パトリオット・デイの作品情報・感想・評価

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

PI

PIの感想・評価

3.8
最近、世界のあちこちで爆弾テロが有るだけに、より緊張して観てしまった。
ニュースでは報道されない細かい所まで描かれていて、犯人逮捕の裏側がよく分かった。
Katongyou

Katongyouの感想・評価

3.7
アメリカだけでなく他の国も爆弾でやられてる、っていう予備知識を踏まえて鑑賞するのがいいと思う。でないとアメリカ万歳の美談映画になってしまうのかなと。イスラム系=全て悪にならないよう。でも緊迫したシーンの数々は物凄く、最後まで集中して観たよ。自衛の街ボストン、やっぱ強いね。
ボストン・ストロング!


ピーター・バーグ監督 2016年製作
主演マーク・ウォールバーグ


勝手にお知らせシリーズ「今日は何の日」

本日4月16日は「愛国者の日」です(^-^)/
と言っても、それは今年の話。

正しくは、アメリカのマサチューセッツ州、メイン州、ウィスコンシン州では、4月の第3月曜日を「愛国者の日」としているので、今年は今日が「愛国者の日」なんです。
そして、この「愛国者の日」には、毎年、「ボストンマラソン」が実施されています。


なんで「愛国者の日」と呼ぶかと言うと、1775年4月19日、アメリカ、ウィスコンシン州で起こった「レキシントン・コンコードの戦い」を記念して制定されたものです。この戦いは「アメリカ独立戦争」の発端として知られる戦いですね。この後、ボストンに敗走したイギリス軍は周りを囲まれ逃げ場を失うんです。これは後に「ボストン包囲戦」と呼ばれます。

この戦いの勝利により独立軍は勢いをつけ、アメリカの13植民地は一致団結し、最終的にイギリスからの独立を勝ち取るんです(´-ω-`)ナルホドナ





そして、2013年4月15日の「愛国者の日」に開催された「ボストンマラソン」において、悲劇が起こりました!

詳しくは映画をご覧ください!
まるでドキュメンタリーのように進み、余すところなく描かれています(…気がします)(*^-^*)ゞテヘヘ





ピーター・バーグ監督はマーク・ウォールバーグとのタッグが多いですよね~。前作の「バーニング・オーシャン」、その前が「ローン・サバイバー」と3作連続のタッグとなります。しかも、全部面白い( ˘ ˘ )ウンウン
お気に入りと言うか、相性がいいんですね。

だって、それまでのピーター・バーグ監督作は
「バトルシップ←イヤ、タノシカッタケド」
「ハンコック←オバカダッタケド」
「ランダウン←アラ、ロックサマ」
といったラインナップで、決して社会派の監督では無かったですよね( ¯−¯ )フッ

ところがですよ。
マークと組んだ3作は、実話三部作とも言える作品群で、傑作ばかり。すごい監督になりました!


これは劇場では見逃しました(地元で公開が無かった……😭)が、自宅で観ても緊迫感と面白さが十分に伝わる作品でした。ドキュメンタリータッチで、被害者や捜査人の気持ちもしっかりと盛り込み、実に誠実に撮りながら、その一方で演出としてはサスペンスフルで本当に面白かったですね~。



マーク・ウォールバーグが演じるボストン警察のトミー・サンダース。←ただし、この人は映画用のフィクション。地元ではそのため、評判悪し!
ケヴィン・ベーコンが演じるFBIのデローリエ。
そして、J.K.シモンズが演じるウォータータウン警察のピュジリーズ。


みんな本当に素晴らしい( ˘ ˘ )ウンウン
2013年の事件であり、実話だと知っています。それだけに、観ていて本当に手に汗握ったし、足を失ったりして障害が残った方や4名の亡くなった方が気の毒で。



こんな場面に遭遇した時、自分なら何ができるんだろう。そんなことを考えながら観ていました。いつ、何が起こるか分からない時代に生きているんだと改めて感じましたよね。胸に刺さりました。

観てない方は、この機会にぜひ( •̀ω•́ )و✧
実際にあったテロの話。ドキュメンタリー映画を観ているようで、当時の様子がよく分かりました。

ストーリーはわかりやすく、単純な気がしますが、逆にそれがリアリティに繋がっているように感じました。
るな

るなの感想・評価

-
ボストンに到着して1週間後に起こった事件について、描かれている映画で、完全に自分の記憶とリンクさせながら観て、終始泣いてしまいました。あれから5年。あの時の、街全体が「Boston Strong」とかかげ、「屈しない!」という姿勢がまざまざと記憶に蘇りました。
記憶に新しいテロ事件と思ったらもう5年前。身近な事件すぎて思わず身震いしたし、自然と涙が出てしまうわ。最後のビッグパピのスピーチも実際のものだろうけど、とても力強くて感動した。これはボストンだけじゃなく全米が勇気付けられただろうな。
かち

かちの感想・評価

3.0
テンポよく楽しめたけど、実話と思うとすごく理不尽で怒れてくる。
9・11の時もそうだったが、この事件の時も直後に流された最初のニュース映像を見ていて、驚きと怒りにオイラゎ言葉をなくしていた❗

人々の平和な日常から突然の事件へ、全編に渡ってカットインされる実際の事件映像が、生々しくも痛々しい

今作ゎ映画作品と云うより、残虐なテロ事件の詳細なドキュメンタリーとして、誰しもが見てしまうのでゎないだろうか?

この種の事件に関し、オイラゎ思う!
「イスラム教徒ゎテロリストじゃない」と叫ぶ前に、イスラム教が内包するこれ等テロリストを根絶やしにする努力を、全イスラム教徒がすべきだ❗と

愚かなテロ信奉者ょ
お前達が信じているのゎ神という名を騙る悪魔さ

( ̄^ ̄)
当時、日本でも報道はされていたけど
爆弾テロで死者3名と聞いて、大規模ではなかったのかな?とか勝手に思っていた自分の非情さとか、犯人が捕まったことぐらいしか記憶にない無関心さに、自分は人の痛みに鈍感だったと思い知る。

この映画をみて良かった。
あかね

あかねの感想・評価

3.8
終始ドキュメンタリーを見ているように感じたから構成の仕方がとても上手な映画だなと思った。エンディングで当事者が語っているシーンは映画館で見てたら号泣してたと思う。犯人2人の動機が難しかったな〜
>|