しょうた

ジャージー・ボーイズのしょうたのレビュー・感想・評価

ジャージー・ボーイズ(2014年製作の映画)
3.5
イーストウッド監督が有名ミュージカルをどう映画化するか…ナレーションから始まった時つまらない予感が走りましたが、テンポ良い物語と素晴らしい音楽で飽きずに楽しく観れました。

バンドの結成秘話、名曲の誕生、栄光と挫折と興味とドラマは描いてるけど…コンパクトになってるのか人間ドラマに厚みが足りない。
それでもナレーションでの物語展開、ミュージカル演出と細かいアイディアが光ってる。
ラストの終わり方も素晴らしい。思わず歌いたくなる。

クリストファーウォーケンを主演さしたのは憎い。
この俳優は役にハマるとバシッと映像が引き締まる。