パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:133分
    監督
    ピーター・バーグ
    脚本
    マット・チャーマン
    エリック・ジョンソン
    ジョッシュ・ゼッツマー
    キャスト
    ミシェル・モナハン
    マーク・ウォールバーグ
    ジョン・グッドマン
    J・K・シモンズ
    ケヴィン・ベーコン
    エリカ・マクダーモット
    ヴィンセント・カラトーラ
    ジェームズ・コルビー
    メリッサ・ブノワ
    あらすじ
    2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これは テロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

    「パトリオット・デイ」に投稿された感想・レビュー

    risa
    risaの感想・レビュー
    1日
    4.1

    このレビューはネタバレを含みます

    13年のボストンマラソンで起こった爆発テロの犯人逮捕までを描いた作品。「ライオン」と同じく実話を基にしており、最後に実在の人物が出てきて泣かせるパターン。私はこのパターンが好きみたいで、まんまと号泣でした(笑)

    物語は時系列をたどり、犯人逮捕までの102時間を分厚く描く。テロの現場に居合わせた警察官を主人公にしたドラマでありながらドキュメンタリータッチ。
    冒頭はマラソン前夜、市民の些細な日常から始まる。オムニバスのように、次から次へと。ここに犯人も登場(結末の分かっている映画だからこそできる演出。犯人も人間であり、日常があるのだと感じさせる)。この、さまざまな人が出てくる前夜のシーンが、のちのちけっこう重要。
    マラソン当日、爆発のシーンは生々しい。パニックに陥る人々、警備員。血まみれで倒れる参加者やギャラリー。あのとき日本でも流れていた防犯カメラの映像。実際の映像が入っているのではと目を疑う。前夜のシーンもあいまって、いかにテロが罪のない市民の生活を狂わせるかを痛感する。
    そこから犯人逮捕まで1時間半くらいあるけど、飽きません。犯人の逃亡計画がなかなか大胆で、映画にするには(不謹慎だけど)いいんです、これが。誰目線で見たらいいのか分からないくらいスリリング。銃撃戦はド迫力で、球が飛んでくるわけもないのに、思わず仰け反ってしまって(笑)火薬のにおいがプンプン伝わってくるかのよう。
    クライマックスへ向けて、主人公が愛の力を語るシーンがありますが、エンディングで思い出すと、もう涙が止まりません。結末はあっさりとしてるけど、そこから実際の映像につながるあたりから、一緒にテロと戦ってきた市民に感情移入して、すがすがしかった。

    今年見た洋画No. 1だった「ライオン」を、ちょびっと超えました。
    ワンサイダー
    ワンサイダーの感想・レビュー
    5日
    3.9
    終始一貫緊張感のある演出・脚本で実話をうまく脚色している。
    渡邉誉之
    渡邉誉之の感想・レビュー
    2017/04/20
    4.0
    この国に住んでいると「愛国者」という言葉がなんとも…な気持ちになってしまうものですが。
    愛国者の日、最も歴史あるマラソン大会を襲ったテロ事件と、その解決までを描いた「Wバーグ」の早くも最新作。

    P・バーグ監督の得意技というか、事件に巻き込まれる善良な人々の生活がしっかり描かれるんですね。だが観ているこちらは、事件が起きることを知っているわけで…発生が近づくにつれ、彼らがその現場に集うさまを見せられるにつれ、「知っているのに」ハラハラしてしまう。「え?ウソでしょ…ホントにこの人たちが巻き込まれるの?」と。

    そして発生の瞬間、カウントダウンなどなく、呆気なくボン!と発生する「事件」。次の瞬間目の当たりにする惨状...。
    『ローン・サバイバー』以来、P・バーグ監督の得意技(その2)とも言える「痛み」の描写が炸裂し、現場の混乱の中に放り込まれた様な錯覚を覚えます。ドキュメンタリーの様な臨場感。
    「爆弾の爆発とは、本当はこういうものなのだ…」という恐怖。
    混沌と化す現場をようやく沈めた後、私を最も遣る瀬無い気持ちにさせたのは、「ある遺体」を護り、ただその横で佇む警官の表情でした。

