パトリオット・デイの作品情報・感想・評価

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

LUKEN

LUKENの感想・評価

3.6
2013年に起こったボストンマラソン爆破テロ事件を元にした映画

実話なので映画としての盛り上がりには欠けるけど本当に考えされられます。

実際の映像も絡めててリアリティがあり良かったです!
AnnaMinami

AnnaMinamiの感想・評価

3.0
しょぼすぎる。おちもないし犯人頭悪すぎる。なんもはらはらしやん。実際のんを再現してるから仕方ないか

このレビューはネタバレを含みます

冒頭のシーンから登場人物出る度に時間が表示されてたから、
テロとか事件系映画なんだろうなぁ…。と思っていたけれど。

もっと早くに逮捕出来なかったのかなぁとか。
ベンツが丈夫だなぁとか。

人の思いを加速させるのは悪意だけど、悪意は人を強くしたりもする。
キヒト

キヒトの感想・評価

3.7
あんな銃撃戦あったの!?
アメリカってやばい国だな。

団結力って何事にも大事ね
テロの恐怖、人々の強さを感じる作品でした。
日本が銃社会じゃなくて良かった。
tekito

tekitoの感想・評価

3.8
2018.06.17. DVDにて鑑賞


実際に起きたテロを基にした半ドキュメンタリー的映画。
被害に遭われた最後の方たちの、本当に愛によって困難を克服していく姿に心打たれました。

「憎しみは愛に勝てない、悪は愛に勝てない」と劇中で語られる。それ自体に異論は無い。このボストンでのテロリストも完全に狂信者、最悪に卑怯な悪と言えるだろう。

でもそこで考えを留めるのではなく「なぜ狂信者を生んでしまったのか」をアメリカ国民が、人類が学ばない限り、この悲劇は終わることが無いと感じる。

テロリズムという単独の事件だけを切り取って見れば、上記のような美談だけで終わらせられるのだろう。

でも現実は違う。連綿と続く歴史によって、お互いを憎悪に巻き込む戦争をアメリカという国家自身が引き起こして来た。そしてこのテロもその戦争の延長によるものだ。
ボストンで起きたことの数千、数万倍もの悲劇が他国で起きているということ、そして家族も国家も奪われ憎悪の中で子どもが育つような環境が今もこの世界のどこかにあることを忘れてはならない。そうして育った子どもたちがどうして愛などと口にできるだろうか?

その事実を自覚し、自らが進んで暴力を手放さない限り「テロに屈しない」などという言葉は空虚なままだ…
その言葉自体が憎しみを孕んでいることに気づかない限り…



…あ、意識が遠くに行ってしまいましたが、映画自体は良くできていると思いました!マーク・ウォールバーグはトランスフォーマーみたいなクソ映画に出ずにこういう役の方が良いと思う。
以外に 面白く鑑賞出来た。

あの犯人達が ニューヨークも狙

って いた事や その区間を封鎖し

たりする。 いつでも犯罪って近

くに あるんだなぁって感じた!
River

Riverの感想・評価

4.0
実際に起きた事件はこんなに悲惨だったんだって知った。
マークが事件後、家に戻り目の当たりにした光景を泣きながら語ってる所がとても印象深い。この出来事の悲惨さが伝わってきた。
ニュースでは知っていたが、どんな背景があったか知らなかった
みてよかった
事件からもう五年も経つんですね。華やかな舞台での爆破事件は今でも鮮明に覚えてます。

劇中でも、実際の映像を使っての作品。オープニングの静かな感じから、事件が起こってからの際どい感じへの転換で、一気に作品に引き込まれました。

ストーリー的には実在事件の映画化ということで、ボストンマラソンでのテロ事件と犯人特定、逮捕まで。
解説によれば、事実7割、フィクション3割くらいらしいです。人間関係なんかは結構フィクションなのかな。

個人的には、捜査本部の規模のデカさに驚きました。この辺はさすがに日本とは違いますね。体育館みたいなところにあらゆる役割の人たちがいて、マスコミ対応もそこで。

フェンウェイパークでのレッドソックスの選手のスピーチにも感動しました。日本でも3.11の時に楽天イーグルスの嶋選手がスピーチしてましたが、ああいうのは勇気をもらえますね。

しかし、犯人の目的も信念に基づくというよりはなんだか曖昧で。なんだ、あいつら。特に兄弟の兄貴の方がいろいろクズ過ぎて。。。
9.11の真相はな、とかフェイク情報をしたり顔で語るとことか。なんなんだろう。

映画のテーマとは関係ないところなんですが、老捜査官の煙草の吸い方がやけにかっこ良かったのが印象的でした。
>|