キャロルの作品情報・感想・評価

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

Mai

Maiの感想・評価

-
No.88 /4000🌈

「自分を偽る生き方では私の存在意義がない」

映画館で観た時は、こんなにいい映画だとは思わなかった…。
冬に観たい映画ランキングにランクイン。
↑不動の1位は「RENT」
絶妙なバランスの映画でした。

間の取り方や、構図がかなり作り込まれていて、どうしたら美しく見えるのか練られていると感じました。言ってしまえば女性同士の恋愛物語ですが、女性同士ならではの感情の機微の変化が丁寧に描かれていて、見終わった後は、どこか寂しい気持ちになりました。
雰囲気のあるいい映画でした。
鑑賞中誰もがキャロルに恋したのでは…

セックスにいくまでが中々長いのもいいね!
テレーズに会って若くなっていくキャロル、キャロルに会って大人になっていくテレーズ。短い、でも深い愛の時間の表現が繊細。相手を眺める目。テレーズの涙のように切ない涙は見たことない。映画には写ってない二人の時間が私に強く衝突したような気がしてた。

このレビューはネタバレを含みます

レビューやブログを見て理解が深まった。いい映画だったな。強い女性、憧れる。

キャロルは本当にかっこいい女性。なぜバージと結婚したのかは謎だったけど、50年代という、女性の権利が認められている時代でもなければ、同性愛が"道徳的条項"で否定されてしまう時代に、娘の幸せを想い、自分らしさを忘れない芯の強さ。ハッピーエンドかどうかと聞かれると、わからない、今の時代、またこれから先、キャロルが娘と幸せに暮らすことができたかもしれない。でもキャロルのあの時の選択は、最高にロックだった!

テレーズは、それこそ親鳥の気持ちで見てた(笑) キャロルに一目惚れをしてしまう、あの瞬間はなんか共感してしまう(笑)キャロルが美しすぎて(笑)美しいだけじゃなくて、ミステリアスさや影を感じるところが、また美しい。
テレーズはリチャードという彼氏がいたが、求婚に戸惑っている。カメラが好きで仕事にしたいけど、成功するかどうか。そんな不安を抱える中で、キャロルからの誘いでリチャードとの旅行を断り、キャロルと共に旅に出る。
この旅の中で、現実の諸々から隔離された世界で、テレーズはキャロルと愛を深めていく。自分がやりたいことをし、自分が愛する人といる。ただこの映画はその甘い世界の中に2人が閉じこもって終わる、またはその世界が壊され悲劇的な最期を迎える、という話なのではなく、2人はある事件をきっかけに、現実に向き合い始める。
キャロルは娘にとって最良の決断を下し、自分の存在意義を考えた。
テレーズは今まで受動的に生きてきたが、自分の意志で生きるようになった。その象徴が、キャロルの誘いを断るところ。どういう思考で断ったのかはよくわからなかったが、今までのテレーズだったらそんなことはなかったはず。また、タイムズで働き始めてからは、テレーズは化粧も衣装もグンと垢抜けて、外見もさることながら、そこには内面の成長も見てとれる。そこにはキャロルの意志による決断の影響があるのか。結局テレーズは自らの意志でキャロルの元に戻る。
最期のシーン、めちゃくちゃロック。キャロルの含みのある笑みで終わるの、滅茶滅茶ロック!こうゆうテレーズの成長があったことを踏まえると、最期のキャロルの笑みにより一層の深みが出る。

あと、この作品に出てくる男性陣だけど、なんというか前近代的。これは多分男のテンプレってよりも、相手を理解しようとしない奴らのテンプレとしての役割だったんだと思う。ハージしかりリチャードしかり、自分の望みを叶えられないと、なぜだ?なぜできない?するべきだ、そうに決まってる、お前がおかしい、の一点張り。そういう奴らには結局真の愛を手に入れることはできなったね。
だが、ハージに関してはただのかわいそうな人。多分キャロルのことが好きすぎたんだろうな。

総論、良い映画だった!この時代の同性愛の人たち可愛そうでしょ?ってだけの映画じゃなくて、そこには女性たちの葛藤や成長があり、真の愛の姿が見れた気がする。そして、全てが美しかった。(笑)
mimimi

mimimiの感想・評価

3.5
素敵だった気はするけど詳細がちょっと思い出せないからまた見よう
Kanita

Kanitaの感想・評価

3.7
美しい。
ケイトブランシェット美しすぎる。
終始まぶいっす。
綺麗な映画。
YUKI

YUKIの感想・評価

-
2人を車の窓越しに映すカメラ使いが本当に好みだった。2人でサンドイッチ食べるシーンなんか今思い返すと夢の中の出来事みたいだった。プレゼントの様な作品だと感じる。
spencerrr

spencerrrの感想・評価

4.5
誰かと心惹かれ合うことはありふれた毎日の中で自然と生まれる感情であって、それは年齢も性別も関係ないのだと思います。
2人の演技と雰囲気が終始魅力的で、美しかった。
eneueneu

eneueneuの感想・評価

5.0
ルーニーマーラとケイトブランシェットの
美(うつくし)力。
リチャードの顔を憶えてる人はいない
>|