すったけ

やさしい本泥棒のすったけのレビュー・感想・評価

やさしい本泥棒(2013年製作の映画)
3.8
第二次大戦中のドイツを舞台にした物語。

「ひとりの人間が良い所と悪い所の両方を持っていることに驚く」みたいな最後の方の神の声が印象に残った。元々、勤勉で真面目な気質のドイツ人が独裁によりあのように豹変してしまうのだから驚きである。現在もISみたいな偏った思考を持つ集団に惑わされる人がいるみたいだし。

人間らしく生きるとはどういう事なのかを考えさせられる映画であった。
なお、実話であるかのような終わり方だったが実話ではない模様。