パトリオット・デイの作品情報・感想・評価・動画配信

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.8

あらすじ

『パトリオット・デイ』に投稿された感想・評価

この事件は覚えてる。 爆破時の映像が流れてたことも、犯人の顔が流れてたのも覚えてる。 犯人たちの顛末は知っていたけど、被害者がどれだけいたかはわかっていなかったなぁ。 テロに限らずだけど、事件は怖いね。

個人的に最後に流れた関係者へのインタビューがよかったかな。
”これは現実にあった事件だ”ってのを文字だけでなく、人の顔を見せながら語ってもらったことで強く印象づいた感じがする。
あと、主人公はいたけど、明確なヒーローがいなかったのもよかった。各々の動きのおかげで犯人確保に繋がったってのがなんとなく感じられたから。
こんな事件はもう起きてほしくないね。 
下僕

下僕の感想・評価

4.0
ジャーナリストのケイシー・シャーマンとリポーターのデイブ・ウェッジによるノンフィクション作品「Boston Strong」をベースとした作品
ピーター・バーグ監督&マーク・ウォールバーグ主演コンビがおくる毎度おなじみ実話を基にしたアクション作品。

今回の題材は、記憶に新しいボストン・マラソンを狙ったテロ事件です。
いやー、相変わらずの底の浅ーいアメリカ万歳映画でしたね、これ。
最後の方で、「テロに打ち勝つのは僕たちの愛だ」みたいな臭い台詞が飛び出した日にゃ苦笑するしかなかったです。

まあ事実の重みと手堅く撮られたアクション・シーンの迫力に星3つで。
2013年のボストンマラソンでの爆破テロのベースにした映画

比較的近年の都会で起きたテロですので、情報も多く残っているためか、事実に忠実に作られている印象を受けました。

当時テレビを見ていて、テロ発生後あっという間に犯人が逮捕された記憶があるのですが、あの裏側にこんな事があったのかという意味で勉強になりました。

主演はローン・サバイバーで生き残ったマーカス・ラトレル役を演じたマーク・ウォルバーグ。相変わらずマッチョで眉間の皺が渋く、警察の制服もよく似合います。


演出は少々複雑でした。

序盤、様々な人物の視点でテロ前の平和な日常が描かれるのですが、覚えておかないと後半「あれ?この人誰だっけ?」になるかも(なりました・・)。また、序盤のシーンが長いように思います。


あとは銃撃戦のシーンですかね。

犯人2名を確保するために市街地で大銃撃戦が繰り広げられるのですが、そんだけ近距離で撃ち合って当たらんのかい!と思ってしまった。。

(のですが、ウィキペディアを見ると「200-300発の銃弾」が使われた、とありますね。射撃スキルよ・・・)




当時、テロから数年後のボストンマラソンで、リハビリで回復した被害者の方々が大声援を受ける中でゴールするシーンが感動的だった記憶があります。

エンドロールにも注目です。
やっと見れた。
2013年に実際に起こったボストンマラソン大会での爆発テロとその犯人逮捕までを描く作品。

歴史あるボストンマラソンの大会当日、たくさんの人が応援に訪れているゴール近くで爆発。
一瞬で地獄絵図となる。

爆発に巻き込まれた人達と逃げ惑う人たち…
爆発に気づかずそのままゴールに向かう
出場者を止めたいが、混乱でなかなかうまくいかないまますぐに2回目の爆発。

怪我人を救助する人たちや警備にあたっていた関係者や警察たちの姿が描かれ、現場の混乱ぶりがよくわかる。
捜査にはFBIも参加して、テロとして扱うかどうかの相談がなされる…

犠牲となった小さな子どものご遺体の前で、鑑識による捜査が終わるまでご遺体を護る人の顔がとても辛くて悲しくてとても印象に残る。

部分的に当時の映像が使われる。
本当にあった話なんだと実感する。
本当にテロはあかん。
どんな理由があっても、関係ない不特定多数の人達を狙うテロはあっては駄目。
たくさんの犠牲が出てるのに犯人や犯人の身内は逃亡のあげく銃撃戦をおこし、生き続けてる事もとても許し難い気持ち…

