パトリオット・デイの作品情報・感想・評価・動画配信

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.8

あらすじ

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

Tatsu

Tatsuの感想・評価

4.0
いい映画見た。
被害者の描写生々しく見るのがつらいけど、実際におきた事件だし映画見てる側にも当事者感が芽生える。
東北震災時に言われたけど、例えば1万人が被害とかって、実際は一人の人生に突然起きた悲劇が同時に1万件発生したことだよな。と再確認した。
K

Kの感想・評価

4.0
2013年のボストンマラソンでの爆弾テロ事件を「ローン・サバイバー」のピーター・バーグ監督、マーク・ウォールバーグ主演コンビで映画化した実録ドラマ。事件当日、現場で警備に当たっていたボストン警察の刑事を主人公に、地元警察とFBIの合同捜査で犯人を追い詰めていくまでの緊迫の一部始終をスリリングに描き出していく。

実話を元に作られた作品。
実話だからこそ、伝わるメッセージは大きかった。そしてアメリカは本当に強い国だと思う。
感動をありがとう。
割と記憶にも新しい実際のテロ事件を題材にした映画。
主役はマークウォールバーグですが、群像劇のようなテイストで描かれているので、個人的に楽しめました。
実際に事件に関わった人たちも最後に出演していてみんなで凄惨な事件を乗り越えようとしているのが好印象でした。
べりす

べりすの感想・評価

3.2
ホテルムンバイのあとに見たらあかんかったきがする…
あれより先に見てればもっと評価上げてたけど。
ドキュメンタリーチックで実際の映像ももちろん入る。
ムスリムの女性が
「結婚するということは戦争と服従」
といってたのがなんかささった。
国、信仰によってこうまで男性にすべてを捧げ死ぬ覚悟なのか。
EDDIE

EDDIEの感想・評価

4.3
明日は我が身。何が起こるかわからない。
ボストンマラソン爆破テロの犯人逮捕までを追うシリアスなドラマ。
実際の映像とリンクさせ、犯人との銃撃戦ではドキュメンタリーチックな撮影で臨場感を演出。

被害者視点の“ボストン・ストロング”と合わせて観たい快作。

とにかく力のこもった作品です。
爆発の瞬間から一変するボストンの街並み。
実際の映像も使われながらリアルに映し出した悲惨な現場。
目を覆いたくなるような場面の連続に気が滅入るようです。

ただこれが2013年の出来事。
ボストンといえばMLBのレッドソックスが有名です。NBA好きの私からすればセルティックスもですが、やはり松坂大輔、上原浩治、田口壮など、数々の日本人のプロ野球選手が所属したレッドソックスという球団は日本人にとっても特別でしょう。
ボストンマラソンは実際にこれまで多数の日本人ランナーも優勝を飾ってきています。
あの現場に日本人がいたとておかしくないでしょう。

あまりにも驚くべき出来事でありながら、身近な出来事だと置き換えることもできます。
爆発に巻き込まれ死に直面した人もたくさんいたと思いますが、手足を失いながらも生きながらえてしまうという自分だったらどう整理をつけるだろうか…いや、整理をつけることはできないんじゃないかという辛すぎる映像が目に飛び込んできます。

テロの犯人が逮捕されるまでを描きます。
マーク・ウォールバーグ演じるトミー・サンダースは架空の警察官です。
彼の仮の視点をもとに、当時の事件を紐解いていくドキュメンタリータッチなリアルさを孕みながら、クライムサスペンスとしても上質な出来上がり具合を見せてくれています。

愛国主義的なアメリカの視点というところで、事件を起こした犯人側の心理的側面はやや無視されている感覚は受けますが、とにかく映画としての臨場感の演出が素晴らしくて個人的には文句のつけようがありません。

キャストもケビン・ベーコン、ジョン・グッドマン、J.K.シモンズら豪華俳優陣の無駄遣いといえるほどの起用っぷり。
彼らの演じたリック・デローリエFBI捜査官やエド・デイビス警視総監、ジェフ・ピュジリーズ巡査部長らは実在する人物で、ラストに本物の彼らのインタビューも差し込まれるようになっています。

