キャロル(2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:118分
    監督
    トッド・ヘインズ
    脚本
    フィリス・ナジー
    キャスト
    ルーニー・マーラ
    ケイト・ブランシェット
    サラ・ポールソン
    カイル・チャンドラー
    キャリー・ブラウンスタイン
    ジェイク・レイシー
    ジョン・マガロ
    ケヴィン・クローリー
    あらすじ
    1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

    「キャロル」に投稿された感想・レビュー

    lgKaoring
    lgKaoringの感想・レビュー
    8時間
    3.3
    どうしてテレーズがキャロルにそこまで惹かれたのか、いまいち理解できなかった。
    だけど、好きになるのって理由はないかも知れない。

    ルーニー・マーラ、「ドラゴン・タトゥーの女」のリスベットとは正反対。
    リスベット大好きだったけど、このルーニーも可憐で儚げでとにかく可愛い!
    好きだ!

    とにかく、お二人もストーリーも美しい映画。
    だいき
    だいきの感想・レビュー
    8時間
    3.5
    大人な女性のケイトブランシェットとまだあどけなさが残るルーニーマーラの対比が印象的だった。
    でも後半の割と積極的なルーニーマーラもあり!
    saori
    saoriの感想・レビュー
    12時間
    3.7
    ふたりとも綺麗。
    meg
    megの感想・レビュー
    14時間
    -
    記録
    さちこ
    さちこの感想・レビュー
    15時間
    3.7
    全てがきれいだった。ケイトブランシェットの優雅で妖艶だけど時々見せる寂しそうな演技すごい
    さめこめちゃん
    さめこめちゃんの感想・レビュー
    15時間
    3.3
    突然にわけもなく惹かれ合う眼差し。
    行動としてらキャロルからのように見えて、まちがえなくテレーザから惹かれたのをテレーザの言葉なくうまく心からあなたを受け入れたのよというキャロルの台詞に落とし込む。視線で語る映画だった。
    yaya
    yayaの感想・レビュー
    20時間
    -
    記録
    gozen
    gozenの感想・レビュー
    22時間
    3.6
    キャロルとテレーズの、微妙ーーな表情づかいが素晴らしかった。
    あとは、カメラの焦点の当て方を参考にしたい。

    同性の者同士の恋を異性に置き換えて想像すると、印象が途端にチープになることが多いが、今回は割とそうでもなかった。
    同性にするだけで関係が美化されて見えるのが、同性愛がまだ困難さを持っているからだとすると、二人の関係を異性に置き換えても価値を損ねられない、そんな作品が出回らない限り、同性愛が一般性を獲得することは出来ないのかもと思う。
    そういう意味で、先端を行く作品だったのかもしれない。(当社比)
    そぴ
    そぴの感想・レビュー
    22時間
    3.5
    共感はできないが、あんな美しい人同士だったら恋に落ちるのも無理はないと思った。
    恋に落ちるのは突然で、本人にしか分からない運命的なものがあるんだろう。

    主人公の女の子がとっても可愛くて見ていて癒された。、
    eri
    eriの感想・レビュー
    1日
    2.3

    このレビューはネタバレを含みます

    流されるままに付き合って、急に旅に出ていくテレーズは少々わがままなのでは…リチャードが可哀想で同情。
    これが男女が逆の立場の話であれば(キャロルの夫が不倫しただとか、リチャードが浮気しただとかであれば)、一転して、非難する人は増えると思う。

    テレーズからの電話を、キャロルが切った後の「I miss you」はとても切なかった。

    ファッション・髪型・メイク・インテリア等、50年代の流行は何もかもが素敵。
    >|