CAP

はじまりのうたのCAPのレビュー・感想・評価

はじまりのうた(2013年製作の映画)
4.2
さまよう星たち

素敵な爽やかさが鑑賞後に残った映画でした。

グレタとダンの2人の主人公がそれぞれ深い心の傷がある状態から音楽を通して再生していくお話。

その時その時の主人公達の気持ちと歌がマッチして感情移入しやすいし、それがインパクトを残してくれた。

発想も素敵でNYの町中でのPV撮影はホントよかった。
実際に売られてほしいレベル。
(サウンドトラックは買うはず。)

1番印象的なシーンは留守番電話に歌を残したこと。その時の歌詞が相手に対して突き刺さるのがビシビシ伝わった。

久しぶりにいい話の映画を見ました。しばらくはこのサウンドトラックを勉強ソングに当てれそうです笑