spacegomi

インサイド・ヘッドのspacegomiのレビュー・感想・評価

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)
4.3
トラウマを潜在意識へと押し込めたり、許容量を維持するため記憶を次々間引いたりという、マインドの整理整頓のされ方はきわめてメカニカルでロジカルであるし、「複雑な」感情のままであってほしいものがみるみる解体されていく様はひどくグロテスクである。カラフルでかわいらしい画面が、この映画に内在している暴力性にうまい具合に作用して、情操教育ムービーにとどまらない味わい深い作品へと押し上げている。
感情を解体し具象化してやろうという試み自体が傲慢なものに思えるが、リサーチをもとにきちんと体系立てて、子供にもわかりやすい活劇とエンタメに仕立て上げる力量にただただ感嘆させられた。傑作。