パトリオット・デイの作品情報・感想・評価

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

4.0

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

171019
ギンレイホール
2017-093
恥ずかしながら今更、
こういうときに大統領たちが言う「私たちはテロに屈しない」に救われる人がいるんだな、と言うことを痛感した。

エンディングが良かった。
tatu

tatuの感想・評価

3.3
ドキュメンタリーだが実写との組み合わせが上手くできてた。銃撃シーンは迫力あった。
ストーリーはこの映画の性質上、素のとおり。
ギンレイホールにて。
RYUP

RYUPの感想・評価

-

時折インサートされる当時の映像も然り、
ひとつのドキュメンタリーを観ているかの様な緊張感。
これは2013年4月15日世界が震撼した実際の事件の記録でもある。

監督PバーグとMウォールバーグのタッグも3本目。
誇りを掛けて伝えたい真実。
脇を含めた俳優陣が素晴しく
そこに並行し徹底したリアリズム。
描かれるのは捜査をする者も犠牲者も、どんな状況からも這い上がり、越えて行く不屈の力。

米国という国は色々叩かれる側面があるが
この様な作品が称賛され、
語られる”場所”と愛国心の強い絆が存在する。
社会派とエンタメの見事な融合作品。


監督 ピーター・バーグ
CAST マーク・ウォールバーグ ケビン・ベーコン  ジョン・グッドマン  J・K・シモンズ
ミシェル・モナハン etc

原題 『Patriots Day』
2016年 アメリカ 133分

http://www.patriotsday.jp/

『ローン・サバイバー』 予告
https://youtu.be/IX-Mue5vDRo

『バーニング・オーシャン』 予告
https://youtu.be/weKtUMylFQc
Wu

Wuの感想・評価

3.7
中国人留学生がいつ出てくるかと思っていたが、カッコいいじゃないか。かなりハラハラした。
少し長いが、面白かった。
堪らんわマジで。犯人許されへん。
ニュースで知った情報の裏側がよく分かった。
緊張感がすごい映画。ノンフィクションはやっぱりフィクションと違ってほんまもんの恐怖がある。
捜査に携わった人たちほんま優秀。写真をリークした奴は結果的に良かったのかもしれんけど、絶対にやったらあかんことやろ…
中国人留学生もすごい勇気や。彼の貢献度は大きい。
子供の横でずっと立ってた警官の人の顔が印象的すぎる。命張って爆弾持ってるかもしれん犯人を探した全ての人を尊敬する。
ピーター・バーグ名匠入りおめでとう!
『キングダム』の頃から応援を続けて早10年、『バトルシップ』は公開当時散々に言われたけど、大好きでいて良かった!

事件自体は当時のニュースで知っていたが、その裏でこんな壮絶なことになっているとは知らなかったし、爆破や銃撃シーンは戦争の最前線に投げ込まれたような衝撃で、平和ボケしている日本人脳を激しく揺さぶられた。
『ブラックホーク・ダウン』を初めて見た時のそれに近いと感じた。

しかし、本作が映画他の実話系作品と違うのは、警察・市民・犯人の3視点を丁寧に、タイム・サスペンスで描いているところ。
事件が起きる前までは関係のなかった人物たちが、爆発後、次第に結ばれていく様や群像劇は、監督が『バーニング・オーシャン』で培った手腕によるところが大きいと思う。

それだけでなく、前述の『キングダム』『ローン・サバイバー』で描いた"宗教観の対立"、
『バトルシップ』で描いた"チームとしての結束"も本作に如実に活かされており、P.バーグ監督の集大成でもある作品だ!

中盤〜後半は、中国系移民の青年と犯人のやりとりや、銃撃戦、取調室での心理戦など、手に汗握る展開が多かったが、
それ以上に、ラストの本人インタビューを聞いた途端、世界に対する自身の了見の狭さを叩きつけられたようで、映画館の椅子から立てなくなかったし、背中も汗でびっちょりだった。

また、実話ベースにも関わらず、1本の映画としてのエンターテイメント性も高いのも評価ポイント。
加えて、J.K.シモンズ、ケヴィン・ベーコンのいぶし銀の演技も見られ、マーク・ウォールバーグも名言を連発する。
本当に色んな意味で凄まじい作品だった。
756bee

756beeの感想・評価

3.3
ボストンマラソンの爆弾テロは記憶に新しいけど、犯人逮捕までにまるでアクション映画のようなドンパチがあったとは全く知らなかった。かなりプロパガンダ色が強いけど、まぁ仕方ないか。
mkd

mkdの感想・評価

4.0
犯人を見つけ追い詰めて行く緊迫感が凄い。マークウォールバーグがありきたりなヒーローじゃない点も良い。
kent

kentの感想・評価

2.9
犯人が捕まるまでで知らない部分たくさんあった。
あそこで車から逃げてなかったら、どうなっていた事か…。
>|