インサイド・ヘッドの作品情報・感想・評価・動画配信

インサイド・ヘッド2015年製作の映画)

Inside Out

上映日:2015年07月18日

製作国:

上映時間:94分

3.7

あらすじ

「インサイド・ヘッド」に投稿された感想・評価

独活

独活の感想・評価

3.8
全ての感情は必要なものって言うことがよく理解出来るよく出来た映画
おーた

おーたの感想・評価

4.1
ただ単純に感情に振り回されてるって設定じゃなくて、けっこう細かく脳内メカニズムが作られてるのが良かった。クスッとなる「記憶あるある」も面白かった。これって万国共通なんだーってなった。
感情の複雑さを感得することで、一つ大人に成長するというストーリーが、深くてよかった。大人が考えさせられるシーンも多くて、子どもを持つ親が、子どもと一緒に観てジーンとくる映画な気がする。
yoyo

yoyoの感想・評価

4.3
ディズニーの中で一番好きな映画。

仕事がうまくいかなくてうつ状態の時にはじめて見た。
ぼろぼろ泣けてしょうがなかった。

その頃は自分の中にあるドロドロした感情をうまく処理できていなかったのだけど、この映画を見て、悲しみや怒りの気持ちにも意味があるんだと思えた。

それに今はこんなに苦しいけど、後になったら見え方が変わるのかもしれないな、と思ってる楽になった。

本当にこれ見てよかった。
星

星の感想・評価

3.7
悲しみも大事な存在です。
夢の撮影とか忘れられた思い出とか世界観が好き。頭の中でどの感情が操縦桿を握るかによって自分の気分も変わる。それはどんな感情も必要なんだってことだと感じました。
ヨロコビにちょっとイライラ(笑)人間にはどの感情も必要なんだぞ!

ママとパパの頭の中が面白かった。ブロッコリーって言ってたけど、あれはピーマンだと思う。
脳の中の喜怒哀楽を表したアニメ。
感情とはどんなものか?ヨロコビとカナシミの役割が重要だと言うのがよくわかって良かった。
アニメーションが素晴らしい出来でした。
使い方が上手いなと思いました。
ayu

ayuの感想・評価

4.0
誰しも頭の中には司令部がある。
「喜び」「悲しみ」「怒り」「ビビリ」「ムカムカ」の感情が人間を操る世界を描いた作品🧠💫

少女ライリーを幸せにするため、ヨロコビを中心に生まれたその瞬間から見守ってきたんだけど、問題発生でライリーからさまざまな感情が失われていくことに…💧

喜びの感情がいないだけでこんなに人って人間らしさ失なっちゃうの??🥲

お世話になってる心理カウンセラーの先生から、感情がうまいことコントロールできなくなったら見てみて!とオススメされた本作。

本当にわたしの頭の中にも司令部があれば面白いのにな〜☺️

夢を作り上げるスタジオがあって、これまでの記憶が可愛く整頓されて、辛いときもハッピーになれるよう感情たちが頑張ってくれて…

まああるわけないんだけど、そういう妄想が広がりました🌟

頭の中の世界は終始カラフル🌈

さすがピクサー。
映像見てるだけで心の晴れる美しさ。

「ソウルフルワールド」を見たときも感じたけど、目に見えない感情や想いを子どもでもわかるようイラスト化できるってすごいことよね。

でもイマジナリーフレンドだったビンボンが忘れ去られてしまうところはちょっと泣いちゃった😭

竹内結子さんの明るく愉快な吹き替えがよかったなあ〜!

ノンスタ石田とガリガリガリクソンがゲスト声優してたらしいけどエンドロールにも出てこんしどこやったん?(笑)

最近あんまうまくいかないことが多くてちょっと落ち込みがちだったんですが、本作はちょっとしたセラピー映画になった気がします😌☁️

てかムカムカと怒りの感情の違いがわからん。笑
良すぎたなぁ〜
悲しみは辛いことを乗り越えるために必要な感情なんだなと改めて感じました。子供より大人に響きそうな映画かもしれません。

自分の感情を整理したいときにまた観ようかな
nskw

nskwの感想・評価

4.5
リーダーになっている感情がその人の本質かな?

明るく前向きが良い、暗くネガティブは悪いという印象があったけど、どれも自分の中に存在していて欠けては駄目と分かった。
5つの喜怒哀楽のような感情がキャラクターになっていて楽しい。

子供の教育にも良いし、大人が見ても納得する映画。

感情について再度学べる映画。
ヒューマンドラマと言っても良いかも
>|

あなたにおすすめの記事