感想・評価

3.4
ドキュメンタリー映画はどうしても退屈になりがちだけど、これは事実に忠実なわりによくできていた。
複数人のいつも通りの朝が一つの事件にリンクしていき、それぞれの人間ドラマも濃く描かれているので感情移入もしやすく、ジーンときたりもした。
ぴの

ぴのの感想・評価

4.2
実話系。ハラハラした。犯人の動機にもう少しスポットを当ててもよかったかもとは思うがいい映画だった。悪に反撃する唯一の武器は愛。テロの被害者は平和の大使。
koma2chan

koma2chanの感想・評価

4.3
面白い!面白いと言う表現は不謹慎だけど凄く良い映画です!
もう目が離せないです。
テロリスト達が許せないし、捜査妨害した友達もムカつきます。
テロリストの妻もムカつきます!
実話だけに感情移入しちゃいます!
>|