ayumi

キャロルのayumiのレビュー・感想・評価

キャロル(2015年製作の映画)
4.2
1950年代、劇中で同性愛が病気扱いされていた事が描かれていますが、そんな時代に2人の女性が惹かれあっていく姿が美しくも切ない。全体的にゆったりとしたテンポでじっくりと映像美が楽しめます。前半は少し眠くなってしまったのですが、、

ハンサムなケイト・ブランシェットに、子犬のようなルーニー・マーラ、それぞれが魅力的でよかったなぁ。細部まで計算された色彩美も含め絵画のような作品でした。

filmarks試写会