パトリオット・デイの作品情報・感想・評価・動画配信

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

ボストンマラソン爆発事件の真実を描いた作品。

この手の映画に面白い・つまらないを評価するのもどうかなとは思いますが、、とりあえず感想を述べます。

似たような作品では、衝撃度的にはホテル・ムンバイの方がすごかったのでこの点数にしましたけど、インドよりもアメリカの方が国の文化とか雰囲気を理解できる分、当事者意識というか自分にもこんな事件が起きるかもといった恐さを感じました。

普通に過ごしてて、近くの人のカバンに爆弾が入ってるかもなんて普通考えられないですよね。
そんなこと意識し出したら、多分まともな精神状態で生きていけないと思うので、今こうやって平穏に生きられてることに感謝ですね。

事件を知らない人はテロが絶対悪であるということを改めて認識するためにもとりあえず見て欲しいという作品です。
ボストンマラソンでの爆弾テロを題材に「正義は憎悪に打ち勝つ」がテーマの話。アメリカの掲げる正義って真っすぐで頼もしいと感じる時もあれば、鬱陶しいと感じる時もある。今どき勧善懲悪モノってないし、この作品でも実行犯の妻が見せたイスラム女の矜持が作品に多少のバランスを保たせている。しかし、最低限のことをしたまでのレベルでしかないと思う。無邪気に自分たちの正義を叫べるアメリカって、いつもながら感心するw
紫屋

紫屋の感想・評価

4.0
ドラマ重視のサスペンス映画でも気合いの入ったアクションシーンを撮る人は信頼できる
いい銃撃戦だった
なかなか!
爆弾テロの実話に基づいたお話で展開も見やすくて面白かった。
終わらない戦いだけど…人の団結の強さと怖さがわかる。
bu

buの感想・評価

3.2
テロは絶対ダメな事は大前提。負傷者の映像は、胸にくるものはあり、卑劣な行為は許せない。ただ、このお決まりのお涙ちょーだいに持って行く、ザ・アメリカ映画のパターンは好みではないのでこの評価で!犯人の背景とかもっと描いてほしかった。しかし、犯人にたどりついて行く展開など、見応えはあり、全体的に良い作品だと思う。
サカナ

サカナの感想・評価

3.8
愛と団結力。
割と長尺だったけど、テンポも良いので飽きずに観れました。緊迫感も申し分なく、時折挟まれる実際の映像がそれを押し上げてくれます。
scotch

scotchの感想・評価

4.0
ボストンマラソン爆破テロ。この卑劣な事件を詳細に描く。実際の映像も多く、緊張感が半端ない。犯人割り出しの手法や銃撃戦での失態に衝撃、本作を見れば事件が全て分かると言っても過言ではない。
しかしどうしてこんなことをするのだろう。
日本ではまだまだ他人事のような感がありますが、無理矢理開催されるであろう東京五輪や何の対策もとられていない原発への攻撃がないことを祈るばかりです。
吹替版鑑賞。字幕ノーカットで再見の価値あり。
実話なのか衝撃…。

爆弾と銃の攻防、めっちゃ怖かった。
画面越しやのに自分もその場にいるのかもってくらい怖かった。

生まれ育った環境によってほんま人間の思考回路って全然違うねんな。どんな考え方があってもいいけど、罪のない人を殺してはいけないっていうのだけは人間の共通認識であってほしい。
bigrig7000

bigrig7000の感想・評価

3.5
ボストンマラソンテロ事件を描いた映画。事件の概要は知っていたが、こんな激しい銃撃戦まであったことは知らなかった。ものすごく重い映画だった。イスラム教を批判するのは間違ってるかもしれないが、やはりイスラム教怖い。
ありきたりな
作品なんだろうなと
思いきや
なかなか楽しめた!

最後は神からの
日差しがふりそそぐ
爽快感がある作品!

途中の銃撃戦は
もう戦争よね!

迫力あった!
>|