犯人グループはアレックス・ウルフやメリッサ・ブノワら。

個人的にピーター・バーグ監督&マーク・ウォールバーグのWバーグコンビの作品としては一番好きです。

※2021年自宅鑑賞208本目
T太郎

T太郎の感想・評価

2.7
125
つい最近、世界中の人々の記憶に新しく、しかも大勢の人が亡くなった事件を映画化するなんて。
日本では考えられないですよね。

エンターテイメントとして観ると楽しめるのかもしれないが、つい最近起きた事件を基にしているので、複雑な気持ち。

ケビン・ベーコンは大好きな俳優です。
しょー

しょーの感想・評価

4.2
テロには屈しないというアメリカの強い執念が感じられる。
犠牲者になってしまった少年の前に警察官が立ち続けるシーンが辛かった。。
記憶に新しいボストンマラソンの爆破事件の話。実話。

実在の事件に忠実に、
関連する人々の描写も丁寧で、
さらにはちょいちょい実際のニュースも挟まれるもんで、
緊張感と臨場感が半端ない。

ホテルムンバイを見たときもだったけど、
犯人に罪悪感はなく、むしろ使命と信じて疑わず、
更にはその家族もそれを忠実に守り、
こういう映画を見るたびに人の信じる力の恐ろしい側面を目の当たりにする。
圧力鍋に釘や金属片を入れた手製の爆弾。卑劣きわまりないこの行為を、正義と称して実行するテロリスト。
足を失い、子供が命を落とし、
そのニュースを見て、
『爆弾の位置が低すぎた、今度は腰の高さにしよう』
と分析しているありえないテロリスト。
ほんとに同じ人間なんだろうか。

エンドロールでは、
モデルとなった被害者たちの実際の画像が流れ、この映画の再現度の高さにあらためて驚くと同時に、
事件を決して風化させてはいけないと切に思う。
まさに愛国者の日(パトリオットデイ)に「愛の力」で結束した人々の話し。あの悲惨な爆破テロ事件の記録という側面がありながらも、そこに関わった個人個人の愛の形を、高い熱量で描き出しているのが素晴らしいと思った。また何度か観れば、違った視点が得られるかも、と期待。

☆2013年4月15日、アメリカ愛国者の日に開催された伝統あるボストン市民マラソンで爆破テロ事件が発生。当時現場で警備にあたっていた刑事トミーやFBI捜査官リックらは犯人逮捕に向けて動き出す。やがて白い帽子と黒い帽子の男たちが容疑者として浮上すると、捜査は地元警察や市民らをも巻き込む事態へと大きく展開していく…という話。

あのボストンマラソン爆破テロ事件から100時間以上にわたる捜査を追っかけた映画。テレビでも観たリアルな光景があちこちで挿入され、実際に犠牲者もいるので、心が痛くなる場面もある。。

映画で伝えたかったのは、終盤のシーンに凝縮されてんじゃないかな。アメリカ人がおそらく最も好きな?愛国者の日に、多くの人が集うボストンマラソンで爆破テロが起きた。その日というのは悲劇の日である一方で、犯人逮捕のために市民が結束する大きな原動力を得る日にもなった。
ボストン市民にとって愛国者の日っていうのは、あの出来事以降すごく意味のあるものになったんだという描き方でしたね。

「悪魔は愛を奪うことはできない」
映画の中でマーク・ウォールバーグ演じるトミーがそんなカッコいいセリフを言う。ボストンでは、愛をもって悪に立ち向かった。その象徴といえるのがあの事件の犯人逮捕だったと。計画的偶発性みたいなものをすごい押し出してるよなぁ。

…そんなような感覚で映画を観ていると、最後のクレジットのとこで映画の登場人物のモデルになった人たちのインタビューシーン。感動して涙が出てきます…。特に爆心の近くにいて脚を切断した人々が、再びボストンマラソンを走破するっていうシーンは観ていてまじで泣ける。

本作のピーターバーグ監督は「ローンサバイバー」や「バーニングオーシャン」など、マーク・ウォールバーグを主演として、アメリカ史上の事件事故を映画化しています。こういうノンフィクションに近いドラマって、爆発とか戦闘とかが激しいからそこばっかり注目しちゃうんだけど、その裏にある人間たちの生き様をちゃんと入れてる。映像とストーリーどっちかに傾きすぎても成立し難いんだけど、すごくバランスが良いように思います。
Emma

Emmaの感想・評価

4.0
事件の時系列や多岐に渡る関係者が次第に絡み合っていくので、臨場感や緊張感が鮮明に伝わってきます。
スピード逮捕に至るまでの様々な道のり、目的の為には手段を選ばない。と言わんばかりの、日本とは異なる国家の力が圧巻でした。
人権やら自由やらで、デモをやストが頻繁に行われる海外ですが、いざという局面で行動が取れるって素晴らしい団結力。
最後に流れるインタビュー映像も良い。
2021-91
>|

あなたにおすすめの記事