パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:133分
    監督
    ピーター・バーグ
    脚本
    マット・チャーマン
    エリック・ジョンソン
    ジョッシュ・ゼッツマー
    キャスト
    マーク・ウォールバーグ
    ジョン・グッドマン
    ミシェル・モナハン
    J・K・シモンズ
    ケヴィン・ベーコン
    エリカ・マクダーモット
    ヴィンセント・カラトーラ
    ジェームズ・コルビー
    メリッサ・ブノワ
    あらすじ
    2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

    「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

    試写会 記録
    kazuかず
    4.5
    2013年に発生したボストンマラソンテロ。

    現場に居合わせた警察官、妻、カップル、親子。そして事件を調査するFBI捜査官、ボストン市長などの人々。衝撃かつ修羅場と化したテロを背景に、事件発生から100時間にかけて犯人を追い詰める過程が緊迫感溢れる映像で描かれる。

    いや〜想定外に良い映画。実話をベースにした群像劇。しかもこの事件の解決までにこんなことがあったのかとビックリしました。

    監督のピーター・バーグ、素晴らしい仕事しますね。主演のマーク・ウォルバーグとはよくタッグを組んでいて、『ローン・サバイバー』でも衝撃の実話を映画化しました。

    衝撃の事件が、ボストン市民の勇気・家族や恋人など必要としている人の愛によって、希望に変わる。

    映画が終わった後に、この映画に出てきた実際の警察官や被害者の方々のインタビュー、事件その後の生活などが映し出されますが、涙が溢れかえるほどの涙腺崩壊。実話の説得力は凄いですね。

    素晴らしい作品、オススメします。
    ゆーた
    4.1
    ピーター・バーグ監督×マーク・ウォールバーグのタッグ3作目。(ローンサバイバー、バーニングオーシャンに次ぐ。)
    ティム・バートン×ジョニデのように相性がいいんですね!
    恥ずかしながら、この事件は全く知りませんでした…。
    実際の映像を交えながらドキュメンタリー風に仕上がっていて、臨場感・緊張感・緊迫感がひしひしと伝わってきました。
    犯人が言ってた陰謀説は本当なんですか?
    Akane
    3.7
    2017/06/21
    2013年に起こったボストンマラソン爆弾テロ事件を扱った実話を元にした映画ということでした。
    最初から最後まではらはらどきどきして退屈せずに観れましたが、そのように観れる為には事実から何かを足したり引いたりする必要があったんだろうなーとも思いました。
    現実においては様々な人達が様々な思惑でいろいろな行動を起こし、事件とは無関係な些末なことが起こり、事件そのものについてもいくつもの見解や不明瞭な点が現れて、事件を一言で言い表すことなどとうてい出来ないのではないか、というのが僕の意見ですが、この映画が行ったことは、この事件を一言で言い表すことのように思いました。
    様々な思惑やいろいろな行動、些末なことや不明瞭な点などは全てひとつの意味に束ねられ、明確な物語に紡がれ、「あの事件とはこのようなものだったのだ」と名前を与えられているかのようです。
    個人的にはこうゆう作品凄く好きですね。フィクションではなく実話。リアリティではなくリアル。みなさんもある程度は当時のニュースで目撃したのではないでしょうか。この事件を。テロに対して恐怖や不信感があると思います。果たしてテロを行うものは悪なのか。悪者なのか。犯罪者なのか。もしかしたら当事者は善を持って行っていることだとしても?決して事件を批判することなくテロに対して相手の考えや意見、それに達するまでの経緯や崇拝している物など。鑑賞してる僕たちは客観的にこの作品という事件を考え評価することができる。とても良い作品なのでぜひご覧ください
    Yoshimasa
    4.0
    『バーニング・オーシャン』に続き、マーク・ウォールバーグとピーター・バーグのタッグで実話物の2本目。

    実際の映像を織り混ぜつつ、ボストンマラソン爆弾テロ事件の顛末を映画化。事件発生時の壮絶な現場、そして犯人グループ捜査で奔走する警察とFBI。パニックとサスペンス両方で描く、衝撃に次ぐ衝撃の展開。見て損はない作品。

    意外といい俳優いっぱい出てる。
    Yuta
    4.8
    【この町をナメるな!】

    6月の映画で1番期待していた映画です。
    久しぶりの最終上映の鑑賞‼︎本当に映画館で観たい映画でしたので全席、取られるか取られないかで本当にドキドキしました。

