パトリオット・デイの作品情報・感想・評価

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

4.0

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

レリ子

レリ子の感想・評価

4.3
すごい映画だった。
終始息を飲む緊迫感が続く。
実話に基づく映画とは言うけど、もうこれはドキュメンタリー。
誰かが街を救ってヒーローだ!という話ではないです。
ボストンマラソンで起きたテロ~解決まで。テロは本当に恐ろしいと目の当たりした気になる。それくらいリアリティを追求してる映像だったと思う。
被害にあった人、警察関係者、州知事などご本人達の映像も出るんだけど、
強い国だなと思った。
一花

一花の感想・評価

3.9
こういう映画をわりとありのまま?に、本人の顔出し付きで映画にできてしまうアメリカという国がすごい。
実話だと思うとさらに興奮する!テンポが良く、ストーリーも良く、優等生的に楽しめる作品!
わあ

わあの感想・評価

3.5
SNSで評価が高かったので鑑賞。
胸が熱くなる。
MIZUHO

MIZUHOの感想・評価

5.0
恥ずかしながらほとんど知らない事件でした
悪魔と戦う武器は愛です
POKO

POKOの感想・評価

4.0
想像以上に色んな意味ですごかった。
事件は知ってたけどこれがつい数年前に起こったこととは思えないくらいの緊迫感でテロの恐ろしさを改めて感じた。
あの事件で傷を負った人たちは人生が変わってしまったかもしれないけど、ボストン市民、警察の団結の強さに胸が熱くなる。
追い詰めてからの銃撃戦が凄まじくてこれが現実とは考えられないくらい。
テロへの見方も変わる映画!
ボストンマラソンのテロ事件のお話
グッとくる映画でした。
楽しそうなマラソン会場が爆発によって一瞬にして惨劇に変わるシーンは怖かった
とにかく面白い、キーワードは悪魔は愛を奪えないのさ
Taul

Taulの感想・評価

3.0
P・バーグ×M・ウォールバーグの米鎮魂もの3本の中でもベストでは。実録の緊張感、映画としての面白さ、伝えたい作家性のバランスが見事。アクションの派手さと抑制もいい。銃社会は恐ろしいがプロパガンダ臭が少ないのはテロ事件に対し人と足と街の映画にしたからか。
いい話だけどなんか違った
映画いっきに借りすぎて
深夜に3本見なきゃ延滞チャレンジその➀
Nakazato

Nakazatoの感想・評価

3.9
日本のニュースでは一部しか
報道されてなくて、
裏ではこんな事が起きてたんだと
思い知らされました。
>|