辛く悲しく犯人たちには怒りしかわかないが、この作品では辛く悲しいだけでなく被害を受けた人たちのその後も描かれている。
被害を受けて苦しく辛いはずの彼らの、前に進もうとする姿に、ただ作品を視聴しただけの私は勇気と元気をもらった。
平和がとてもありがたく幸せなことだと感じつつ、被害を受けた人たちがこれから絶対に幸せになってほしいと願う。
Hope3000

Hope3000の感想・評価

4.0
2013.4.25. 「愛国者の日」(“Patriots Day”)。突如、歓声が悲鳴に変わったー。「ボストンマラソン爆破テロ事件」。
事件発生から犯人逮捕までを描く衝撃の実話。

あの事件は、ゴール地点付近での爆破だけではなかったーー

カージャックと拉致
キャッシュカードの不正利用
麻薬の不正販売
NY爆破計画
MITでの警察官銃殺・銃の強奪
住宅地での激しい銃撃戦


衝撃的で、悲惨で、悍ましい事件です。「本当にあった」出来事が、臨場感がバリバリ伝わるカメラワークと緊張感のあるずっしりと重い音響によって繰り広げられ、言葉を失うと共に見入ってしまいました…。

フォーカスされる数々の登場人物に対して、順々に心の声が漏れる。
「ああ、坊や…。ああ、お父さん…」
「ああ、僕… 勇敢だった。よくぞ頑張った」
「おお、おじさん!その勇姿を讃えます」
「ああ、あの人たち良かった…」

最後に流れた6分間のインタビュー映像は、改めて思いを確実にしました。
ー「観て良かった」「知って良かった」

本作、ずっと気になっていたんです。
なぜかと言えば、ボストンは自分と関わりのある街なので街のことを知る必要があると感じたのと、単純に、好きな街だからです。

昔、長期で海外滞在中にボストンを訪れたことがあったのですが、歴史を感じる街並みや憩いの公園、街の人々が魅力的で、好きなんです。FenwayとかBoylstonの名が出て来た時は、懐かしくなりました😌平和な街ボストンで、その後にこの事件が起きるとは想像もしていませんでした。ニュースを見た時は「まさか…」と本当に驚きました。

素晴らしい👏この流れで、『ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた』(※Mark済み)も観たいです!
マーク・ウォールバーグやJ・K・シモンズなどの俳優の演技が光ります。未鑑賞の方は、ぜひ!



「悪夢と戦う武器は一つしかない。それは愛」
”The devil hits you like that, there’s only one weapon you have to fight back with. It’s love.”

「ボストンよ、強くあれ」
”BOSTON STRONG”

🇺🇸⭐︎≡🅱️≡⭐︎🇺🇸




P.S.
J・K・シモンズが好き
YasTkg

YasTkgの感想・評価

4.0
これが事実。

テロには屈しない強固な姿勢。
逆に、恐怖を覚えた。
junya

junyaの感想・評価

3.9
マークウォールバーグが最近凄く好きでこの作品も鑑賞。

実際の映像も所々あり、よりリアルさが出てた。
ストーリーで色んな視点から観れて凄く良かったし、楽しい日常が壊されていったのがなんとも言えなかった。

ボストンの警察官、FBIが一致団結してるのが熱い。

最後の義足のランナー映像は泣きそうになったなぁ。
通算1900本目の記念映画。

ロンドンマラソンのテロ犯人逮捕映画。
アメリカの警察とFBIのスゴさを感じた。アメリカという国に安心感が増した。
アメリカ行ってみたい。マラソン走りたくなってしまう。

事件起きて、捜査から犯人逮捕までがスゴく丁寧に作られている。ベンツにのっていた中国の人になんか親近感沸くわ(ベンツのってないけど)
たろさ

たろさの感想・評価

4.0
ボストンマラソン爆弾テロ事件を描いた作品。


爆弾事件、銃撃戦が臨場感、緊張感があり、ただただ悲惨でひどくて怖く感じた。序盤の日常的な風景とのギャップが大きい。
>|

あなたにおすすめの記事