ジャージー・ボーイズの作品情報・感想・評価

「ジャージー・ボーイズ」に投稿された感想・評価

y

yの感想・評価

4.3
音楽でしっかり魅せてくれたし、4人の心の葛藤もしっかり伝わってきて派手さは無いけど凄く丁寧な作品だと思った!
ニックの存在感のくだり好き(笑)
チエ

チエの感想・評価

3.7
この作品も実話と知り鑑賞。
聴き覚えのある曲と共に愉しめた!
本場NYで舞台鑑賞して、日本でも舞台鑑賞

からの映画鑑賞!

哀愁漂っていい映画です
山陸

山陸の感想・評価

3.5
予備知識ゼロで見たから創作かと思ったけど、え、この曲聞いたことあるってなって調べたら実在のグループの話だった。
歌ってるシーン以外はだいたい喧嘩してるので退屈になってきます。登場人物も多くて覚えられませんでした。曲はもちろん良かったです。can't take my eyes off youと最後の演出で少し評価が上がりました。
本筋とは関係ありませんが、シナトラの名前がよく出ていたのでやっぱりシナトラは偉大だったんだなぁと感じました。
orangeBB

orangeBBの感想・評価

3.1
ザ・フォー・シーズンズを知らない世代でも、「あ!この曲知ってる!!」と発見できる曲がある!!

そして、フランキーの声が超魅力的!!
ogi

ogiの感想・評価

4.4
ビートルズ以前では最も人気があったと評される、1960年代を中心に活躍した実在のスーパーグループ「ザ・フォー・シーズンズ」の物語‼︎

とっても良かったです、、劇場で観たい作品ですねヽ(´o`;
しかもクリント映画じゃないですか⁉︎
136分によくまとめたなぁ思います。

ニュージャージー州、イタリア系移民の多い街で育った若者たちのサクセスストーリー‼︎
よく見かけるコピーかも知れないですが、
スーパーグループの結成に至るまで、その後の栄光と挫折、そして再会…
でも遅れながらも観れて良かったなぁ‼︎

誰が口走った一言も歌詞になる、、
だからその瞬間を逃さない‼︎
大人の女は泣かない…🎵

契約書はこれだっ🤝
カッコいい〜😙

このグループの存在は知らなかったですが、、
代表曲「♬シェリー」のほかに、聴いてびっくりしましたが、、おそらく世界中の多くの人が聴いたことのある曲
「♬Can't Take My Eyes Off You」
=邦題「君の瞳に恋してる」
誕生の背景には、こんなに悲しく愛情の深い実話があったんだと感慨深さを覚えました( ; ; )
世界中でカバーされてる曲はこのグループによって世に出されていたんですね。

vocal:フランキー・ヴァリ
よく乗り越え、よく頑張った‼︎

music:ボブ・ゴーディオ
君はとても優しくて、才能豊かな素晴らしい男だ‼︎

guitar:トミー・デヴィート
悪い奴だけどいい奴だ、最後くらい許す‼︎

base:ニック:マッシ
たくましいけど寂しがり屋、でも優しい男だ‼︎

クリントさん、地味に実娘を出演させてるみたいですね(後妻の娘⁉︎みたいです)

街灯の下の4人、ジャケ写の重みが最後に伝わってきます( ; ; )
彼らが夢に向かって駆け出す頃、そして名曲が生まれる瞬間、、美しいです(ノ_<)

仲間との軋轢、家庭崩壊、大大借金問題などなど、多くの問題も抱えたスーパーグループ「フォー・シーズンズ」
その存在を知らない人も楽しめる映画ですが、グループと代表曲を少しだけググってから観ることをおすすめします^ ^
But if you feel like I feel
でももし君が僕と同じ気持ちだったら
Please let me know that is real
これは現実だって分からせて
You're just too good to be true
君は信じられないくらい素敵
I can't take my eyes off you
君から目が離せないよ


こんな歌をあんな風に見つめて歌われたらうっとりしてしまう〜
自分の中で共感できる部分が少なくて、あまり心境について見えないところが多かったけど、最後につれて音楽がたのしくなったかんじ
Bar

Barの感想・評価

3.9
前半はなんだかやんちゃなアメリカ兄ちゃんやな〜
って感じで男心ワカラナイのぅ〜(ポップコーンはむはむ)状態でした。

それが後半の親子パートでぎゅっと心を引き込まれる。
君の瞳に恋してるの制作の裏側にあんな背景があったなんて、、なんて曲なんだ。
この映画を見てからはこの曲を聴くときは必ずこの映画を思い出してしまう。
クリント・イーストウッドの特徴である、淡々とした語り口が見事に冴え渡っている。

失敗も成功、そしてまた失敗、音楽業界の生々しい浮き沈みとイーストウッドの作風がジャストマッチ。

歌がいい。名曲がいくつもある。ストーリーも良い。説明の必要な部分はもうキャラクターに喋らせちゃう。効率良くて素敵。

たしかにそこには古き良き時代があって、フォー・シーズンスと共に時代を駆けたイーストウッドだからこそ描ける、思いやりにあふれた名作
>|