パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:133分
    監督
    ピーター・バーグ
    脚本
    マット・チャーマン
    エリック・ジョンソン
    ジョッシュ・ゼッツマー
    キャスト
    マーク・ウォールバーグ
    ジョン・グッドマン
    ミシェル・モナハン
    J・K・シモンズ
    ケヴィン・ベーコン
    エリカ・マクダーモット
    ヴィンセント・カラトーラ
    ジェームズ・コルビー
    メリッサ・ブノワ
    あらすじ
    2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

    「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

    映画のようなほんまの話。

    なんで、色んな人を巻き込むんやろ。
    被害に合われた方はもちろん、
    その家族は体は傷つけられなくても
    心が傷つけられる。

    主人公は正義感と使命感で時間を費やすけど、
    疲れて帰ると色んな身内が来てて、
    状況を聞きたがる。苛立って『帰ってくれ』
    って言う、
    そのあと涙し奥さんが優しく抱き締めるシーン。
    なんか印象的でした。
    2013年に起こったボストンマラソン爆弾テロ事件。未曾有の凶悪犯罪が解決に至るまでを描いた作品。

    独立戦争の勝利を記念した愛国者の日(パトリオット・デイ)に開催されたボストンマラソン。このイベントを標的にしたテロ事件。ゴール付近で爆発した爆弾。当時、ニュースで大々的に報道されたことを覚えている。

    犯人の一人は死亡。もう一人は逮捕という形で事件は幕を降りたのだが、わずか120時間という短い時間でどのようにして解決に至ったのか、知られざる裏側が描かれている。

    実際の映像を交えることで臨場感、緊迫感などが感じられ、終始緊張感を味わった気がする。

    バーニング・オーシャンといい、本作品といい、実際の事件を描いた作品は色々と考えさせられますね。
    エンドロールで写し出された被害者、犠牲者の映像に胸が痛み、事件の悲惨さを感じました。
    後半の銃撃戦が見どころ
    史実を映画にするの、本当に上手いなあこの監督。

    爆発する、ということは観る人全員わかっているので、問題はそれをどう持って行くか、どう演出するか、どう見せるか。
    レースが始まる直前のカウントダウンのような音響、幸せな市井の人々の描写、暗い目をした犯人の日常、主人公マーク・ウォールバーグの性格、生活など。
    それらが冒頭できちんと提示され、爆発の瞬間へと誘われる。

    爆発の描写も生々しく、犠牲者の子供の横に立つ警官や、もげた足など恐ろしくもあり、悲しくもあった。
    犯行に及んだ犯人の生活も見せることで、本当の悪とはなんなのか、また、本当に悪は存在するのか、爆弾を作って一般人を殺すのは確実に悪だが、それが逆にアメリカ人を団結させることに繋がっていることの虚しさ、みたいなことを考えてしまった。

    一見関係ない人が後半犯人の逃走によって一気に事件に絡み合って行く勢いがすごい。
    また、犯人との住宅街での撃ち合いがめちゃくちゃ豪華。
    JKシモンズのかっこよさたるや…!

    監督はフラットな視線で犯人とそれに立ち向かうボストンの人々を両方描いたのだろう。

    悪が退治され、ボストンの人々が歓声を上げているところで、私は少しゾッとしてしまった。
    監督が犯人側の生活も描いていたからこそ、見る側は考えさせられてしまう。この人たちにも普通の暮らし、犯行に至る恨みや考えがあったのだと。

    タイトルの通りパトリオットデイ、愛国者記念日、アメリカを礼賛し勧善懲悪、犠牲も多少は出たが悪はボストンから追放された、万歳!を描きたいのであれば、犯人の描写はまるまる省けば良い。
    赤ちゃんをあやすカットや質素な部屋、それらを入れるのがこの監督のすごいところだと思うし、この映画の評価が高い要因の一つだと感じる。

    きっとこの映画を観たアメリカ人もどこか気まずさのようなものを感じたのではないだろうか。自分たちが本当に正しいのか、そもそも正しさとはなんなのか。
    アメリカ人の監督がこれを撮れるのが偉大だなあ。
    素晴らしかった。観て良かった。
    私は残念なことにこの事件の詳しいことを全く知らずに生きていた人間だ。
    この映画は事件の解決までのドキュメンタリーだけれどドキュメンタリーにありがちな感動の押し付けとかが全くない。
    むしろ映画の進行内容が、ノンフィクションのアクションやスリラーにあるような迫力や緊張感で、楽しいという表現は不適切かもしれないが、その部分も映画として魅力的であった。

    そしてそれが実話ゆえにまた考えさせられる。
    最後まで目が離せなかった。
    人に薦めたい映画ではある。
    「この映画は悲劇ではなく希望だ」っていう言葉が映画のCMで使われてましたが、ぴったりな言葉だなと観終わった後感じました。事件に立ち向かう警察・FBIの執念、巻き込まれた人達の事件と向き合い、立ち直る姿にとても感動し、考えさせられました(;_;)主にアメリカ側から見た視点で描かれてましたが、逆の視点からも見て考えなければならない問題がそこにはあるのではないかな、と感じました。多くの人に観てほしい作品。
    泣ける。ボストンマラソン大会テロのことはほとんど何も知らなかったけど、これを見ていろんなことがわかったし、何より愛の力を感じた。
    ドキュメンタリータッチでテンポよくまとまっており、テロ当日どのような状況であったか的確に伝わってきた。作品としては、犠牲者への追悼とその後の逮捕までに関わった方々への敬意が主軸であり、テロ事件としてのもう片方の側面は描かれておらず、その点でもう少し深堀りした内容が見たかった。
    マークウォルバーグが主演。
    実話という情報のみで鑑賞

    率直に、
    面白い映画とゆーより、良い映画ですね。

    不協和音?の使い方が絶妙でドキドキしました。ストーリーのテンポにちょっと不満なので減点。

    映画を見てこんなことあったよーな気がする。っと知らなかった自分に腹が立ちました。
    強く生きていく、悪には屈しない。
    そんな気持ちにさせてくれました。
    2013年ボストンで起こった爆弾テロを扱った本作ですが、実際の監視カメラ映像等も用いられており事件の顛末非常にリアルに映像化されていたように思う。事件現場の悲惨さや事件解決の為に奔走する警察の姿をまるでその場で見ているかのような臨場感で表現されていた。
    今まで自分とは別世界の出来事のように感じていたテロ事件が、現実に起きた出来事なのだという当たり前の事を再認識させられたような気がする。
    >|