久保田汰壱郎

クリムゾン・ピークの久保田汰壱郎のレビュー・感想・評価

クリムゾン・ピーク(2015年製作の映画)
-
観た。赤い映画だからといって3倍怖いわけではないです。
幽霊が見えちゃう主人公が惚れてついてきてしまったのは赤い大地に建つ廃墟のようなお屋敷。そこで起こるは亭主とその姉の謎の行動とここでも見えてしまう幽霊は彼女に何を伝えたいのか?
しかし幽霊だからってあんな姿カタチで出て来なくても、脅かさなくても良いじゃないか。あなた達もっとフレンドリーにはいかんのか。恨みつらみがそうさせるのか。そこが日本と西洋との幽霊にたいするアプローチの違いなのかしらん。
パシフィックリムで活躍した顔が見られたのは良かったな。
犬ちゃんは使用人に大事にされてるといいな。