ゆっぴ

マイ・インターンのゆっぴのレビュー・感想・評価

マイ・インターン(2015年製作の映画)
4.1
完全に好み!自分はプラダを着た悪魔を頑張ろうって思った時に観るけれど、今作もそんな予感。きっとこれから何回も観たい作品の一つになるだろうと確信。

プラダを着た悪魔とは全く異なるけれど、鉄の女だった編集長と比べたらアンハサウェイ演じるジュールズは確かにストイックであるけれど、年代が部下と近いからか積極的に部下の意見を取り入れようとしている辺りが、今の若い人がリーダーをする企業の特徴として近いのかな〜と思った。インスタグラムでのいいねの数やフェイスブックなどに注目している辺り、今の時代を映している。
と同時に、ママ友がジュールズというバリバリに働くキャリアウーマンに対しての嫌味っぽさは現在もまだまだ無くならない。リアルな社会。
そんな心労が計り知れないジュールズの元にやってきたのが70歳のインターン、新人であるベン。
もうこのベンが最高に紳士だしユニークだし可愛い。
私の勝手なイメージだとプーさんみたいな、テディベアみたいな可愛さ!
クラシカルな紳士であり、いつも仕立てのいいスーツと廃盤になったかっこいいカバン。
現役復帰だ、とインターン初日に呟く台詞が最高にかっこいい。そう、彼の言う言葉の一つ一つが良い。いつも周りの人が言って欲しいときに、言って欲しいことを言ってくれる。
中々出来ないし、こんな引き出しが欲しい。わたしが70歳になったとき、というよりこれからそうなれるよう、こんな歳の重ね方が出来たらいいなと思いました。ハンカチのくだりとかも、そのものの持つベン独自(ではないかもだけど)の意味が良い。
こういったことは、70歳の様々な経験をしてきたベンにしか出せない言葉と理論。
きっと長い人生の中でいろいろあったと思うけれど、仕事や恋愛などにおいて彼自身でも良いと思える時間を過ごしたんだろうな。
ただほっこりする良い話というだけでなく、笑える場面もすごくあるし、泣ける所もある。
宣伝文句通り、ジュールズに共感したり元気を貰える女性がこれからたくさん増えていくのではないだろうか。デトックスムービーが増えました。