キャロルの作品情報・感想・評価

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

同性愛者ってマイノリティかもしれないけど、常識とか偏見に負けない愛を見つけられてる人たちだと思うから人間としてすごく惹かれる。
アデル、ブルーは熱い色を思い出した。アデル観た時レアセドゥ魅力的すぎてびびったけど、今回のケイトブランシェットもすごく素敵だったな〜

あとは衣装がとても素敵!好き!
CryingWolf

CryingWolfの感想・評価

3.9
ヒトってほんとに大切な人ができると強くなるんだなぁ。
テレーズがキャロルと出会うことによって変化していく姿にすごく共感した。
ストーリー自体はとてもシンプルだけど、1952年のアメリカの雰囲気とか、ふたりの決して言葉の多くないやりとりが魅力的。
最近の映画のBGMのとりあえずアンビエントなピアノ流しときゃいいみたいな風潮、個人的にはこの映画にはあまりマッチしてなかった気がする。
Kamomy

Kamomyの感想・評価

3.8
ケイト・ブランシェットのミステリアスな美しさ、ルーニー・マーラの少しダークな可愛らしさ、どちらも魅力的すぎてしんどかった。(ちなみに私はケイト派)
作品の雰囲気やファッションや美術も好き。

惹かれ合ったのは必然と思ってしまう。よく考えてみると誰も応援できない気がするけど美しく撮るのがうまいと思う。

とにかく観ていて終始ドキドキした。中身は対してないけど雰囲気禁断映画かな。
久々に『クロエ』も観たくなったな。また全然違うタイプではあるけど女性陣が魅力的なのが共通してるんです。
YooMee

YooMeeの感想・評価

3.5
好きな女性アーティストや女優へのリスペクトはあるけど、恋する気持ちは共感できなかった。
なる

なるの感想・評価

4.0
女が惚れる色気を纏う映画。

男性にも女性にも見てほしい。

思わず溜息が出てしまうほどにケイトブランシェットがとにかくエロい。

ベッドシーンに至っては
ケイトブランシェットの少し皺のある肌と
若いルーニーマーラとの肌の、
その対比が美しく、耽美的だった。
花

花の感想・評価

4.8
テレーズを演じるルーニー・マーラが何となくオードリー・ヘップバーンに似てるなぁ〜と思うくらい美形で見とれてしまいました。二人とも美しい女性なので絵になる。キャロルの母親としての葛藤も共感出来ました。
みー

みーの感想・評価

3.8
「大人の恋」な印象。
同じカテゴリーでアデル・ブルー。(こちらも主人公の名前が、タイトルに)
アデルの方が印象に残るというのは確かにそうかもしれないが、キャロルを見るとアデルは若いなーっておもう。
ラストのキャロルの表情は十分に印象的。

赤い糸ってあるような気がした。
PPP

PPPの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

思ったよりゆっくりでピュアなストーリーだった
ルーニーマーラがとにかくかわいい!ケイトのオーラもすごかった、特に最後親権争いで訴えるところは迫力があった
これは悲恋ものかと思いきや、最後少々期待させる演出だったから、結果の持って方がよかった
昨日映画館でみたブレードライナーといいこれといい、ゆっくりと進む映画は眠気と味わい深さが紙一重だなw
じゅん

じゅんの感想・評価

3.3
美しいケイトブランシェット。
可愛らしいルーニーマーラ。
冒頭のシーン最後繋がった時には切なく愛おしい。
>|