キャロルの作品情報・感想・評価

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

もらん

もらんの感想・評価

5.0
最高でしかなかった。

久しぶりに綺麗な映画を観ました。
台詞が素敵で、英語字幕でもう一回観たいと思った。

たまにある女性同士ならではのシーンが好き。ずっと気を張ってる感じがしたから、そういうシーンのおかげで観ているこっちも2人の愛を感じることができた。

最後の最後まで惹かれ続けた映画でした。
二人のシーンどこを切り取っても儚さがあり、もはや芸術。
この内容で2時間弱もつのはこの二人だからか。
nene

neneの感想・評価

5.0
What a strange girl you are
Flung out of space

音楽
まずはケイト・ブランシェットとルー二ー・マーラの絵面ご馳走さまです。


ケイトが自分を隠してまで生きるなんて存在理由ないわと言ったところが一番シビれた!


タバコやたら吸ってたからちょっと調べるとアメリカでは1920年代から女性へのタバコ広告やってたみたい。40年代には規制もあったらしいけど50年代にはかなりアツく宣伝。1965年の女性の喫煙率は33%くらいで普通に喫煙文化あったんだなと勉強になりました。
yoko45

yoko45の感想・評価

4.4
 音楽が良いです。向き合わなければいけない現実と本当の気持ちとの間の揺れ動きにとても合っていると思います。
 主演の二人がまた魅力あります。
 ブランシェットの視線は投げられたら取り憑かれてしまいそうな力があり、これで肩に手を置かれたら確実に脈が上がります。
 マーラも「天から落ちてきた」ような汚れのない透明感を感じました。
 最後、互いの視線が合うまでの間と二人の表情、記憶に残る素晴らしい場面です。
白クマ

白クマの感想・評価

5.0
2人の女性間の恋愛をいやらしくもなく、いとも簡単に描いてしまう映画。レトロな雰囲気・ファッション・時代背景が、ハマる人にはハマる一作だと思います。メインの2人の女性がとても美しく、また英語も綺麗。
maho

mahoの感想・評価

2.5
時代を反映させたようなざらついた感じの映像はとても印象的。
衣装や小道具も魅力的だった。
キャロルもテレーズもキャラクターはよかったけど、ストーリーには深くは入り込めなかったのが残念。
ぽー

ぽーの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

純愛。最後までみてよかった。
レストランで虚勢を張ってみたものの本当は好きで好きでたまらなかったんだね。

50年代の洋服とか小物とかが可愛い。場面転換とか心情とかかなり音楽を効かせてた。ケイトブランシェットの頭に着けてた奴、コスプレじゃなくて着けてみたい。
すし

すしの感想・評価

4.1
心に正直になることって素敵なことだと思う。自分を偽るのはつらいこと。
女性の知的さ、美しさ、考え方、互いの違う要素に同性でもひかれるのはわかるし、それを超えた愛の形はただその結果であることなんだと思う。
キャストがとても魅力のある2人なので美しかった。
ただケイトブランシェットとルーニーマーラが美しい映画。私にはそれだけだったなあ。心には響かず。
>|