ホドロフスキーのDUNEの作品情報・感想・評価

ホドロフスキーのDUNE2013年製作の映画)

JODOROWSKY'S DUNE

上映日:2014年06月14日

製作国:

上映時間:90分

4.0

あらすじ

『ホドロフスキーのDUNE』は、スタッフにバンド・デシネのカリスマ作家メビウス、SF画家のクリス・フォス、『エイリアン』『トータル・リコール』のダン・オバノン、H・R・ギーガー、キャストにサルバドール・ダリ、ミック・ジャガー、音楽にピンク・フロイド等、驚異的な豪華メンバーを配するも、撮影を前にして頓挫した。 84年にデヴィッド・リンチによって『デューン/砂の惑星』が制作され、ホドロフスキーの『D…

『ホドロフスキーのDUNE』は、スタッフにバンド・デシネのカリスマ作家メビウス、SF画家のクリス・フォス、『エイリアン』『トータル・リコール』のダン・オバノン、H・R・ギーガー、キャストにサルバドール・ダリ、ミック・ジャガー、音楽にピンク・フロイド等、驚異的な豪華メンバーを配するも、撮影を前にして頓挫した。 84年にデヴィッド・リンチによって『デューン/砂の惑星』が制作され、ホドロフスキーの『DUNE』は幻の作品となってしまったが、後に、ダン・オバノンは、ここで集めたスタッフを再集結させ、『エイリアン』(リドリー・スコット監督)を企画するなど、その後の映画界に多大な影響を与えた。 本作は、ホドロフスキー、プロデューサーのミシェル・セドゥ、ギーガー、レフン監督等のインタビューと、膨大なデザイン画や絵コンテなどの資料で綴る、映画史上最も有名な“実現しなかった映画”、ホドロフスキー版『DUNE』についてのドキュメンタリーである。

「ホドロフスキーのDUNE」に投稿された感想・評価

青猫

青猫の感想・評価

4.0
ホドロフスキーも「DUNE」についてもまったく知らない状態で鑑賞しました。

ホドロフスキー監督やスタッフ陣のこの映画に対する圧倒的な自信と作品のスケールが伝わってきます。そしてオファーの掛け方についての話がおもしろすぎる。サルバドールダリのギャラやミックジャガーとの出会い、ピンクフロイドへのオファー。その後のSF映画に与えた影響など、計り知れないものがあるのだということが、この作品では語られています。

そして酷評され気味のデイヴィッドリンチ監督の「DUNE」ですが、お金が掛かっているだけあって演出やセットはかっこいいし、演出にも一見の価値アリです。もし観ていない方がいたらぜひ。
d173

d173の感想・評価

4.4
宗教的で哲学的であり預言者的であり、狂気であるホドロフスキーにリーダーシップを感じる。世界はこうやってつくられる。
MarinaSeo

MarinaSeoの感想・評価

4.9
なにかを作る人には観て欲しくなる映画。大切にしたい言葉が沢山詰まっていて、勇気を出したいときに効く。DUNEは完成しなかったけどDUNEのような夢を描き続けること、それができることこそが作品を作る力なのですよね。人はどんな夢でも描ける、それに向かっていくことができる。失敗してもただイエスと受け入れ、挑戦すればいい。
いの

いのの感想・評価

5.0


未完にして完璧。圧倒的。『DUNE』
ここに出てくる人たちの多くを、私はこの1年くらいで知ったばかりだ。でもホドロフスキーなら「それがなんだ!」「それがどうした!」と言ってくれると思う。この1年くらいで出会った作品や人々が、この『DUNE』に繋がっていて、それはもうよだれを垂らしてしまいそうなほどだ。私は心の中で、狂喜乱舞する。素晴らしいドキュメンタリー。できることなら、ホドロフスキーには本当に300歳まで生きていてほしい。


およそ40年ほど前の話を、関係者がみな口々に、楽しそうに興奮して語る姿が、熱い!
大木茂

大木茂の感想・評価

3.8
これはいつかきたる未来の「DUNE」メイキング映像である

まずこの作品だけ観ても何が凄いのかさっぱり分からない敷居の高過ぎるまさにハイペリオン(高みを目指すもの)ドキュメンタリーだ

最低でもホドロフスキーの二作は観ておいた方がいい(この監督が宇宙を舞台にした映画を撮ると分かると更に混乱すると思うが…)

「2001年宇宙の旅」の次の作品になったであろう意気込み
「スターウォーズ」より先に行っていたであろう世界観
「トロン」「エイリアン」より早い気鋭のアーティスト起用
デヴィッドリンチの「デューン砂の惑星」を観て安心する戦士ホドロフスキー(素直でかわいい)

デザインはバンドデシネなメビウス、ギーガー
音楽はプログレッシヴなピンクフロイド、マグマ
そしてダリ、ミックジャガー、オーソンウェルズという超絶配役
ビッグネームの嵐(もはや七人の侍状態)、しかも構想ではなく参加が決定していた

そして夢を諦め病的な老人では無く前向きなホドロフスキー
いまだに元気に楽しそうに話す彼は強い心理と哲学を持っているから衰えないのであろう

しかし死ぬ事で広がりをみせるキリスト→ポール→DUNEの構図は皮肉である…


映画は監督のものだなと改めて思い知らされた
映画とは芸術の1つなんだと。
ホーリーマウンテンの映像だとか、本当に信じ難いものだった
今の時代なんて本当にとても難しいと思う

このレビューはネタバレを含みます

わくわく、にょきにょきした。
思念と肉体の狭間揺れ動くホドロフスキーがぼくは好きなんだろうなと時間を経ておもった。
shurin

shurinの感想・評価

4.2
ホドロフスキーの「DUNE」が出来るまで、いや、出来ないまでのドキュメンタリー。失敗に終わったはずのDUNEを振り返って語るホドロフスキーの目は何故か爛々としていて、このおじいさん好きや〜と思わされる。

映画時代も手書きのコマを動かす描写が多く、このままでも十分面白いがやっぱり実際の映画として観たかった…!と思わされざるを得ない。彼が他の監督が作ったDUNEを馬鹿にするのも爽快だ。

商業的な意識など一切ない、ただただ彼の夢と希望と才能のすべてをつぎ込んだ「DUNE」、観たかったなぁ。
mkn

mknの感想・評価

4.3
こんなにワクワクするドキュメンタリーは初めて観た。DUNEの公開が実現していたとしたら、文字通り世界が変わっていただろうと思わしめる、そんなドキュメンタリー。
メビウス、ダリ、ピンクフロイド、マグマ、ミックジャガー、ギーガー等、当時最高峰のアーティストを、よくもまぁこれほど結集させられたなと。もはや妄言かと疑ってしまうほどの面々。まさに「ぼくのかんがえたさいきょうのSF」。
また、DUNEのために己の息子の思春期を犠牲にしたり、片腕を切り落とせと言われたなら喜んで差し出していただろうと嬉々として語るホドロフスキーの、芸術に対する狂気じみた執着にも圧倒される。
izumi

izumiの感想・評価

3.8
「答えはすべてYesだ!」的なホドロフスキー監督の言葉が、鑑賞後数年経った今でも印象に残ってる。
クリエイティブなことは色々なことをどんどん容認して扉を開いていかないといけないし、苦境な面も多い分、それも容認してすべて呑み込まないといけないんだとこの言葉から感じた。
>|