チョコレートドーナツの作品情報・感想・評価

チョコレートドーナツ2012年製作の映画)

Any Day Now

上映日:2014年04月19日

製作国:

上映時間:97分

4.1

あらすじ

「チョコレートドーナツ」に投稿された感想・評価

azs2

azs2の感想・評価

4.0
せつなく泣ける。
ピュアな心を思い出させてくれるような作品。
saku

sakuの感想・評価

4.0
なんでもっと早く観なかったんだろう
とても良い映画でした
マルコの笑顔が頭から離れない

みんなでドーナツ食って
ダンス踊って
歌を歌って
寝る前に ハッピーエンドのおとぎ話を聞こう。

マルコみたいに。


そしたら、この映画は あんなハッピーエンドにはならなかった。
「こういうケースがあった」という話をヒントにできた映画で、実話ではない。それでこその、このエンディング。監督の思いがガンガン伝わる。
もちろん、情報などまったく持たずに観ても、やっぱり監督の思いはガンガン伝わる。
なぜこのエンディングなのか。
yuki

yukiの感想・評価

4.2
とにかく切ない。悲しい物語。

アラン・カミング演じるルディのマルコや家族を守ろうとする必死の訴えには心震わされました。
2019年14本目。決して誰かが成長する話でも、誰かが救われる話でもないし、実話でもないけど、スクリーンの先に本当にもがく3人の家族がいるように感じた映画でした。一番好きだったのは、ルディが自身のデモテープを各方面に送るために封筒に入れていたシーンで、座っていたマルコから「なんで(テープに)キスしているの?」(無口なマルコから質問があるのは超珍しい)と聞かれて、「キスって幸運を運んでくれるのよ」と言いながら、マルコのおでこにキスする。このときのルディの眼差しがすごい素敵で、”あっ愛情って、眼差しで伝わるものなんだ”と思いました。あとマルコが実親の家に連れ戻されるクルマの中でずっと「ここは家じゃない、ここは家じゃない」と言い続けるも誰も聞き入れてくれないシーンに、この映画が描いている”世界の片隅で、孤立した人たち”というテーマが浮き彫りになっていたなあ。。隣の人めっちゃ泣いてた。。ちなみに主演のアラン・カミングは、トニー賞受賞の舞台俳優で、ほんとにバイセクシャルで、XMEN2のナイトクロウラー役もやっていたらしい(まじか!)
たけい

たけいの感想・評価

4.2
社会を見るものすごく鋭利な目と、人の心を暖かく描く想像力で、問題の投げかけ以上の意味を持って刺さってくる。脚本と演出が特に素晴らしい。
とむ

とむの感想・評価

4.0
つらい。
同性愛者が薬漬けの人間より信用されないってのはねぇ。時代もあるんやろうな。
のり

のりの感想・評価

4.5
泣いた
時代が悪いのかひとが悪いのか
なんにせよ悔しさが残る
ひさら

ひさらの感想・評価

3.5
ピュアな映画。
ただひたすら真っ直ぐな愛が描かれている。
一度、全ての偏見を置いて見てもらいたい。
ジャケットもとても好き。
いいシーンを切り取っていると思う。
>|