チョコレートドーナツの作品情報・感想・評価

チョコレートドーナツ2012年製作の映画)

Any Day Now

上映日:2014年04月19日

製作国:

上映時間:97分

4.1

あらすじ

マルコが好きだったもの。人形のアシュリー、ディスコダンス、ハッピーエンドのおとぎ話、そしてチョコレートドーナツ。マルコは僕らに家族をくれた。僕らはマルコをなにがあっても守ると約束した。僕たちは忘れない。マルコと過ごした愛しい日々。

「チョコレートドーナツ」に投稿された感想・評価

ぬ

ぬの感想・評価

4.6
同性愛、ダウン症への差別の狭間で奮闘する愛おしい3人の物語。

ハッピーエンドが大好きなマルコのことを、きっといつまでも、多くの人が忘れられないだろうと思う。

幸せに過ごしていた彼らの日々が、とても素敵で、愛に溢れてて、胸に沁みた。

個人的には、同性愛にはどこまでも寛容な自信があるが、ダウン症には差別と区別の違いが難しく、どう接していいのか分からないのが正直なところ。すべての差別される人々に対して、何も変わらない心で接することのできる人間になりたい。

一つ一つのシーンが胸に残る、涙なしには見ることのできない、また観たくなる作品でした。
SK

SKの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

この映画は"バッドエンド"で片付けられない。
これが今の現実
ENDではなく続いている現実

何ができる訳では無いけど
この映画を見て何かを感じることから
はまち

はまちの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

いなちゃんからのおすすめ。歌手を目指すゲイパフォーマーのルディ・ドナテロ、同じくゲイの検事ポール・フラガー、ダウン症の少年マルコ。三人が主人公の物語。作品の中で何回も、どうしてこんなに、ポールとルディは優しいんだろうって思った。本当に優しい。作中、親権争いの裁判のときポールが「誰が欲しがるんだ。太ってて背が低い、知能障害の子供なんて。でも僕は彼がほしい。彼を愛してる。」作中で一番好きなシーンというか、印象に残ってる。ルディもそう。マルコにクラッカーとチーズをあげたときから、なんて良い人なんだろう。。。って何回も思った。本当に無垢な愛情を2人は持ってた。それはマルコにも伝わってた。ルディとポールと暮らし始めて、初めて自分の部屋を持ったマルコ、嬉しくて泣いてるマルコを抱きしめながら微笑むルディ、DVDのパッケージにもなってるシーンで、心に残るシーンだった。マルコの演技すごかったなぁ。。。本当に障害者なのかな?気になる。幸せそうだった。だから本当に、終わりに向かうラスト15分は衝撃だった。世間はどこまでも少数派に厳しく、ルディの「ゲイはなにもできない」という悲痛なセリフが心に残る。裁判官は味方だと思ったのに、なんでそんな判決になってしまったのか。黒人弁護士を雇って戦いに挑もうとした最後の裁判も、弁解の余地なく、ポールの上司ウィルソンのせいで、麻薬中毒の母親にマルコはわたってしまった。本当に、なんて救いのない話なんだろう。マルコがルディとポールと暮らした家を探して、最後は橋の下で息絶えてしまった。つらいわ。。。 三人が幸せに暮らせたのは最初の一年だけだった。三人の愛に感銘を受ける物語だけど、それ以上に、この世の中がいかに酷いか、そっちの方が際立つ。原題はチョコレートドーナツ(マルコの大好物がチョコレートドーナツのため)ではなく、「any day now」。「いつの日か」という意味。いつの日か、2人が開放されて、素晴らしい人生が送れますように(T-T) 願わずにはいられない物語だった。もう一回見たいな。あと、なんといってもルディの歌が鳥肌もの。歌詞も作品に大きく関わってるし(今回はあんまり集中できなくて、意味までちゃんと読めてない)。自分は少数派の人に優しくできているだろうか、除け者にしてないだろうか、自分を見つめ直す意味でもまた見たい。良い映画でした。
Ai

Aiの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ハッピーエンドであれ、!!!!!!!!
切ないてかあっけないわ!、
暖かい家庭 の 大事さ
話の感想はとっても悲しくて泣いた。
でも会話の内容とか面白くて、映像も綺麗で、音楽もかっこいい。
原題の意味とかもいいなぁと思った。
Tommy

Tommyの感想・評価

4.0
こういう映画は広まるべきなんだろうなって思った
世の中に訴えかけるような映画は面白い
Mariko

Marikoの感想・評価

3.9
家族の形は色々。
本当に一緒に居たい人と居られないこの世の中って何なんだろう
さかな

さかなの感想・評価

4.4
同性カップルが親権を得るためのストーリー。世の中の色々は当事者しかわからないことも普通と比較していちゃもんをつけるかもしれない。端的な言い方だけど汚れたもの扱いで心の中まで否定して、目を向けるものは事実だと強く感じさせる。実話を基になので、実際に起こりうること。劇中で想いの全てが込められた歌は、正に心が打たれた、短時間の鑑賞後は自分で考えてみてってことかな。
自分もハッピーエンドが好き。
dehocyan

dehocyanの感想・評価

4.5
ゲイへの偏見がまだある時代に、正直に人間らしく生きる姿を見て、人を大切に思う気持ちが輝いていた。何度見ても涙が流れる作品です。
natsu

natsuの感想・評価

4.0
レンタル

とても好き。障がい者施設で研修したことを思い出す。障がいとは。
>|