キャロルの作品情報・感想・評価

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

「キャロル」に投稿された感想・評価

HanaNakano

HanaNakanoの感想・評価

2.7
あんまり共感も同情もできなかった
キャロルの目力すごかった
ellie

ellieの感想・評価

4.0
美しすぎる大人の映画。
ケイト・ブランシェットの美しさとルーニー・マーラの可憐さにはじめから終わりまで目が離せない。
一目で恋に落ちる、という、台詞のないシチュエーションがここまで品よく饒舌に伝わる映画を観たことがない。しかも、単なる外見の要素だけでなく、混濁した生身の人らしさを言葉少なに見せながらも、滲み出る妖艶さと気高さでテレーザの心を鷲掴みして離さない、キャロルという人となりを演じきったケイトの演技に脱帽。
冒頭の、キャロルの発する「天使みたい」という台詞の破壊力。
ルーニー・マーラもまた、歳上の女性に翻弄されつつも凛とした美しさを最後まで失わない、この言葉通りのテレーザという一人の女性をうまく体現していた。
性愛や人が出合い心を通じ合わせるある一定期間の衝動を越えて、永遠とも言える間柄をこれだけのスパンとシンプルさで描き、余韻まで残すとは恐れ入る。
最後の「愛してる」というキャロルの言葉を、こんなにも感動して聞くことになるとは思わなかった。とにかく、素晴らしいの一言。
hi9

hi9の感想・評価

-
ただのレズビアン映画として、綺麗なとこだけとって非現実的にまとめてないのが良かった。
ファッションや表情などすごく可愛くて、音楽も良かった。好きです
ケイトブランシェットが美しすぎて、無垢なテレーズの後半のひたむきさが刺さりまくってめちゃくちゃ泣いた 台詞ではあまり語られないのに眼で目線で語る言葉の多さよ……お、終わり方もめちゃくちゃ好き………
議題に上がる同性愛を病気と捉える日本は、今後思考・法律・憲法も変わらないと思う。性差別が無ければ肩身が狭いと感じる人が減って、良い世の中になるはず。でも、変えることは難しい。
性はあるべきなのか考えさせられる映画だった。
ケイトブランシェットは美しく、マーラーカイルはキュート。ピュアなラブストーリー。
aaa

aaaの感想・評価

3.8
最初のシーンから始まり、少しづつ2人の関係性が変化していく。
個人的にはラストが好き。
2人がとにかく美しく終始夢中で見てた
男女のラブストーリー以上に心残るものが....
内容、色、音楽全て好みだった
kimi

kimiの感想・評価

3.5
内容は淡々としていてあまり覚えてないけど、あの時代とファッションと、素敵だったなあ
かとう

かとうの感想・評価

3.6
いやキャロル美しすぎかよ、、、
って感じ
話し方とかタバコの吸い方とかハンドルさばきとか女性の美しさたるやって感じ
細かいことはよくわかりませんが、ただ美しいです
Peter

Peterの感想・評価

3.2
禁忌だからこそ、美しく純粋なものに見えるのかもしれない。多く語らないラストシーンがただ好き。
>|