そこのみにて光輝くの作品情報・感想・評価・動画配信

そこのみにて光輝く2013年製作の映画)

上映日:2014年04月19日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「そこのみにて光輝く」に投稿された感想・評価

まゆこ

まゆこの感想・評価

3.0
一旦不幸になった人間は二度と幸せになれないのかな。あと10年くらい経って、みんな納得する生活ができてることを願いたい。
masa

masaの感想・評価

4.3
この薄暗い閉塞感と湿気に馴染む不愉快な汗、そしてその「光」とこの没入。
舞台は北海道函館。
ある事件からニートとなりパチンコをするだけの達夫、パチンコ屋で知り合った拓児に連れられたどり着いた拓児の家には、彼の姉の千夏、寝たきりの父と世話をする母が暮らしていた。
達夫と千夏は惹かれあい関係を重ねるうちに、彼女の家族の状況とバックにいる中島という男の存在を知る。

自分がまだ映画もエロも知らなかった頃、濡れ場見たさに母親が録画していた本作を母の外出時にこっそり観た思い出の作品。
今考えるとそんな濡れ場メインの映画ではないけれど、当時は池脇千鶴が脱ぐのも綾野剛がおっぱい舐めるのも衝撃的だったわけで…
まあ、それはさておき、今回はちゃんと観ました。
一見、大城一家が不遇すぎる終始重たく暗い映画であるものの、苦しい現状の中にもほんの少しの幸せや希望を見出せる、そんな映画なんじゃないかと。
家族を持つ者、家族を持たない者、家族を支える者。
三方向から見た家族のかたち。
隣の部屋から性の塊のような呻き声が聞こえようが、どんなに問題を起こそうが、家族は家族。
達夫と千夏の浜辺でのラストカット。
あの瞬間、達夫は家族になったんだろう。

脚本や演出、カメラワークなども良かったが、やはり演技派俳優陣の魂こもった芝居が1番の見どころ。
綾野剛は北海道似合うし、池脇千鶴は幸薄似合うし、菅田将暉は夏祭り似合う。
とにかくどの役者さんも熱量が凄かった。
あと北の方言は聞き取るのがやや難だけど、それで良し。
のん

のんの感想・評価

3.5
出演者の演技がとても良くて惹き込まれる映画だった。特に菅田くんの役は本当にガサツでバカで、全体的に重めの雰囲気のこの映画で菅田くんが出てくると少しゆるむというか緩急をつける意味ではとても効果的で、終盤のくだりもとても良かった。
登場人物みんな方言が強めなのでたまに何を言ってるかあまり聞き取れなかったのが残念…。
また見たいです。
どん底感に満ち溢れた重たい世界観の中、函館の美しい海や街の描写が素敵で煌めいて見えた。
達夫と千夏が海で泳ぐシーンと2人で達夫の家にいる夜の映像と音楽が、胸に刺さるほど美しい。
菅田将暉またなんかしでかしそうと思ってたけどやはり…
リアルでしかない話し
綾野剛特に見せ場ないけどやっぱオーラある
堕落したクズ野郎かと思いきや1番まともで人間味があった
そーゆー役うまい
お姉ちゃんえらい
わたしならとっくに家族捨ててる
菅田将暉良かった
JTK

JTKの感想・評価

3.8
この作品で池脇千鶴の女優としてのポテンシャルを認識した。
なかなか良かった。
hiropon

hiroponの感想・評価

3.5

2014年公開の作品🇯🇵

主演の 綾野剛 を始め 池脇千鶴 菅田将暉
高橋和也 の人間くさい演技が 僕は堪らな 
く素晴らしいなと 感じさせられた 作品で
ありました ただそれに尽きます…… 🤦🏻✨

そこで懸命に生きていく …… 生きている
授かり与えられた命 人生って変えること
が簡単で無いこともある 生きていく生きることって
こう言うことなんだと思う …… 😌✨✨

どうしようも無いことが 生きることだと思う …… 🤔


✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨
りん

りんの感想・評価

-
心が綾野剛を求めていたので観たけどはじめて菅田将暉ってすごいなと思った。
>|

あなたにおすすめの記事