007 スペクターの作品情報・感想・評価・動画配信

007 スペクター2015年製作の映画)

Spectre

上映日:2015年12月04日

製作国:

上映時間:148分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「007 スペクター」に投稿された感想・評価

メキシコでのオープニングから始まり色んな場所のロケが豪華で金使ってるなーという印象。アクションシーンがすごいのは毎作のことでよくネタがつきないなーと感心します。以前のOO7との違いはすべての話が繋がっていることなんですね。面白い試みでまとめて録画して正解でした。Mrホワイトが何者かは覚えてなかったけど。
s

sの感想・評価

-
強い女は好き
レアセドゥに見惚れる
Qよすぎる

クリストフヴァルツ怖いな
雪崩の事故
ドリルも怖い
アラーム音が大きい腕時計
ひがさ

ひがさの感想・評価

3.6
面白かったけど印象に残る場面はなかったです。弾が装填されていなかった場面はクスッと笑いました。贅沢な娯楽アクション映画。
マサト

マサトの感想・評価

4.3
前作スカイフォールの続き。
スペクターのボスがまさか
兄弟とは思いもしなかった。
なぜ、ボンドがスキー等の
ウインタースポーツが得意なのか
ちゃんと伏線を回収してきた。
一言で言って素晴らしい。
Cohei

Coheiの感想・評価

3.8
回を重ねるごとに
情緒的なシーンがふえてゆくような気がして
目を逸らさずにすむ…

最新のアストンマーティンがもっと観たかったけれど、ボンドの紳士さに惚れ惚れ…
相変わらずかっこいいダニエル・クレイグの007、4作品目です。アクションがかっこいいのは勿論なこと、今作ではそれに加えオシャレな要素が多く見受けられました。果たしてボンドはボンドガールのマドレーヌを守り切ることができるのでしょうか。
sorakara

sorakaraの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

「死者の日パレード」inメキシコ。
エキストラの数といい、すごい大規模な撮影で圧巻✨✨
民衆の頭上で、ヘリの空中アクションも見どころ。
これまでの始まり方の中で一番好きかも。

雪山のてっぺんにある診療所、素敵。
ゴンドラで敵に挟まれピンチのQ、意外と素早い動きでやるなーと思った。
ボンドに時計をくれる場面も好き。

悪人が集う宮殿の会議室で、ボスの顔が暗くて見えないのが不気味。
やがて見えた笑顔が、イングロリアスのランダ大佐だったので仰天(◎_◎;)ギヤ--‼︎

砂漠の真ん中の基地でも、妙にゆったり迎えられるの怖い。
ヴァルツさんの、微笑みながらじわじわ締め上げてくるあの感じが恐怖。
相変わらずの存在感だね。

後任のMやマネーペニー、Qと協力して動く場面も良かったし、ボンドの過去もさらに明らかになって、最後まで面白かった。

色んなものが隅々まで豪華でオシャレ。自然の風景や街並みも美しく、映像だけでも観てて飽きない。かなり良い✨✨

ボンドガールのレア・セドゥは、不思議な魅力があって好きな女優さんです。

ラストは、これでシリーズ終わっちゃってもいいってくらい良い終わり方だった(^-^)

いよいよ次回作でダニエル・ボンドも最後だなぁ。
どんな展開になるのか楽しみ✨✨
かほ

かほの感想・評価

4.8
世界観がおしゃれ
今まで観たことある殺し屋の映画の中で1番美しい
R

Rの感想・評価

3.9
最初からクライマックス。
空から舞い降りるボンド様があまりにもスマートすぎて笑っちゃった。今作大健闘のQもすごく良かった。
クレイグボンドシリーズずっと観てたい。

このレビューはネタバレを含みます

・ボンド、メキシコの死者の祭りで部屋につれこんだ女を残して仕事開始
・爆破テロ計画中の悪人を殺し損ね、ビルを破壊しながら逃げる悪人を追う
・ヘリを呼ぶがボンドも一緒に乗り込み、格闘の末、指輪を奪って落として殺害

・本部に戻るとMから怒られ定職処分、任務外の大暴れだった模様
・組織再編でCという男が上司に。00部門は時代遅れという思想の持ち主、9カ国連合の情報網を構築する狙い
・マネーペニーが家にくる、実は生前のMからある男の殺害を依頼されておりその任務中だった
・マネーペニーに調査を頼む、部屋にMから譲り受けた犬の置物
・マネーペニーが持ってきたスカイフォールの箱の中にボンドの子供の頃の写真、さらにもう一人少年が写っていた

