そこのみにて光輝くの作品情報・感想・評価

そこのみにて光輝く2013年製作の映画)

上映日:2014年04月19日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「そこのみにて光輝く」に投稿された感想・評価

koshijin

koshijinの感想・評価

3.2
函館弁ってそんななのかという違和感はさておき、全編が暗く薄汚くせめてほんの少しでも綺麗な映像が観たかったというのが正直なところ。
人生って辛いよな。しんどいよな。
でも、それでも生きていかなきゃいけないんだよな。
生きていればきっと愛が見つかるから。

日本には池脇千鶴という名女優がいるってことだ。
重すぎてどっと疲れた。
同じ原作者のきみの鳥はうたえるの方が好き。
池脇千鶴、菅田将暉+0.3
醜いものをあえて描くことが評価に直結するわけではないと思う。
重苦しい…ずーん…
役者さんすげぇてなる映画でした。
菅田将暉見直したぜ✨

しかし綾野剛のお尻見たの何回目だろう…
噂(暗くて重い)には聞いていたので心構えて鑑賞。
でも最後はなんとなくハッピーエンドに見えたかも。
山で働けるし、不倫してた男との縁も切れたし。
菅田将暉出演の映画まとも見たことなかったけど、演技よかった!
都会に住んでいる身で観ると、田舎町の若者の行き詰まりを感じる。観る前の私なら親も家族も置いて逃げると思ってただろうけど、見た後の自分には難しい気がした。
一番大事なことは最後のシーンの先にある。
このジャケットにつられて
何回か観てしまったやつ

いつもゆるーく観ちゃって
途中で おや?なんか知ってるぞ?
って気づく。

汗臭そうなのが画面越しだけど伝わってくるかんじ

暗いのにおしゃれに見えちゃうかんじ

内容は好きでもないんだけど
なぜか気になるジャケットと暗さ
あんな風には老いたく無い、金、性、愛、過去、純潔さ、憎しみ、若さ。
「死ぬ」より「殺す」の方がまだ愛はあるって事。プロポーズの返事が父親を殺す覚悟があるという事。
殺気が美しい事を教えてくれる映画。
ずーんとなるけど悪くない。
映画中出てくる食べ物がやたら美味しそうに見える。笑
綾野剛目当てだったけど菅田将暉の演技に見入ってしまった。
>|