そこのみにて光輝くの作品情報・感想・評価・動画配信

そこのみにて光輝く2013年製作の映画)

上映日:2014年04月19日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「そこのみにて光輝く」に投稿された感想・評価

bebe

bebeの感想・評価

3.4
綾野剛みたさに鑑賞。
俳優陣みんな演技うますぎる...
ずっしりくる映画。

このレビューはネタバレを含みます

不幸のフルコンボ
懸念事項だいたい当たる
ラストシーンかなり綺麗すごいよい
は

はの感想・評価

2.5
1年前くらいにみたのに、忘れられない衝撃と目を背けたくなることをみた
torakage

torakageの感想・評価

2.5
東北の田舎町に住む達夫は、パチンコ屋で出会った拓児と奇妙な友情で結ばれ、その姉の千夏と恋仲になるが、千夏一家には複雑な事情があった。

感情移入が難しい。
Hayaka

Hayakaの感想・評価

-
「俺は人の心が無くなっても金が欲しいけどな」
「女の顔してー元から女ですけど」
「大事にしてるからおかしくなるんだよ」
「家族、持ちたくたったんだ」
ぺろみ

ぺろみの感想・評価

4.5
弱いもの同士が支え合って生きている。
小さな幸せを目の前にしても掴めないやるせなさ。
菅田将暉の小汚い無邪気さは素晴らしかった。綾野剛、池脇千鶴の2人のシーンはただ美しい。
tetto

tettoの感想・評価

3.5
狭い世界、地方ならではの格差ハラスメント、抜け出せない貧困、高齢の親の病気など重いテーマを含んだストーリー。
そんな中、池脇千鶴演じる千夏が達夫と向き合っている時の表情がとても美しかった(それが例え怒っている時でも)。まさにタイトルのとおりに。
微かな希望を感じさせる終わり方だったのも良かった。
散歩

散歩の感想・評価

3.8
抑えた演技の綾野剛と千鶴ちゃんがとても素晴らしい。
綾野剛は静かで控えめな役が上手いな。
千鶴ちゃんは安定の存在感でした。
ラストも秀逸
chupi

chupiの感想・評価

-
多分、この映画の登場人物は普通の暮らしをしている人には感情移入できない。
底辺で生きている人の姿を生々しさを俳優さんたちがリアルに演じている。
救いがない展開ながら、ラストには不思議な安堵感?がある作品。
take

takeの感想・評価

3.0
菅田将暉が、やんちゃな拓児を好演。愛敬がある。
声音を次々に変えるところでは、さすがに怒られているが。

綾野剛も、陰のある青年になりきっている。
ハッパは、急げとせかすだけ。大きな事故につながりうる。
遠く離れたところにいる人には、それが分からない。

そこのみにて光り輝く。
人工物の何もない海辺。聞こえるのは寄せる自然の波の音だけ。
池脇千鶴も輝いている。
>|