    さて、息つく間もなく捜査は開始され、本当にまるで映画の様な出来事が次々に発生します。
    ネタバレせずに感想のみ書くと
    「え⁉︎こんなヤツが⁉︎」
    「え⁉︎ホントに撃つの⁉︎」
    「え⁉︎署長⁉︎」
    「え⁉︎勇気ありすぎ!」
    「え⁉︎本気でそんな計画が⁉︎」
    こんな感じ。

    そして驚いたのが、今や実話映画の名手となった監督が、実話の中に恐るべきユーモアさえ盛り込んできたところ。
    ある突入シーンでは不謹慎ながら爆笑してしまいました。すごいなあ。

    「愛国者の日」をタイトルにしてはいますが、ボストンの人々は寧ろ「愛街者」なのだなと強く感じましたね。悲劇を経験した人々が、後に強く前進するという話は出来過ぎのようでありながら、何しろ実話なのだから納得せざるを得ない。すごいなあと感じると共に、ローン・ウルフ的なテロを防ぐ手段というのは本当に、非常に難しいということ。防ぐには長い時間と隣人との信頼関係を築いて行くことでしかないのだということを学んだような気がします。

    うーん…「Wバーグ映画」、侮りがたし!
    JunjiTakane
    JunjiTakaneの感想・レビュー
    2017/04/18
    3.3
    ザ、アメリカ。
    TomokoYonezawa
    TomokoYonezawaの感想・レビュー
    2017/04/17
    4.0
    試写で鑑賞。2013年のパトリオット・デイ(アメリカ合衆国のマサチューセッツ州、メイン州、ウィスコンシン州の3州において4月の第3月曜日に制定されている祝日)に行われたボストンマラソンで起きた爆弾テロ事件の話。「ハドソン川の奇跡」や「ユナイテッド93」のように、まるで実話のドキュメンタリーを観ているかのように、決して事件を風化させてはならないという強い思いが伝わってくる秀作。まるで予期できぬ出来事に対し、どんなに無力であっても、我慢と人の良心、それが全てで、それ以上でも以下でもなく、それが世の中を支えている。そんな風に思うと今年前半に観た「沈黙‐サイレンス‐」にも通ずる。「ハドソン川の奇跡」「ユナイテッド93」好きはmust seeな作品。
    wyzbar
    wyzbarの感想・レビュー
    2017/04/12
    3.8
    □物 語 ★★★★★ ★★
    □配 役 ★★★★★ ★★★
    □演 出 ★★★★★ ★★★
    ・テ ン ポ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆
    ・喜怒哀楽 ☆☆☆☆☆ ☆☆☆
    ・ドキドキ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆
    ・雰 囲 気 ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆
    ・エンディング ☆☆☆☆☆ ☆☆☆
    □映 像 ★★★★★ ★★★
    □音 楽 ★★★★★ ★★
    May
    Mayの感想・レビュー
    2017/03/30
    4.3
    なぜかイギリスで鑑賞

    ボストンマラソンでのテロの解決までを描いた作品。
    当たり前だけど常に緊迫し通し。こんなに早く犯人が見つかったのは現代テクノロジーと捜査員たちの忍耐のおかげ。ドラマパートが多いかと思ったけれど、後半はアクションも多い。バランスが良い。JKシモンズがカッコいい
    最後の本人たちのインタビューが良かった。

    大体内容はわかったけれど、日本語字幕付きで是非もう一回見たい。
    safariii
    safariiiの感想・レビュー
    2017/03/29
    4.0
    忘れてはいけない出来事。

    アクションシーンが多く、鑑賞後恐怖感が強く植えつけられた。
    考えさせられるというよりは、思いがけない拍子に誰でも被害者になりうることを痛感させられた。
    Morison
    Morisonの感想・レビュー
    2017/03/02
    4.5
    実話。これはもう一回見る。
    erieriko99
    erieriko99の感想・レビュー
    2017/01/28
    4.5
    臨場感たっぷり
    かなりリアルに描かれてる
    目が離せなくて面白い
    これは映画館で観る価値あり
    >|