キャロルの作品情報・感想・評価

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

「キャロル」に投稿された感想・評価

こういうのをみると
自分もうっかりそっちにいってしまいそうというか、
誰でもいつそうなるか分からないんだなって。
だって女性って落ち着いてて大人で
でも機会を逃さないところが潔いし、
何より本当に美しい。
こういうのにハマりだすと危ないだろうね。
tashikas

tashikasの感想・評価

3.5
前から気になっていたけれど、クリスマスの時期に観ようと、とっておいた映画。

部屋のインテリアも服装も車から見る景色も二人の関係も何もかもが綺麗、そして儚い。クリスマスの描写が、孤独の辛さと共にそれをさらに強く感じさせた。

始まりとラストの繋がり方が印象的
ケイトブランシェットの作品を初めて鑑賞。
溢れ出る気品の高さが演技だとしたら本当にすごい。つまり本当にすごい。
年代のおしゃれさと物語の空気感が妙にマッチしてて引き込まれる作品でした。
Ayaka0227

Ayaka0227の感想・評価

3.2
結構前に映画館で鑑賞。

うーん、「アデルブルーは熱い色」の方が個人的には好きです。

やっぱりキャロルの方が、レズビアン物というより百合物という感じが強いからでしょう。

かわいい妹みたいな女の子を恋愛対象として見るみたいなストーリーでしたが、アデルほどの純愛さは感じませんでした。

ただ、「心に従って生きなければ、人生は無意味よ」というキャロルの台詞だけは心に染みます。
AIKA

AIKAの感想・評価

3.8
クリスマスらしいタイトルに釣られて。NetflixでザッピングしていたときにLGBTのカテゴリーにあったので、これは?と思っていました。私には少し難しいテーマの映画でしたが、映像がとても美しく、BGMもクリスマスらしくてとても好きでした!そしてケイト・ブランシェットの演技もさることながら、ルーニーマーラが美しすぎる!♥️ クリスマスシーズンに観るのがおすすめです。
rabio

rabioの感想・評価

3.7
もうすぐクリスマスですしおすし。
なんといってもヒロイン2人が美しくて、作品を通しての雰囲気が良き。
kurory

kuroryの感想・評価

4.0
メイン2人がどこを切り取っても美しく撮られており、すごく丁寧に作られた映画だなと感じられます。

2人の視線や、肩に手を置くちょっとした仕草、車の中でサンドイッチを分け合うとかそういったちょっとしたシーンからも目が離せません。

何かの片手間ではなく、時間がある時にじっくりとみたい映画!
eririn

eririnの感想・評価

3.9
絵画のような美しさと二人の息をのむ美しさが交錯する。思うがままに愛していいのだ、というキャロルを世界中のファンが賞賛するように、私も愛する。
モモ子

モモ子の感想・評価

3.5
主役二人が本当に美しい。
テレーズの女優は、オードリーヘップバーンを思い出させるような可愛らしさ。
映像も儚くてなんとなく切なかった。
キャロルは娘も旦那も、色々なことを抱えていてその中での葛藤がとても大きいんだろうなと思った。

人に惹かれるのって本当に直感だし理由もないし。「なぜか」惹かれてしまうもの。
まなざしだけで射止められる

彼女たちは何を思っているのか、表情・まなざしから理解しようといつのまにか奮闘していた。
身体の中に自信や熱い思いがあると 人はまなざしだけで間が持つ。 私はよく余計なお喋りをしてしまう、そんなことしなくてもいいのよと思う。
言葉が少ない時、コミュニケーションの核は目と口元の2点かもしれんと思った。

映画を観た後に予告編をもう一度観る。
その通りの予告編だったと思う。
最後の映画タイトルの読み上げがナレーションじゃなく テレーズがキャロルに電話した時の声でブルッとした
>|