キャロルの作品情報・感想・評価

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

外見が強そうでおしゃれで美しいキャロルのような人が、実は情緒不安定でタバコが手離せない、、みたいな人に魅力をかんじてしまうテリーズの気持ちにちょこっと共感。
わたしはストレートなので男性が好きなのですが、自分しか知らないとか、自分にしか見せない部分があるとどきっとしますよね。
アビーとキャロルの絶妙な関係も素敵でした★
kid

kidの感想・評価

3.5
本当の恋とは?本当の愛とは?
ほろ苦いお話だった。
この映画の季節も今もちょうど冬だし、ぴったりの季節に見たなって思った。

1952年って今から50年も前は同性愛に対する偏見はずいぶんあったと思う、たとえ寂しさを埋めるためだったとしても。
それでもかつてキャロルはアビーを愛した。
そして新たにテレーズとキャロルは愛し合った。
本当に心から愛するなら性別も年齢も人種も何もかも関係ないんだろうなと考えさせられた。

キャロルの大人でエレガントでスマートな感じと、テレーズの若くてウブな感じの対象がはっきりしてて分かりやすかった。
顔立ちもキャロル役のケイトブランシェットはかっこいい系キレイ系で、テレーズ役のルーニーマーラはかわいい系寄りって感じだと思った。

音楽はストーリーの切なさやほろ苦さをより効果的に強調してたと思った。
映像は50’s映画風な粗めでモヤのかかったようなふんわりしてるような感じだった。

なんて言ったらいいか分からないけど、不思議な魅力がある映画でした🚬
ぴら

ぴらの感想・評価

3.5
綺麗。タバコ吸う姿まで全部美しい。
LGBTがどう、と言うよりガキすぎてこの恋愛があまりぴんと来なかった。
時代設定なのかもしれないけど、ブラつけてない感じが個人的に気になってしまった。私は中坊か。
鑑賞記録
舞台設定、世界観、衣装などあらゆるものがとても美しい。クリスマスという季節感も良い。
原作の小説にも手を出してしまった。
Harumi

Harumiの感想・評価

3.3
キャロルの秘密が徐々に明らかになっていく展開に、ドキドキしながら観ました。
当時の時代背景なら、親権に絡む最後の決断も致し方ないのかなと・・・、切なかった。
『自分を偽る生き方では私の存在意義がない』というセリフが印象的でした。
それにしてもみんなタバコ吸いすぎ。
Nagasaki

Nagasakiの感想・評価

4.0
テレーズがキャロルの背景をだんだん知っていくっていう流れと最初のシーンが合ってるようで一気に引き込まれた。
000

000の感想・評価

4.0

1950年代のニューヨークが舞台の映画。
この時代のファッションや街の雰囲気も心地よく感じる。

ブロンドの髪に毛皮そして赤い口紅。
キャロルを演じるケイト・ブランシェット様のあの「目力」に惹かれますね。カッコいい。

女性同士の恋愛がタブーとされていた時代。妻として、母としての立場がありながらテレーズと恋に落ちるキャロル。

ゆったりと、美しい映画でした。
guppy

guppyの感想・評価

3.5
前からずっと観たくてやっと鑑賞
うーん、難しいです
ケイトブランシェットもルーニーマーラも眼で魅せる演技がとても印象的でした
絢香

絢香の感想・評価

2.9
淡々と流れているようで
感情が底でうねっているような印象
たとえお互い惹かれあっても
どうにもなれない関係だってある

映画に出てくる車が好みだった
Brita

Britaの感想・評価

-
純粋に揺れ動く相手への想いが丁寧に描写され、ケイト・ブランシェットをつい目で追いかけてしまう。
この映画にLGBTというテーマは必要だったのだろうかと思ってしまう。
>|