パトリオット・デイの作品情報・感想・評価

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

さい子

さい子の感想・評価

4.5
一つの事件を中心に広い視点で描かれていたのはとても良かったです。
hqho

hqhoの感想・評価

4.3
マーク・ウォールバーグが愛が憎悪に勝つという話をしてるところで各登場人物が愛する人と再開したり抱きあったりするシーンにジーンときた。みんなで愛だのなんだの叫んで団結!なんて小っ恥ずかしいとか時々思うこともあるけどやっぱり大切だなあ。
最近マーク・ウォールバーグが好きになってきた
UTAMETAL

UTAMETALの感想・評価

3.8
どんな事件かは知らなかったのでこの作品を観て良かった。テロというのが本当に最悪な行為というのをあらためて認識できた。最後に街の人達の気持ちがひとつにる光景はいい!
犀

犀の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

この事件がこんな事件だと知らなかったし知ることができてよかった。映画途中の時間経過を意識させられるたびハラハラする。個人的に子供が生まれない過去話と「僕が君をあそこに呼んだんだ」のシーンが好き。
こんな事件だったとは全く知らなかった。
アメリカバンザイ的な要素がなければもっとよかった。
実話の威力。
爆発現場の映像の迫力がすごい。
実際の現場にいたように、見ているこちらもクタクタになった。

実際の映像や、その後のインタビューがとても重い。
hisady

hisadyの感想・評価

3.4
実際に起きたボストンマラソンテロを題材にした作品。アメリカならではの愛国心の強さを前面に出してるなと。
実際の映像も使われていて、より作品に奥行きと説得力を持たせている印象。

マークウォルバーグの演技も素晴らしい。
mz5150

mz5150の感想・評価

4.1
警官のマークウォルバークが主演だが、テロリスト・被害者・警察・FBI・政治家が事件の解決に向かって動くプチ群像劇の様なスタイルが良い。

最近の事件で覚えてるが、結果は分かっていても面白いエンドも感動した。アメリカ映画の面白ければ911でもテロでも映画化する懐の深さを改めて認識する。

マークウォルバークはマットデイモンの下位互換という認識も改めなければならぬ。
緊迫感とハラハラが凄かった…。5年前の出来事なのに自分の無知さに恥ずかしくなった。銃撃戦はリアルすぎて恐怖だった。
例のテロの話
話に関わる人物は初めにあらかた映してくれるから把握しやすい
ドラマ映画としてはもちろんアクション要素も十分にあって飽きさせない
歴史的事件を思い出すいい機会?
メリッサブノワが可哀想な役やってた
>|