はじまりのうたの作品情報・感想・評価・動画配信

はじまりのうた2013年製作の映画)

Begin Again

上映日:2015年02月07日

製作国:

上映時間:104分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「はじまりのうた」に投稿された感想・評価

前々から見たい見たいと思ってたやつ。
勇気が出ましたありがとう。
キーラナイトレイの素朴さが最高。
マークラファロはハルク見慣れたせいで初めは抵抗あったけど適役だった。
音楽作り上げるってこういうことなんだなー。みんなの楽しさが伝わってきて自然と笑顔になれました。
音楽の魅力と可能性をすごく丁寧に表現している映画だった。起承転結が、全部音楽で進んでく。手段も音楽、物語も音楽。

音楽は人をつなぐもの、
音楽は時に人を割くもの、
音楽は人を映すもの、
音楽は誰のもの?、
音楽はあなたのもの?、
音楽は………
みたいな映画!笑

物語はゆっくりと進む
役者の芝居も全員ナチュラル
機微を自然に感じ取る映画でした
ぐはっ

ぐはっの感想・評価

4.2
クラブでイヤホンしながらダンスするシーンが良かった。

音楽は魔法で何もない日常が輝いて見える。
ジョンカーニー監督作品。
歌と音楽がストーリーを何倍にも
分かりやすく、受け入れやすくしてくれます。
キーラナイトレイの
クールとキュートが両方見れて
コスパ良し。
マークラファロは
弱味と優しげを併せ持つタイプの
ポジションどりが上手いと思います。
作品ごとに同じような人物に見えるけど
使い分けが絶妙です。

場面が明らかになるにつれ、
同じ曲でも違った聞こえ方、見え方になり
視覚と聴覚のマッチングの食べ合わせを堪能することができます。
恋愛映画かと思って食わず嫌いしていましたが、
人生のどん底に落ちた男女が
音楽を通して互いを刺激しあい、
再起をかけるバディものと言えるかも?
互いにとってそれぞれの存在が再起のチャンス、ってベタっぽいけど難しい仕掛け。


決別を曲にしたり、
家族の新たな姿を知ることができたり、
音楽が人に及ぼす可能性の広さを
教えてくれます。
作曲の変化によって色気の移ろいを感じ取ってしまうのはすごい…
こすも

こすもの感想・評価

4.0
月曜が嫌だなと現実逃避したくてAmazonプライム眺めていたら何となく目に留まって視聴してみました。
恋人に裏切られたシンガーソングライターをキーラ・ナイトレイ、落ちぶれた音楽プロデューサーをマーク・ラファロ、その娘をヘイリー・スタインフェルドが演じているという豪華キャスト。
ストーリーはありきたりなんだけど、俳優陣の演技力で見せてくれる作品でした。
また、後半には音楽制作現場の熱気あるシーンが多くあって、音楽を作り上げていくカタルシスを味わえるのも良かったです。
Shun

Shunの感想・評価

4.4
原題BeginAgain
邦題のはじまりのうたのほうがいいな


マーク・ラファロ演じる落ち目の音楽プロデューサーのダンと、キーラ・ナイトレイ演じる失恋して途方に暮れたシンガソングライターのグレタの人生のリベンジを描く音楽映画


とても暖かくて、切なくて、音楽っていいなって思える映画だった
マーク・ラファロとかキーラ・ナイトレイ、バンブルビーの主人公ヘイリースタンフィールドとかみんなめっちゃよかった!
マルーン5のアダムレビーンも最高


マルーン5は高校生のときよく聞いてて、Sugarとか大好きだったからLOSTSTAR聞いた時は鳥肌たった
もう1回マルーン5にハマりそう


ダン視点で最初にグレタの歌を聞いてるシーンが好き
楽器が動き出してメロディを奏でてる表現が素敵だった


キーラ・ナイトレイも美人だし歌うまいし最強かよ
歌を送り付けるのは強い


ダンと出会ったときの歌がはじまりのうたなんだろうけど、LOSTSTARとかもある意味はじまりのうたかもなとかいろいろ考えちゃって夜も寝れない
シュン

シュンの感想・評価

3.2
NYを舞台に落ちぶれたプロデューサーと失恋した女性がアルバムを製作していくヒューマンドラマ『はじまりのうた』

綺麗な音楽とお洒落なNYの街並みだけでも充分に楽しめるため、1時間45分があっという間。

それだけに、やや物足りない感じも。

マルーン5のアダム・レブィーンの歌声はやっぱり綺麗。
daradara

daradaraの感想・評価

3.6
寝落ちするのが気持ち良い映画。

ほとんどの場面で音楽が鳴っていたような。

冒頭のライブバーに向かって、それぞれの視点から語られるシークエンスがたまらなく良い。

それらが合流する度、その空間の密度が高まっていく。

マルーン5も好きだったので、それも良かったです。
taka

takaの感想・評価

3.9
「平凡な風景が意味のあるものに変わる ~ 音楽でね」というセリフがまさにこの映画のことを言ってると思う。夜の街を散歩したくなるような映画。
なんかすごい好きな雰囲気だなぁと思って調べたら「モダンラブ」の監督の作品だった。そりゃ好きだわ。
F

Fの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

2度目の鑑賞
お互い絶望していたが奇跡の出会いと最高の歌のおかげで2人はもちろん周りの人々も巻き込み最高の始まりを見せた。
音楽っていいなと改めて思ったし、パートナーを裏切ることはだめ。
信じて突き進めばなんかやれそうな気がしてきた
キーラナイトレイも最後は吹っ切れてた。
>|