TAKASHI

ドラゴンボールZ 復活の「F」のTAKASHIのレビュー・感想・評価

3.2
こちらもDVDにて再鑑賞。
マキシマムザホルモンの『F』が劇中歌として使われており、フリーザを意識した曲ともあり、かなりマッチしていると思います。

しかし、許可なくよくここまでの歌詞を書いたなぁとマキシマムザホルモンのチャレンジ精神に感服です。結果的に今回の劇中歌として使われ、フリーザ復活のシーンで流れましたね。すごいです。


復活フリーザと悟空の初対峙シーンで、フリーザに『スーパーサイヤ人にならなくてもいいのか』と言われ悟空の返した台詞がかっこよすぎる…『今じゃそこまでなんなくてもいいんだよ…』

悟空とフリーザ、夢の対決が実現したのはいいんですが。
以前の神と神よりもさらに、ツッコミどころが増えてるなぁという感じです。
ネタ的に楽しめるので、見た人の感じ方に大きく左右されると思います。
戦闘シーンが結構多くて、作画気合い入ってるな!という印象。


総合的な感想を述べると、ぼちぼちといったところ。
何かもっと、ドラゴンボール特有の熱い何かを投げかけてくれたらいいのになぁーとか考えてるウチに映画が終わっちゃいました。

無邪気な子供の頃見てたアニメや映画を大人になってみたときに、こんなメッセージが!こんなテーマが!となるような作品をドラゴンボールで作ってくれたらいいのになぁと思う