    舞台は、2013年4月15日アメリカ・マサチューセッツ州ボストン 愛国者の日。
    ボストンマラソンの爆弾テロ事件が起き犯人を逮捕するまでの物語。
    トミー・サンダース役のマーク・ウォールバーグさんは、ボストン警察巡査部長で膝がちょっと悪くてなぜか愛国者の日が警察官としての最後の仕事だった。爆弾テロ事件の仕事をやりこなして良かったかと思います。あと、ワザと物を忘れるのは分かります。
    リック・デローリエ役のケヴィン・ベーコンさんは、FBI特別捜査官でちょっと怖そうでした。
    ジェフ・ピュジリース役のJ・K・シモンズさんは、ウォータータウン警察巡査部長で準備をする時のセリフがカッコ良かったです。あんな言葉は出てこない。銃撃戦の時は良い対応で良かったです。
    エド・デイヴィス役のジョン・グッドマンさんは、ボストン警察警視総監。
    キャロル・サンダース役のミシェル・モナハンさんは、良い妻です。爆弾の場所が近かったので体は大丈夫なのか気になりました。
    キャサリン・ラッセル役のメリッサ・ブノワさんは、どこ?どこ?に出演してるのと思いきや取調室でやっと分かりました。分かりづらかったです。
    爆破は、ボストンマラソンのゴール地点の近くに何発も爆弾があって怖いですし銃撃戦の時の爆弾がいっぱいあってどんだけあるんだよと思いました。

    それぞれの家のボストンマラソンの準備をする人たちを描いていました。
    ボストンマラソンが始まりゴールに向かって走るランナーの時に爆発し何度も爆発して人の脚や靴が血まみれのシーンは、痛々しくて避けることは出来ませんでした。犯人2人が最初のニュースを観ている時、真顔で観てるように見えるけど私の中ではニタニタ笑っているかのように見える。
    ダンさんが犯人2人に拉致されて逃げるか逃げないかの行動は本当に心臓バクバクでした!
    警察官たちと犯人の銃撃戦の時に隣人が小さなハンマーを投げてきて私の心の中では(犯人に向かってどう使えば良いんだよいきなり接近戦かよ)と思いちょっとクスッと笑ってしまいました。本当にウォータータウンでの銃撃戦は本当に大迫力で緊迫の状態です。
    犯人の1人がまさかのある場所に隠れて(そこに隠れるのはちょっと考えられないです)バレて手を挙げてその瞬間、決まった〜〜〜背負い投げで決まりました。無音もありました。
    ボストンの人たちが地元愛がとても強くて泣きました(/ _ ; )ボストンは、凄く愛されているんだなと思いいつかボストンに行ってみたいと思いました。
    片脚を失くしてしまった夫婦は違う病院に運ばれそばにいたいや早く会いたいなど言っていていい夫婦だなと思い泣きました‼︎エンドロールの前に実在の人物と警察官たちのインタビューがあったり写真や実際の映像など使ったり亡くなった人の写真が流れました。

    初めてボストンマラソンを走った人、毎年、ボストンマラソンを走る人、仮装して走る人それぞれ人々がいる。それを平気で爆弾を仕掛け、罪のない人たちを犠牲にするのは本当に最低です。

    ピーター・バーグ監督さんとマーク・ウォールバーグさんの実話の作品でちょっとビビる映像は、「ローン・サバイバー」では、崖から飛び降りるシーン「バーニングオーシャン」は、無音で爆発を続けたり火災が飛び散るシーン「パトリオット・デイ」は、リアリティ過ぎて血まみれの脚の一部だけの映像がちょっとヤバかったです。
    2人のタッグ作品で実話の3作品を観て良かったですしまた実話の作品を製作してほしいです。
    Nobuo
    3.9
    すんげー良かった。
    事件発生→捜査→逮捕と警察とFBIの動きが主軸ですが、警察だけやなく被害者、加害者の群像劇にもなってて、解決後もその被害者の人々、ボストンという都市がその悲劇からいかに立ち上がったかまで知ることが出来、単なる再現ドラマで終わらせない、この事を世界に残し伝えていこうという製作陣の姿勢が伝わってくるようでした。
    実際の映像がちょこちょこ出てて、特に最後は割とな尺を取って使われてたんですが、個人的にそここそがこの映画の見どころであり監督が見せたかった部分なんじゃないかと勝手に解釈してます。
    警察がどんな捜査、対応をしたかよりも、この悲劇に関わった、否応無く関わらされた人達が今をどう生きているのか、あえて俳優は使わず、全て記録映像でありのままのボストンの今を伝える。
    それでテンポが落ち映画としての作りが上手く無くなったとしても、作品としての完成度を求める人からぶーぶー言われる事になっても、そこがこの映画のクライマックスである以上削れることは出来なかったんだと思います。
    削ってたら普通の再現ドラマに終わってたでしょう。アンビリバボーみたいな。
    とにかくラストは劇場のあちこちから鼻をすする音が聞こえました。
    本当良い作品でした。

    ただ、強いて言うなら、他の犠牲者にも多少触れて欲しかったと思うけど、色々あったんでしょね。無理もないっす。
    >|