すいか

神さまの言うとおりのすいかのレビュー・感想・評価

神さまの言うとおり(2014年製作の映画)
1.1
観了。
何かの予告編で見掛けたこの作品。血しぶきの代わりにビー玉が飛び散るシーンが印象に残っていましたが…Filmarksで見掛けるまで忘れていた作品。思い出したかの様に観賞してみました。

特に説明も無く唐突に始まり、若手俳優の演技を見せ付けられる、ある種の拷問。
三池作品なので、それなりに知ってる顔はチラホラといましたが、メインの高校生役は殆ど知らなかった…。辛い。

ストーリーに関しては、序盤はそれなりに楽しかったのだけど…進むにつれて飽きた。色々盛り込み過ぎて感情移入が出来なかった。原作を読んでいたら少しは楽しめるのでしょうか?
最近はこんな感じの理不尽な話が流行っているけれど、あまりに薄っぺらな話だったから観ているこっちが「退屈」でした。
力技で笑わせようとしているのか、観ていて白けるシーンが多々ありました。
あと、神木君が少し風変わりな問題児を演じているのだけど、「バトルロワイアル」の安藤さん並の暴れっぷりを見せつけるかと思えば結構大人しめ。「SPEC」位の悪役が丁度良いかと。

蓋を開けてみれば、特に中身の無いエンターテイメントとは程遠い仕上がりの駄作でした。正直、原作を読む気にもならなかったし、何故映画化したのか…。
暇つぶし位にはなるかと思っていたけれど、この作品を観る位ならゲームで遊んでいた方が良いかもしれない(笑)