ぶろっこりー

チョコレートドーナツのぶろっこりーのレビュー・感想・評価

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)
-
始めから終わりまでゲイの話だった感覚

普通に暮らしていても、仕事をしていても、歩いていてもゲイ、って言われちゃう

人並みの幸せを願うことがそんなに悪いことなの? ってこの映画を観ていて何度も思いました

今の時代マイノリティに対して理解がある人が増えたように感じているけど、実際は、忘れていたり見て見ぬふりしていることがもっとあるのではないかと思えた

1979年当時は今よりも世間の目はきつくて、それは人種差別にも言えること。市民の力が弱い分、権力者の影響力はすさまじく、マイノリティの生活はなにも保障されていなかったのだと感じた。

映画の結末が現実の厳しさを象徴しているなと感じます。

後付けみたいになってしまうんですけど、この映画はそんな暗いことばかりではなくてですね、、、
心温まるシーンも沢山ありました

本当の愛情は、他人とか世間とか、法律とか制度に縛られてはいけない、縛ることができないものなんだと、考えさせられました


アランカミングは歌上手すぎです