朱色

007 スペクターの朱色のレビュー・感想・評価

007 スペクター(2015年製作の映画)
4.1
見て来ました!スペクター!

まず、端的にとても面白かった!かっこいい!

ダニエル・クレイグのボンドの集大成ともいえる作品。

なによりもオープニングのカッコ良さが半端ない!!!
そこからのいつものタイトルへの流れとタイトルの映像もとんでもなくカッコ良い。
過去作品からボンドの過去から気持ちまでを混ぜながらも謎を残してセクシーで。
スペクターというタイトルとも絡めたオープニング。

アクションとスパイ王道のメカニックが余すことなく織り込まれていてこれぞ007シリーズ。

今作こそ1番ダニエル・クレイグのアクションの良さとボンドの憂いや重みを表現できていたように思える。
そういう意味でも本当のダニエル・クレイグのボンドの集大成なのかもしれない。

007シリーズ、ダニエル・クレイグに変わってから、なんだか馴染めない感じがあったのは確かで、そこを前作のスカイフォールで、ああ、新しいボンドの誕生なのだなぁと思えた。ファンになった。
そこからのスペクター。

良作でした!

ボンドガールも近年で1番好きです!

ただ、スペクターという組織の破壊力や支配力はよくわかったのですが、オーベルハウザー自体が小物っぽくて、そこがなんとも…笑。

まぁ、Mの殺さないが選べるのがスパイ。という一言に尽きるのではないでしょうか。

ああ、楽しかったです!!