「はじまりのうた」に投稿された感想・評価

娘のバイオレットのギター演奏シーン、鳥肌立った。
この映画、楽しめたー。
音楽って素敵。


人にはそれぞれの価値観があり、
決して同じの人はいない。
その中でどうやってバランスを取っていくのか、
どうやって自分らしく生きていくのか、
考えさせられたストーリーでした。


歌上手いと思ったらマルーン5のボーカルの人でした、納得!
すごくよかった
どの家も内装がかわいい
グレタの服もかわいい
面白かった〜。
周りの評判も高くて、とりあえず借りてみたけど、満足。
意外に淡々とストーリーは進んでいくんかな、とも思ったけど、そんなことはなくて、ほっこりする作品だったなぁ。

キーラナイトレイの歌が透き通ってて、目をつぶって聞いときたいくらい癒される。
「なんで人のことばかり気にするの?」

周りから見放されつつある落ち目のプロデューサーのマーク・ラファロと傷付き、純粋な音楽を作るキーラ・ナイトレイ。恋よりも、友情がすごく良く描かれていた気がする。一緒に音楽を聴きながら夜の街を散歩するシーンがすき。

シーンごとに感情がしっかりのった曲が使われてて、感情移入せずにはいられなかった。売れるための曲、自分が作りたい曲どっちにも良さはあるんだと思うけどね

でも最初の生活は私だったら絶対嫌だな。一緒にやるわけでもなく、中途半端な状態だったし。それに甘んじていられたのは、彼氏を愛してたからなんだろうけど自分のやりたいことではなかったはず。

街での録音は思わず笑ってしまうほど良かった。
お互いに、痒いところに手が届かなくて悩んでる部分に、ヒントを提供しあってて
屋外や路上、日常音を取り入れる所が素晴らしく好き
はじまりというか再生の話。
劇中の歌が全部良い曲。
サントラ欲しい。
>|