キャロルの作品情報・感想・評価

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

もも

ももの感想・評価

4.5
どこかの記事で『レズビアンが選ぶおすすめの映画一位』って書いてあったけど、納得。女性同士の恋愛の美しさに感動した。
心情も繊細に表現されていて、感情移入してしまった。
50年代のおしゃれで上品な雰囲気が素敵で憧れた。
ケイト・ブランシェットの妖艶さはもちろん、ルーニー・マーラの可愛さと美しさに惚れた。

このレビューはネタバレを含みます

キャロルの様な女性に憧れるのは分かる気がする。でもキャロルはテレーザのどこに惚れたのかな。天使みたいって言ってたけど、あどけない才能が出てくる前の原石みたいな純粋さなのかな。
自分が同性愛者ということを認めるのってすごい時間がかかりそう、そこら辺のテレーザはあんまり描写がなかったけど、どうなのかな…

自分でメニューも決められないって言ってたテレーザが、キャロルとの旅に即決で行くわって答えたところが印象的だった。

とにかく綺麗な映画でした。
めい

めいの感想・評価

3.7
最後の行動だけが、テレーズが唯一自分で下した決断なのかなと思いました
美しかった
#2016-120
2016年はキャロルとブルックリンだけでお釣りが来る年だった。
あまりのその美しさに呑み込まれたし、最後の視線はあまりの美しさに涙が出た。

言葉はいらない。傑作。これぞ名画。
「天から落ちてきた人みたい」という表現がとても印象的。

これはおもちゃ売場のアルバイト店員テレーズがある事がきっかけで美しく謎めいた女キャロルとランチを共にした際に掛けられた言葉。これまで経験したことのない感情を表した言葉だったのか。一方初めてキャロルを見た時のテレーズの様子も電撃が走ったようだった。

裕福な家庭の奥様キャロルと写真や鉄道模型に詳しく服装にも無頓着(私は可愛いなと思いましたが)なテレーズとは異なる世界に身を置いていて決して混ざり合わない者同士に思えますが、運命の悪戯なのか出会うべくして出会ったふたりのよう。お互いが自分に無い部分を無意識に求めあったのでしょうか。ただ二人とも孤独に感じられる部分は共通していた。
ゆったり流れる映画で、主役の女の子が本当に可愛かった…起承転結が激しすぎない所も好き。特にモノローグもないのに、感情の揺れが見てるだけで伝わってきた。
まなみ

まなみの感想・評価

4.2
街並み、車、建物、家具、洋服、メイク、音楽すべてがおしゃれで上品。終始映像に見惚れた。同じくらい、美しい2人の恋愛の映画。同性だからこそ、本当に恋することが何かと考えさせられる。登場する男性陣の、彼女を手に入れたいが為の自己中心さというか傲慢さというかが、女性2人の美しい恋愛を引き立ててもいたけど、結局彼女たちも自分の気持ちのままに周りを振り回してるから どっちもどっち。

2人が旅先で、ホテルの部屋のお洒落な家具に囲まれて、お酒を飲みながらメイクしてじゃれ合うシーンがすき。

終始キャロルの色気がやばい。
ラストシーン、キャロルの魅力に取り憑かれてる感じが若干怖い、色気が怖い。

また改めてゆっくり休日に観たい映画。
Guenky

Guenkyの感想・評価

4.1
もっと難解なものかと勘ぐりながら拝見。
わりと易しく分かりやすい映画でした。

人は変わるというテーマを
絶望や幸せの中で反芻しながらも
変わらないことへの苛立ちや希望に
心打たれる作品でした。

変わろうとも変わらなくとも
許し合うことこそ愛であると
諭された気がします。

なによりも
ケイト・ブランシェットの凄さ。
孤独や焦燥をかかえながらも、仮初めに楽しむことができる大人の姿。
複雑過ぎる心持ちの表出に脱帽しました。
今まで胸が高鳴るような恋をしたことがなかったテレーズがキャロルに恋をして変わって行くんだけど、彼氏が可哀想だよね…
彼氏に対する態度が今までのテレーズ、キャロルにあってからのテレーズ、って対比は分かりやすくてよかったけど。

親権を巡っての席のキャロルはかっこよかった!
yuan

yuanの感想・評価

3.3
どちらの女優も美しい!
同性同士の恋は、当時は特に理解されにくい。
自由なようで自由じゃない。悲しい話。
最後はなんとも言えない感じ。よかったような、、気もする
でも2人を待ち受ける未来は厳しいんだろうなあ。世間の偏見とか。
あんな風に大事に愛されたら、野蛮な男には戻れなくなってしまうな。
対照的は2人の性格やファッションが良かった。
>|