パトリオット・デイの作品情報・感想・評価・動画配信

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

抹茶

抹茶の感想・評価

4.3
勇気ある警察とFBIに心を打たれました。
愛をもって悪と戦う姿は尊いですね。
平和すぎる日本にはない、ボストンの団結力を感じました。
tkami

tkamiの感想・評価

3.5
最後まで見た。美談で終わらせちゃいかんよ。なぜ彼らがテロに走るのか。アメリカが世界で何をしてきたか。この尺じゃ無理があるのかもしれないが、アメリカ凄い!テロに負けない!だけじゃテロは後を絶たないだろう。
るぴ

るぴの感想・評価

3.6
住宅街の銃撃戦めちゃくちゃ怖かった・・・
テロは本当に怖い・・・
2013年4月15日。「パトリオット・デイ」(愛国者の日)に開催されるボストンマラソンの最中に、爆弾テロ事件が発生する。会場の警備にあたっていたボストン市警察殺人課刑事のトミーは、爆発の直後から仲間と共に救護活動を行う。やがて、FBIの指揮で捜査が始まり、FBI特別捜査官のリックは事件をテロと断定。ボストン警察との合同捜査の末、監視カメラに映っていた「黒い帽子」と「白い帽子」の2人の男が容疑者として浮かび上がる──。

「 ボストンよ、強くあれ 」

お恥ずかしながら全くこの事件のことを知らなかった。高校生時代は部活ばかりでろくにニュースも映画も観ていなかったので、クラス替えでゴタゴタしている間に起こっていたのかもしれない。ということで、迷ったが予備知識なしでこの映画を鑑賞した。
見どころはリアルに再現された関係者たちの姿と、警察とFBIによる手に汗握る追跡、そして何と言っても力強く生きるボストン市民だろう。調べたところによると、マーク・ウォールバーグ演じる警察官は、ボストン警察の色々な人のエピソードを一纏めにしたような架空のキャラクターであったが、FBIのリックや他の上官などは実在していたというのだから凄い。映画などフィクションの世界では仲が悪いと言われているFBIと地元警察が協力して捜査をするところなど胸が熱くなる。個人的に印象に残ったのは、事件が起きてすぐの出来事の再現だ。悲鳴と瓦礫、もげた足が転がり、散り散りに病院に運ばれていくその様子が、本当にこんなことがあったのかと問いたくなるほど凄惨でリアル。途中でマーク・ウォールバーグが妻に気持ちを吐露する場面があるが、この演技が胸に響いて言葉では言い表せないほどだ。
序盤まで、自分たちは関係ないと思っていた人々が事件に巻き込まれ、繋がっていく作り方も上手い。いつ自分が当事者になるのか分からないのがテロだ。人質の男性の脱出シーンは、下手なホラーやサスペンス映画よりよっぽどスリルがあった。ラストの銃撃戦も、決してスタイリッシュなものではなくテンポも悪いが現実の世界ではきっとこうなるのだろう。銃で撃たれたら人間は死ぬ。映画を観すぎていて麻痺していたが、生死がかかっている人間が派手なアクションなど出来るはずがない。

「 この町を舐めるな! 」

決して希望を忘れない、ボストンの人々の強い精神力を描いた名作。
〝YOU WILL BE REMEMBER〟
〝君達を忘れはしない〟


ボストンは美しい天気でした。ところが一瞬にして、全てが破壊されてしまった。我々は月曜日の出来事を許さない。絶対に。だから我々は祈り、悲しむ。同時に我々はここでこの街はくじけないと誓い合うのです。この国は決して光を失わないと。それがアメリカのスピリットです。


イスラム教徒の女性にとって結婚には2つの側面がある。戦いと服従よ。それは美しい献身なの。2つの主人に愛を捧げるの。夫と主にね。


悪魔と戦う武器はたった一つしかない。それは愛です。悪魔は愛を奪えない。
ムウ

ムウの感想・評価

4.0
ボストンマラソンテロ
映画として とても良かった

なんだかんだジョハルまだ死刑になってないのか…
いざって時(交渉用とか)のために取っといてるのか?と思ってしまう
homaren

homarenの感想・評価

3.6
ボストンマラソン爆弾テロ事件。
爆破の状況、犯人との攻防に
息を呑む展開。
ひなた

ひなたの感想・評価

3.5
実話をもとにつくられた映画。
爆発直後のシーンは凄惨で、実際にはもっと凄まじかったんだろうと想像出来る。爆発したシーンや防犯カメラに映った犯人の映像など、実際の映像も盛り込まれていてリアルだった。犯人が捕まってほんとに良かった。
Lana

Lanaの感想・評価

3.7
実際の映像も使われていてリアルだった。
事件前の何気ない日常が胸に沁みた。
犯人達の信仰心や間違ったことを信じきって行動しているところに怖さを感じた
実際の映像とかも出てくるので、正直胸が痛い。
戦争、テロは本当に許せない行為です。
ですが、犯人が3.11はアメリカ人がした事だと本気で言ってるのが怖い。
そうやって洗脳されてる訳だ。
戦争もテロも、いわゆる洗脳。
野球場の実際の映像は、鳥肌でした。
世界平和を切に祈ります。
>|