なかやま

ホドロフスキーのDUNEのなかやまのレビュー・感想・評価

ホドロフスキーのDUNE(2013年製作の映画)
4.2
実現しなかった映画のドキュメンタリー。
ホドロフスキー監督の映画づくりに対する姿勢はやっぱり只者ではなく、圧倒的な熱量で凄まじかったです。

「20時間の映画を作るぞ!」って言葉に「いやいや、長すぎかよ😇😇😇」ってなったけどもし完成されてたら見てみたかった気もするし「あの映画を作るのに自分の腕を切る必要があれば、当時の私は喜んで腕を切っただろう」とか本当にやりそうだしいろいろと突き抜けてる。

でもなんかそのヤバいくらいの熱量に心が突き動かされます。