キャロルの作品情報・感想・評価

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

ケイトブランシェット美しすぎて
myc

mycの感想・評価

-
ルーニーになりたい
Maple

Mapleの感想・評価

3.0
結構好きかも
yakusoku

yakusokuの感想・評価

3.5
恋愛の話って、どうしてそこまでお互いに夢中になるのかはたから見ていて分からないことがたまにある。
けれどもこの映画ではそういう違和感は全く感じなかった。
誰もキャロルの美しさと気高さには抗えないと思う。

涙をためた瞳でテレーズを見つめるキャロル。そんな顔を見せられたら、キャロルの心がいつか幸せで満ちることをきっとみんなが願ってしまう。
nekop

nekopの感想・評価

2.7
字幕

え、最後これで終わり⁉︎
どっちに転ぶんかなーと観終わった少し考えてしまった。
外人の裸はやっぱり綺麗だと思った。
s

sの感想・評価

4.2
1950年代という設定だけに衣装、車、細かい部分までとても美しく魅力的。ただの雰囲気オシャレ映画じゃなく、ストーリーも芯が有るから最後まで飽きずに観られるのも良かったです。一度だけでは勿体無い、もう一度ゆっくり観たいと思わせてくれる丁寧で上質な映画でした。



個人的な話。テレーズと同じLG(B)Tで、年上の同性と付き合っている事情も有って、色々と突き刺さるシーンが多かったです。
ふぁこ

ふぁこの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

衣装や髪形、街並、室内の壁紙などがお洒落です。本場は良いですね。

女性同士の恋愛を描いていますが、私は人間ドラマ、一人の人生として様々な事を考えました。

自分の居場所がない。一人の人間として、お互いを理解できていない。対話が出来ない。これは、性別云々の前に人間関係として成り立たない問題があると思います。

何か一つの物に執着してしまう。自分だけの物にするのもどうなのかなと。本人はそのつもりはなくても、宝物を皆で分かち合うという姿勢をお互いに見せたら良いのになと考えました。

例えば、最後の方でキャロルが娘を抱っこして室内に入る場面では、夫にも祖父母にも娘の顔を一切見せず、話させずでした。

悲しそうな夫と祖父母の表情からは、娘を自分から離そうとしているのは本当はキャロルなのではないか?と観客に伝えているようです。


最初はキャロルとテレーズを美しいと思っていたけれど、男性や男性の家族の気持ちを考えると複雑な気分になります。

終わり方を明白にしないのも、観客に考えさせるためなのでしょうか。

このレビューはネタバレを含みます

う、美しい。。

※簡単に言うと、色気ある熟女が
可愛い女の子の大人の扉を開けてしまう話。

なのに、
なぜこんなにも品に溢れ、
綺麗に描かれているのだろうか。

所々、人生の本質を突くような
台詞もあり、見惚れたまま
エンディングを迎えていた。

途中何度かあまりの色気に
興奮したことは誰にも言えない。
物語関係ないけど、テレーズの主体性の無さめっちゃ刺さる…
>|