チョコレートドーナツの作品情報・感想・評価

チョコレートドーナツ2012年製作の映画)

Any Day Now

上映日:2014年04月19日

製作国:

上映時間:97分

4.1

あらすじ

マルコが好きだったもの。人形のアシュリー、ディスコダンス、ハッピーエンドのおとぎ話、そしてチョコレートドーナツ。マルコは僕らに家族をくれた。僕らはマルコをなにがあっても守ると約束した。僕たちは忘れない。マルコと過ごした愛しい日々。

「チョコレートドーナツ」に投稿された感想・評価

理不尽すぎて悲しくて終盤涙が止まらない。
色々考えて眠れなくなった。
Souma

Soumaの感想・評価

3.2
『うちじゃない』
"This is not my home"

ゲイカップルとダウン症の男の子(マルコ)の物語。
ノンフィクション。

マルコはあまり自分から喋らない子だった。
そんなマルコが施設から家に帰れると聞いて
連れてこられたのが実母の家。
マルコが作中で初めて自発的にしゃべったセリフが上記のセリフだ。
もうそれだけでマルコの気持ちが100%伝わってくる。
4単語ですべてを伝えてくる。
それが事実なんだよ。
幸せなんて他人が決めることじゃないんだろうな。


こういう映画をLGBT映画っていうらしいね。
映画が作られている時点で
世間がゆるくなってきているということなんでしょう。
自分も障害などへの差別っていうのは嫌悪感あるけど
LGBTへの理解は正直よくわからない。
許容できない側の人間かもしれない。
でも、それって男女だから子供が作れるっていうだけで
離婚する親だってたくさんいるわけで
『愛』って見えないものを定義しようとしているから
答えなんて出せるわけないんだろうな。
答えなんてないんだからわからない人には理解できないんだと思う。

正直ゲイとかレズビアンとか好きじゃない表現が多かったけど
こんなことを考えるきっかけになったので
観てよかったかなとは思う。
あれ以上の結末を迎えられるように社会を変えていかなければならない、本当に大切なものは何なのかを考えさせてくれる作品
megumi

megumiの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

悲しい、すごく悲しいなあーってなる話。時代背景的にもカミングアウトしてさらに養子を迎えるって大変だったんだろうなってすごい感じさせられるし、ラストもハッピーエンドじゃないけど、あの死が無駄にならないように世の中が良くなることを願わずにいられない。愛の形はさまざまだけど、うーん。過去にやったちっちゃいことまで根掘り葉掘り調べられて暴露されて、裁判のシーンは見てるこっちまで辛くなるって感じ。
takechan

takechanの感想・評価

3.0
時代が変わっても差別や偏見はなくならない。この先も。
普通ってなんだろう。
普通じゃないってなんだろう。
マイノリティが生きるには今の社会は辛すぎる。
pipi

pipiの感想・評価

4.3
本当の親だからとかゲイだからとか関係ない
マルコにとって本当に幸せなのはって話であって。

色々と考えさせられる
ricopin

ricopinの感想・評価

4.0
凄い 愛の映画だった

マルコ( ; ; )

終わった後
涙とため息が。。
Rk

Rkの感想・評価

4.2
胸が苦しくて、終わったあと暫く茫然としてしまった。。
悲しい、こんな悲しいことがあってよいのか
実話に基づく作品。
同性愛者のルディとポールが守ろうとしたのは、ダウン症の男の子マルコのささやかな幸せ。

差別・偏見、は、勿論この悲劇を招いた一因であるけれど、それだけではないと思う。

他者を陥れようとする悪意だとか、自己の利益を何よりも優先する自己本位だとか。
社会の中で弱い立場に置かれている人を踏み台にする、心の弱さ。

人間の醜さを突きつけられる。
と同時に、自分だって苦しい生活を送っているのに、マルコを思うルディの愛情に、仕事を失ってもなお、愛する人たちのために、法廷に立ち続けるポールの勇気に、心を救われる。

ルディの歌声、とても素敵だった。
akiRa

akiRaの感想・評価

4.2
わかっていたんですよ。
知っていたんですよ。
泣けるのわ。


差別と偏見からくる憎悪にも似た正しくない正義は確かに存在していた。
そして今もまだね。

ゲイが障害者の子供を育てた実話から着想を得た、かなり現実的な作品。

どれほどの壁が待ち受けていようと自分を偽りたくないルディは刹那的にポールと恋に落ちる。
彼等はゲイであり周りからも時代からも避けられる存在。

そんな2人の元にダウン症の子供マルコが、、、
施設送りにされてしまう彼を育てたいルディと協力をしたいポール。
やがて3人は本当の家族になっていくが、、


“辛”という字はあと1本の線を引くだけで“幸”になる。
いつかは幸せになると信じていた。
かならず幸せにすると決意していた。
ルディとポールに突き付けられるのは無情の理不尽。
差別と偏見。

幸せを手に入れるために闘い続ける2人と耐えるマルコ。
そして物語は結末へ、、、

マルコがカワイイ。
本当に3人は幸せのために闘っていた。
協力者はいるし、どんな逆境も耐えてみせる。
でも世間とは冷たいものです。

ラストの手紙には想う人も居たのだろうか?
闘ってきた人達がいたからこそ世が変わり始めているのだとしたら、人はどれだけ傷つくのでしょうね。
>|