キャロルの作品情報・感想・評価

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

tamaken

tamakenの感想・評価

3.8
社会的な境遇も大きく異なる2人。障害が大きければ大きいほど盛り上がる典型的なメロドラマと言ってしまえばそれまでだが、2人の存在感がそれを単なるメロドラマに終わらせず、作品に魅力を湛えさせている。

ケイト・ブランシェット演じるキャロルは優雅で強い大人の女性、ルーニー・マーラ演じるテレーズはまるで少年のような無垢な女性であるが、その外面とは異なる内面の描写は、この作品に深みをもたらしている。

そして何よりもカメラワークが秀逸だ。敢えて16mmフィルムで撮影したという画面の質感は舞台の1950年代を引き立てる。

それにしても「ドラゴンタトゥーの女」のリスベットを演じていたのが、ルーニー・マーラとは。とても同一人物とは思えない。
Noel

Noelの感想・評価

4.0
ドラゴンタトゥーの女と同じ女優さんだとは。。
所々好きなシーンがあった。
kanako

kanakoの感想・評価

4.0
綺麗な映画だった〜〜
ドキドキしました。
上手く言えないけれど、2人の間に流れる空気がとてもよく表現されていると思いました。
ケイト・ブランシェットはさすがだしルーニー・マーラも素晴らしい。
sae

saeの感想・評価

3.1
うーん、思ってたのとちょっと違ったかなという感じ。

同性愛を描いたものにしてはわりと全体的に自然体だったのは良い。

でも衣装とルーニー・マーラがひたすら可愛くて飽きなかった。

キャロルが乗ってた車がとてもお洒落で免許持ってないけど運転するならあの色の車欲しいと思うほどだった。

このレビューはネタバレを含みます

記録

ただただ美しい、art。

ケイトにしか出来ない役柄で、唯一無二の存在感が全てを支配してる
誘い方とか仕草とかも含め全てが洗練されてる

言葉にするよりもただ浸るための映画だけどここはあえて。

キャロルは強い女性で、同時に脆くもある。それは娘を何よりも愛しているからこそで、自分にとって何が良いかは分からないけど娘にとってならすぐに分かると言い切れるほど。
自由な彼女にとって支配的な夫はさぞ苦痛だっただろうなぁ、、飾り物でいるのも。
本当の自分に素直で、偽りの生き方には息が詰まる。
全てバレた後車の中で自分を責めるテレーズに対する大人の包容力

所々、キャロルが男性的な振る舞いをする・強者に立つところに比較してテレーズの流され誘惑される側としての立場や恋愛の客体者であるところが表現され、そこから徐々に対等になる恋愛において与え合う様になるまでが描かれてる。

テレーズはひたすらピュアで若くて逆らえない魅力の前にある種洗脳状態に陥ってる。キャロルが彼女を気に入ったのはそのピュアさもさることながら娘に似てるからとも取れるのでは?
リチャードとの会話で、本当に突然恋に落ちたことが分かる。
後半、全て受け入れてされるがままのテレーズが自分の意思を持って選択するようになったことが表現されていて、2人の立場が対等に近付いたからこそこれからも2人は上手くいくだろうなって予感させる。

パーティで別の女の子に出会ってもイマイチピンとこないテレーズ、キャロルだったからなんだとしたら本当に性別とかじゃなくてその人そのものを愛せたってこと。


本当に、L系の映画はまだまだこれからだと思うけどこの時点でこんなに美しいものを撮ってしまって大丈夫なんだろうか、笑美しさが全てではないし愛に幻想を抱くのは良くないけどね
tmhrsn

tmhrsnの感想・評価

3.5
映像や音楽が美しく、女性のファッションや髪型が綺麗で素敵な映画だった。

だが内容は理解が難しかった。
恋については、同性・異性かかわらず、思いやりって何、と思ってしまった。
焦らされた。でも少しずつ少しずつ二人が距離を縮めて行く感じが良かった。ドキドキした。お互いにタイプの違う美しい女性が惹かれ合うのは見てて気持ちいい。自分も美しくなった気になれる。時代感も季節感も良かったので見入った。

一目惚れ気質な私は、好きになった人がアクションを起こして来てくれて、しかもお互いに気持ちが一緒なんてミラクル映画でしか目の当たりに出来ないなぁ。なって思ったり。しかも同性で!異性で普通に恋愛に発展するのより、はるかに難しいんだろうなあって。

最後の終わり方もよかった。
キャロルの仕草とか、後髪のウェーブの左右の感じが美しくてとてもよかった。
何度見ても泣いてしまう、あんなに美しいラブシーン他に見た事ない
ルーニーマーラの可愛さがとにかく光る。
要するにレズをテーマとしているが、2人の旅の中での成長、家族との絆とかその辺がおもしろい。
50年代のアメリカ舞台っぽくて世界観がおしゃんやった。
みやも

みやもの感想・評価

4.2
一つ一つのシーンの画に、音に、どんどん惹き込まれていってちょっとずつ小休止しつつ観た。笑
>|