パトリオット・デイの作品情報・感想・評価

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

XmasStory

XmasStoryの感想・評価

3.5
ボストンマラソンのテロはニュースで見て記憶も新しいけど2度目の爆発、巡回中の警察官、カージャックと言ったその後の顛末は知らず食い入るように観てしまいました。テロと言う悪魔に愛が勝つ。エンドロール直前になり蘇るのは序盤に描かれる日々の営み。奪えはしても負けず。ピーター・バーグ監督はキングダムの時もそうだけどエンタメ性を保ちながらテロの恐怖、これがしっかり描かれていて良いです。
Kiki

Kikiの感想・評価

4.1
バーニングオーシャンに引き続き観たけど、また違った実話映画。マークウォールバーグ主演だけど、これはボストン対テロリストの映画。不謹慎かもしれないけどハラハラしながら観た。
TSUTAYAレンタル、ローガンラッキーと一緒にレンタルして来ました、こちらも映画館で観る機会を逃してしまい、レンタルでの鑑賞

実際に起きた、ボストンマラソンでのテロ事件、愛国者の日に開催される、マラソン大会での惨劇を描いた今作

この前にボストンストロングを鑑賞していたので、こちらの作品はどの様な描かれ方をしているか、気になっていましたが、ボストンストロングは一人の青年に焦点を当てた作品に対し、こちらはテロ事件の警察官に焦点を当てた作品で、また違った作品でした

テロ事件の犯人との攻防、逮捕までが描かれていてる、実話なので、リアリティがあり、緊張感もありでした

本当にこんなに悲惨な事件が起こっていたとは、爆発シーンの後の惨状は観ていて、辛くなるほど

あの日、壮絶な体験をした、警察官や被害者、トラウマに苛まれる、主人公の心情と色々、考えさせられる作品でした

ラストは当時の事件現場に実際にいた警察官、被害者の方達のインタビューもありなので、余計にリアルに感じる作品でした
greatman

greatmanの感想・評価

4.4
【一言で言うと】
「愛は勝つ」

[あらすじ]
2013年4月15日。アメリカ独立戦争開戦を記念して毎年開催されるボストンマラソンで、ギャラリーの歓声を受けながら多くのランナーが疾走していた。そしてすさまじい爆発音がとどろき、煙が吹き上がる。街がパニックに包まれる中、FBIは爆発をテロと断定。ボストン警察のトミーは、捜査の指揮を執る捜査官リックらFBIとぶつかり合いながらも共に犯人を追う。やがて、黒い帽子の男と白い帽子の男の存在が捜査線上に浮かび...。

なんか眠れなかったもんで🤭

まさに”愛は勝つ”でしたね(^。^)

とりあえず泣きました😭自分こういう実録モノに弱いから...

ボストンマラソン爆破事件...当時このニュース見たときかなりビックリしました😰
ただまぁビックリしただけでそこまで深くは感じなくて、「うわっ、キッツいな〜( •̀ㅁ•́;)」って程度でしたけど...まさかここまでこんな人間ドラマが待ち構えていたとは思いもしなかったです。

だからこういう史実に基づいた映画って、ニュースだけでは分からない部分も引き出してくれるからとってもありがたいんですよね〜🤔...

とにかく緊迫感がこれでもかっ!!っていうくらいに凄い。そんでもってリアルだから現場にいるようなピリピリした緊張感が観てるこっちも伝わってくる。
特に爆破した直後とかはもう自分も”あっち”の現場に居合わせたかのようなリアルさを体感。

それと中盤の犯人との銃撃戦もかなり凄まじくて、メチャメチャグイグイ惹き込まれました。

それから登場人物の心情の表し方が凄く上手で、とにかく今作は観客に少しでも警官らやその場にいた当事者に感情移入させるその没入感がとても上手に描けてるような気がします。

まぁ悪く言っちゃなんですが...アメリカの愛国者パワーの押し付け映画と感じるかもしれませんが、これが彼らの言う”愛”なんでしょうね。

体のどこかを失おうが、愛さえ信じてれば必ず悪に打ち勝てる。

”Boston strong”=”ボストンよ強くあれ”

AM5:45。泣きじゃくり過ぎて全然眠れない。

誰か助けてくれ。
実際に起きた事件の再現なの、事件に巻き込まれて亡くなった方々もおり感慨深いです。
がみ

がみの感想・評価

3.5
いろんな愛の形がありました。
宗教問題は人類の永遠の課題なのではないでしょうか。
humm

hummの感想・評価

3.5
そういえば、昔ニュースで見たなぁ‥くらいだったので
事件のことを知りたくなって鑑賞

ワールド・トレード・センター(2006)観た時も思ったけど
こういう事件てやっぱり知っておくべきだなと‥

映画だし誇張とかもあるかも知れないけど、映像で観ると事件の悲惨さがより伝わってくる
冒頭で事件前の日常を見せるから
なおのこと心にクるものがあるよね‥
ニュースで見た時だけじゃ分からない。

見て良かったと思う映画
何気ない平和な日常を、爆弾が破壊する。無差別爆弾テロ…。朝から重苦しい気分だ……午前8時の自宅映画祭、たまにはね…観なきゃこういう作品も…。

実際にあったお話。26人の犠牲者の出た銃乱射事件の黙祷からスタートするボストンマラソン大会。前もってどんな映画かは知ってたけど、爆発の後の人命救助や病院でのシーン、胸が痛くなります。そういう描写が苦手な人は観ない方がいいですね。

イスラム教ってなんなの?みんながみんなそうじゃないって分かろうとするけど、やっぱり中東系はそういう目で見られるよね…。強すぎる思想、主義は危険ではないのですか?正義はどこにある?人それぞれです、国それぞれです。悲しい現実。 わしは、映画観て、酒飲んで、旨いもの食って、で十分幸せだけどね~……あ、あとソウルメイトがいればオールオッケー(笑)

すでに犯人がもろばれの映画です。まぁ、実話ベースだからしょうがないけど、それでも凄かった!

すごい大掛かりな捜査本部。登場!ベーコン兄貴!今回はビシッとスーツをきめて超カッコいいぞ!マークはそうでもなかった(笑)

麗しの~ミシェルモナハーーーン!激熱だぜー!

余談

何回でも千ベロオッケー店、昨日行きました!かなりお得でおでんも旨いし、店のねーちゃんブスだけどユーモアあってかわいいし、おおー最高じゃ~ん!というのもつかの間、『すみませーん、閉店ですね~♪』って23時…。はやくね?はやくね?閉店はやくね?(笑) おかげで残ってるビール3杯一気呑み、おでんかけ込み、夜の街に消えていくわしなのでした…。はやくね?はやくね?はやくね?不完全燃焼だよ!(笑)
taketen

taketenの感想・評価

4.0
これが本当にあったと思うとゾッとする。途中で流される実際の写真等が緊張感を煽っていて言葉が出なかった。犯人たちの考えていることは独りよがりもいいところだし、本当に理解しがたい。こんなことはもうこれ以上起こらないことを願います!
RF5

RF5の感想・評価

4.0
緊迫感があっていい
あきない

満点4
おすすめ 4
泣ける&感動 3.5
スリリング 4
テンポの良さ 3.8
効果音 3 映画館で鑑賞
エロさ 0
>|