キャロルの作品情報・感想・評価

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

tottsun

tottsunの感想・評価

4.0
クリスマス間近!今見ねば!な作品14
私が最近見た映画165
「キャロル」
公開時から気になっていたもののタイミング逃して見ることができていなかった作品です。
クリスマスに関するシーンがあるのでここまで待って良かったかな。
デパートのおもちゃ売り場で働くテレーズの元に娘のためのクリスマスプレゼントであるお人形を探しにきたキャロルと出会う。
美しい笑みを浮かべるものの、謎めいた雰囲気を醸し出すキャロルに惹かれたテレーズはキャロルが手袋を忘れたことに気がつき送り届けたのを機に親密になる。
キャロルは夫と娘の親権を争う最中だがストレスからの解放を求め車での旅に出ることに決めテレーズを誘う。
正直レビューの低さに驚いた。
ついレズビアンといったところに目が行くのだろうが私はその美しさに目を奪われた。
ルーニーマーラのお人形さんのような若かりし時のナタリーポートマンを彷彿させるお顔や姿に心奪われたし、ケイトブランシェットの妖しくも美しい姿にも目を奪われた。
時代が時代なのかもしれないが女同士で過ごすことの何が悪いのだろう。
なんだか美しくも儚く思え悲しくなった。
ぜひ偏見を持たずに見て欲しい。
私的には☆☆☆☆かな。
grazioso

graziosoの感想・評価

3.6
画がとても美しい映画。
どちらが惹かれたのか、それとも惑わしたのか
恋を映像にしたそのものである。
こやま

こやまの感想・評価

4.6
終わり方!!!!ぞくぞくする。キャロルに惹かれるのめちゃくちゃ分かる。
美しすぎてため息。
ルーニーマーラのこの世に舞い降りた儚い天使感…
iam

iamの感想・評価

3.6
この2人だから見れたかなー。
前髪短いルーニーマーラー
が、最高に可愛い♡
のもあ

のもあの感想・評価

2.2
同性愛をあまり感じずにフラットに見られる恋愛映画だった。作中、テレーズが"そういう人"って言い方を気にしたり同性愛は「誰にでも起きる事」って言ってるのがそのまま表現されたような映画だと思う。

でもテレーズのリチャードに対する態度があまりにも失礼だったから、きちんとけじめとか付けてから次に行って欲しかったな〜〜ってモヤモヤして、物語に引き込まれませんでした。同じようなことされて(まだ愛があるだけマシ)少し怒ってたけど、君も同じことを人にしてたじゃーん。もっと酷かったしね。
冷静になって見てしまったからダメだった…
テレーズは私の苦手なタイプだ。
キャロルは反対に大好きなタイプ。
Sputnik023

Sputnik023の感想・評価

3.7
ルーニー・マーラ好きなので観ましたが、それなりに面白いと思います。「セインツ」好きな人はハマるかもしれません。
麦

麦の感想・評価

3.8
ずっと気になってて観たかった映画

ケイトブランケット様……美しすぎ…
ルーニーマーラも可愛くて逆にドラゴンタトゥーの女をめちゃくちゃ見たくなった
ベッドシーン美しすぎるんじゃ……じゃ………………
hitomi

hitomiの感想・評価

3.5
言葉が少ない代わりに表情や仕草で補完していて、じっくり画面をみて楽しむ映画だった。
かんな

かんなの感想・評価

3.8
お互いを好きになる心理描写があんまりなくて感情移入できなかったけど
一目惚れってこういうことか。
ケイトの気品とか優雅さは見習いたい。

数多のベッドシーンのなかで
ここまで純粋に美しいとおもえるもの
なかなかないんじゃないでしょうか。
>|