パトリオット・デイの作品情報・感想・評価

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

akinamtmt

akinamtmtの感想・評価

3.5
ボストンマラソン爆破事件。
その時、どんなことが起こっていたのか
誰が、どんな想いでいたのか
そして何を思って犯人に立ち向かい、解決へと向かわせたのか

身勝手な考えに基づいた正義はやっぱりほとんどの人にとっては迷惑だし
ましてやそれで普通に生きていた人の命を奪うなんて許されることじゃないし

8歳の子供の遺体が証拠品として扱われたり、住宅街で銃撃戦が繰り広げられたり、テロは言わずもがな、米国の恐ろしさときたら…
marz

marzの感想・評価

4.0
2018-067

『ローン・サバイバー』の時といい、この監督にはいい意味でダマされる。
普段、概要をさらっとみて観たいと強く思う作品はあまり情報を入れないようにしているのもあって、今回も割と普通のアクションもの(『ピースメーカー』のような)と思って観たら全然違ってましたね。

バーグ監督の演出は割と冒頭から観る側に緊張感を持たせて、それを保ち続けるので作品の中に入りやすいです。

マーク・ウォールバーグ主演とはありますが、出ずっぱりではないです。主役をわかりやすくヒーローとして描くような、映画的なカタルシスをあえて入れないことで作品としての印象が強く残ります。

こりゃあ『バーニング・オーシャン』も早く観ないと^ ^
あおい

あおいの感想・評価

3.5
愛ゆえの憎悪、愛ゆえの執念、愛ゆえの結束…Boston strong、、

マーク・ウォールバーグ主演の史実シリーズ。「ボストンマラソン爆破事件」を描いたリアルな逮捕劇。ニュースの詳細を理解する助けにとてもなる映画( ^ω^ )

どういった経緯で、どのような犯人が、何を使って犯行に及んだのか?またその犠牲や、事件解決に奔走したあらゆる人々のことが分かる。ほぼ戒厳令のようなものが出ていたり、大規模なタスクフォースが結成されていたりとかなり大事件やったこが分かります。

この事件は爆破後にも、かなり様々な出来事がありテロリズムの怖さも実感します。特に警官から銃を強奪した事件は恐ろしすぎました。また、普通に市街地で銃撃戦が繰り広げられるところに、アメリカという国自体への怖さも。

普通に住宅地にSWATが来て、犯人確保ってドラマみたいって思ってまうけど、これがアメリカの現状なのですね。

罪の無い人を巻き込むのは良くないですが、側からみてたらアメリカの圧倒的な地位を感じずにはいられない。迫力もあり、事件を知れるという意味では良い映画ですが、アメリカ人でない以上アメリカわっしょい映画を素直に楽しめることはできないのかもしれません。
350Z

350Zの感想・評価

3.9
愛は奪えない
愛は消えない
愛で立ち向かう
愛で戦う
愛で勝つ
愛は絶対負けない

愛が欲しい
「愛されたい人でどこも順番待ち」斉藤和義が歌ってた
ボストンの人達には最優先で愛を届けてください
私は我慢します
国領町

国領町の感想・評価

2.0
★★it was ok
『パトリオット・デイ』 ピーター・バーグ監督
Patriots Day

2013年のボストンマラソン爆弾テロ事件
事件の被害が再現され、
無差別テロに怒りと悲しみで涙が出る
ラストにボストン市民のテロに屈しない姿勢や
足を失った被害者夫婦のマラソン参加する感動もあったが
犯人逮捕をサスペンスに再現されても
4人の命が犠牲になった悲劇的な事件に
悲しみと怒り以外の感情を持てなかった。
2013年4月15日『愛国者の日』に開催された歴史あるボストンマラソン。
ゴール地点で起きた無差別テロを、実際の防犯カメラなどの映像を使った実録。
テロによって被害を受けた負傷者、負傷者を助けた市民、警官、捜査官の為に作られた映画。

テロが起きるまで、市民は日常生活『愛国者の日』を過ごしている。休日を外で過ごそうと提案する夫婦、ベビーカーの息子とマラソン観戦に出掛ける父親、妻の好物のベーグルを朝食に買いに行ったり、夫の忘れ物を届ける妻。

亡くなった8歳の少年の遺体ですらテロの証拠品だとして、家族に帰すことが出来ず、動かすことも出来ない。
遺体の側で、救急車が来るまで待ち続ける警官の心情を考えると辛すぎる。
実際の報道や監視カメラの映像を用いてドキュメンタリータッチで描かれていてリアリティーがあった。最後に当事者のインタビューも聞けて良かった。
渓谷

渓谷の感想・評価

2.8
あの時ニュースをなんとなく流しながら見ていたのだろう。知らないことも多く緊迫感が有った。犯人側の心情がもう少し描かれていたら良かった。
だんご

だんごの感想・評価

3.8
すごいスピード感で進むんだな、今はもっともっと速いのだろう。
そしていずれはマイノリティリポートやら絶対零度みたいな世界になるのかな。

州警察とFBIとか、州とか国家とか、アメリカの組織の複層構造感?が興味深かった。

悪魔は愛を奪えない。
この感覚は私には完全には理解できないけど、こういう感覚を多くの人が共有できる世界というのは強いのかもしれないな、と。
宗教を信じるとか信じないとかそういう問題じゃなくて。
キーン

キーンの感想・評価

3.5
とてもよくできたノンフィクションだからなのか、テロの本質的なところを考えてしまうのです。
>|