MIO

そこのみにて光輝くのMIOのレビュー・感想・評価

そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)
4.5
何と無く見る機会を逃して公開からかなり時間が経っていた所にカルシネ。これはもう見に行かなきゃと思って映画館に出向いたら物凄い映画だった。数日経ったものの重苦しい余韻がまだ残っている。俳優陣の演技の力量が兎に角半端じゃなくて、どのシーンも辛かった。まさに負の連鎖な演出に見ていてどんどん堕ちていく。自分がいる世界とは違いすぎるのに、何故かどの人物にも感情移入してしまうのは演技や演出の巧さからなのか。綾野剛も池脇千鶴も菅田将暉も、皆其々にとんでもなく良かった。高橋和也のクズ役、これもまた圧倒的だった。だけどこれでもまだ綺麗さが残っているように見えてしまって、もっと底まで絶望が見えたら☆を5つ付けたかった。原作は未読なので読もうと思う。
蛇足)
北海道ってこんなに訛りないでしょ?!って思ってしまって、最初の方はいわゆる北海道弁(?)に凄く違和感があった。それとも札幌と函館じゃこんなにも違うのかな....