チョコレートドーナツの作品情報・感想・評価・動画配信

チョコレートドーナツ2012年製作の映画)

Any Day Now

上映日:2014年04月19日

製作国:

上映時間:97分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「チョコレートドーナツ」に投稿された感想・評価

kakeru

kakeruの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

必ずしもハッピーエンドではない
結果のみをあの形で伝えるエンディングが、この映画よかった所
mn

mnの感想・評価

4.5
検察側の同性愛は子供に悪影響を与えるから隠すべきことだって言い放った事にすごい嫌な気持ちが生まれた
アメリカってLGBTに関して理解がある国って思ってたから悲しいかった

最後の手紙、衝撃的すぎたしマルコが2人の事大好きだった事家族と思ってたことがすごい伝わった
自分の偏見で良し悪し決めるんじゃなくて、もっと柔軟に物事見なきゃいけないなって改めて考えさせられた映画でした
評判高くて見ました。
最後の家ここじゃないが涙腺にきました。
ゲイのカップルの話ですが家族でも見れます
misato

misatoの感想・評価

4.5
社会の現実と直面した気分。
ハッピーエンドでまとめられるわけではなく、最後まで私たちが抱える課題の重さを描いてくれていた。
見ることができて良かった。
 ハッピーエンドで終わるだろうと思い見ていたのですが...!
 
 性別や肌の色、血の繋がりなんて関係ない、普通と違うからって家族愛を壊す権利は誰にもない!
 
 手紙を受け取った人々は何を感じたのだろう?
優しい人たちが子どもたちの笑顔が
不条理に埋もれていく。
世界は本当に優しくない。
どうしても邦題に少し違和感を覚える。
弁護士の「正義なんてない、だから闘うんだ」
の台詞とルディの歌がとても心に残った。

時が経てば忘れてしまう。
忘れたくないからルディは歌うんだろう。
理想論という名のルディ節は愛そのもの。
可野

可野の感想・評価

4.4
夜中にチョコレートドーナツいいな食べたいなのノリで見るには濃すぎた
家族、マイノリティ、差別偏見、正義
マイノリティというだけで何もできない
法制度の隙間からこぼれ落ちる罪のない子の幸せは?マルコの声を聴いているのは世間から相手にされない2人

愛を描くにはハッピーエンドから遠いし急転直下のラストはあまりにも胸が痛い
dauny

daunyの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

不条理な結末だとは思うけれど、人間の不合理な一面がそこに至る道を作っていると思うと、一層居た堪れない。
審理に関わった多くの人間が、熱心に自分の仕事を果たして、1人、あるいは3人の人間を不幸にした。このことで社会に還元される利があるのならまだしも、それも見当たらない。食い物にするために陥れたなら道理にもとるとも理解はできるが、そういうわけでもない。ただ、熱心に、より勤勉さを発揮して、仕事をしていただけである。(ゲイカップルを貶めたいという思惑はあったのかもしれないが)
得るものはなく失うものもない者が、奪うことで何も得なかったし失わなかったという茶番のような悲劇。

このレビューはネタバレを含みます

泣きすぎてしんどかった。。
ダンサーインザダークを見たときの絶望感を思い出してしまった。。

でもルディの心の美しさと愛情深さと真っ直ぐなところに胸を打たれたし、ポールもルディと出会ったことで前向きな影響を受けていて素敵なふたりだった。
マルコは純粋で明るくて偏見なんて持ってなくて人を本質で見ていて、何が権力だよ本当に素晴らしいのはどっちだよって悲しくなった。。

あと先生や保護観察官的な女の人もきちんと本質や何が最善かをみていて救われた

結末は実話ではないらしく心底安心した
宮明

宮明の感想・評価

4.0
私たちの見えないところにこうやって虐げられている子供がどれだけいるんだろう。
愛ってなんなのか。少なくとも他人が肩書きとか形だけで決めていいようなものではないよなぁ。
二人の愛情が深かっただけに悲しみもとても深いものなんだろうなと心が痛む。
「だが前を向くんだ。苦しみは時が癒してくれる」
せめてそうだといいなぁ。
>|