・タナーがボンドをQの新オフィスへ連れて行く。位置を特定できる注射をやらされる。かっくいい車ではなく時計を手渡される。
・Qに48時間は自由にできるようにしてもらう、マネーペニーに携帯を渡し、ボンドは009に渡すはずの車をパクる

・Mから言われていた葬儀に出席
・生命保険販売員に扮して未亡人と言葉を交わす
・未亡人殺されそうになるがボンドが防ぐ、夫が殺されたから自分が殺されるとのこと。青白い王の情報をいつものやり口で聞き出す、盟友のフィリックスに未亡人の保護を依頼
・情報を聞き出した組織の会合の場所に行く、指輪をしてれば通れる模様、かなりの悪の組織
・ボスであるオーベルハウザーにボンドの存在がバレる、脱出、デカ男に追われる
・マネーペニー、クォンタムのミスターホワイトが関わっていたと判明、オーベルハウザーは死んでいたらしい
・ボンド華麗に車から脱出、追っ手を巻く

・ボンドがロンドンにいるかMが確認、Qは嘘をついて守る、ボンドはオーストリアのホワイトの家に押し入る。女子供まで巻きこむテロ組織に変わってしまったので組織を辞めたと。自分も殺されかけている。娘を人質にされてるので話せない。
・娘を救ってくれという約束をしてボンドの銃で自殺

・Mは庇い気味に、殺しのライセンスは同時に殺さないライセンスでもある
・Cにボンドとマネーペニーの会話を盗聴されていた、部下を制御できてないと
・ボンドはホワイトの娘のマドレーヌに接触、父の死を伝えアメリカンを探すと
・Q到着、帰国の説得をしにきたが逆に調べごとをたのんでキレられる
・マドレーヌがデカ男に拉致られる、ボンド飛行機で追う、Q追われて逃げる、マドレーヌ救うがデカ男まだ生きてる
・Qの調査でオーベルハウザーが生きており一連の事件の首謀者なことが判明。今までの敵はみなメンバー。スペクターという組織名だとマドレーヌから教わる

・アメリカンホテルに到着。マドレーヌは毎年親とこのホテルに来ていた
・ネズミの穴からホテルの隠し部屋を見つける
・ヴェスパーの尋問というビデオを見つける
・衛星電話で誰かを追っていてその始末をボンドに任せたと推測。マドレーヌもやる気

・ロンドンではダブルオー部門の閉鎖が決定。M、部下に手を出すな言っても無駄やで、、
・マドレーヌといい感じに電車内で酒を飲んでいたら大男の襲撃
・マドレーヌ銃で応戦、勝利後いつもの展開に
・砂漠のど真ん中で降りる
・車の迎えが来る、スペクターの基地に向かう
・部屋にはボンドの幼少期の写真、少年がもう一人
・オーベルハウザーは世界の情報を集めている。実はCもオーベルハウザーの手下、マドレーヌ父の死亡シーンを見せる
・針で拷問される、ボンド少年を育てたのはオーベルハウザーの父親、父がボンドのほうを贔屓していたので恨みで父を殺した、ボンドも個人的な恨みで殺そうと
・時計爆弾で脱出!基地爆破して逃走、結構しょぼい基地だった

・ロンドン、M、Q、タナーが隠し部屋へ。ボンドと合流。Cを止める作戦に
・道中ボンド拉致られる。袋かぶされたまま敵二人を殺してつれてこられたのは元mi6本部
・MとQがCのオフィスへ潜入しシステムシャットダウン、銃の弾抜いておいてやりよる
・オーベルハウザー生きていてマドレーヌを拉致ったと、3分で脱出できないと爆死
・Qはシステムのハックに成功、C落下死
・本部崩壊、ボンド船で脱出、普通の銃でヘリ落とす!ざまあー タイーホ
・ボンドスパイを辞めてマドレーヌとどこかへ


ちょっと最後駆け足な感じしたけど、今作はマロリーやQ、タナー、マネーペニーとのチーム戦な感じが出ていてそこはよかったな。フィリックスも出してくれや!オーベルハウザーの動機がただの私怨というのはなんだかなーというか前作もMに復讐したくてボンド恨んでたヤツがボスだったし悪いヤツはねじまがってますな。Cの小物感はひどかった、動機も浅かったなー
ホワイトがヴェスパーを殺さずボンドを引き渡す約束で助けた、ってのは今作のホワイトの語りで腑に落ちた。あれ都合よすぎるなと思ってたが、女子供には手をあげないという悪なりのポリシーがあったわけだな。なんだかんだクレイグボンドはヒューマンドラマなのよね
>|

あなたにおすすめの記事