キャロルの作品情報・感想・評価・動画配信

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「キャロル」に投稿された感想・評価

yummy

yummyの感想・評価

2.7
劇的な展開があるわけではないので、携帯で流し見してはいけない映画だったな。せめてテレビ画面で観るべきだった。お2人がただただ美しかった。キャロルが離婚調停中、激昂する場面が印象的。
あり

ありの感想・評価

3.8
他の男女の映画と違ってただお化粧してるシーンも引き込まれる雰囲気があり斬新でした。
綺麗でお洒落で素敵でした。
umi

umiの感想・評価

3.6
画が美しいし音楽もよかった。
自由に人を愛せない辛さがとても伝わってきた。
あと何と言っても、フライヤーの2人の横顔の表情が絶妙で、これを見て映画を観たいと思った人も多いのでは?というくらいにいいと思った。
risa

risaの感想・評価

3.8
昔のPOPEYEの映画特集号に掲載されていた作品。
セリフは少ないが、2人の繊細な感情の動きが伝わってきた。
テレーズのトラッドな服装、雨に濡れるニューヨークの街並みが印象的。
LGBT映画

画も美しいし、音楽もいい。
何より演技がいい。と思った。

そして、
《片方が一方的に》ではなくて、
《お互いが同じ気持ちを持って、惹かれ合う姿》というのは、見てて美しいのだなと思った。

街中を行くカップルも然り、、、
単純に他人同士が付き合うとか結婚するとかってすごいと思う。
異性とか同性とか関係ないんだと思う。


見終わったあと、他の人のレビューを読むと勉強になる映画の一つ。色んな意見を知れて、見識が一気に広がる。


テレーズの服が全部好みだったな〜
今でこそ多様性にオープンなアメリカでも、50年代はまだまだ閉ざされていたんだなと。多くは語らず、キャロルとテレーズが終始美しかった。
キャロルの50年代ファッションも今見ると洗練されていて決まっていて良かった。
まる

まるの感想・評価

3.5
香水をつけてお互い嗅ぎ合うシーンがとても
印象的だった。
映像が美しくて大きいスクリーンで鑑賞したかった、、、
azusa

azusaの感想・評価

-
本作のような長いものに巻かれながら、最後の最後に自分の意思を選ぶ映画すき。秋から冬にかけての少し寂しくなる季節をバックに美しいストーリーが展開する。車での旅はどう考えても破滅の未来しか見えないのにほんの刹那、花火のような幸福に包まれる二人にジーンとした。
ナオ

ナオの感想・評価

3.5
ケイト・ブランシェットは美しくかっこよかったけど、お互い惹かれた背景とか、心の動きがわからなかった。。
ただ、トロフィーワイフ的な扱いはしんどいよね。昔はもっと酷かったんだろうな。
ようやくみた。
ケイト様、悪魔的魅力だった…。

同性を好きになることだってあること、それがただの間違いとか、おかしいとか、そう思ってしまう世の中が憎すぎるなって、こういう映画を見て毎回思ってしまう。
何もおかしなことはないのに。

赤色が好きになる。
この前zaraで見た赤い服が欲しくなった
>|

あなたにおすすめの記事