キャロルの作品情報・感想・評価

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

「キャロル」に投稿された感想・評価

mitsu

mitsuの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

冒頭のシーンを見た時、結局ふたりは結ばれない話なんじゃないかと思ったけど、実際は少し違った。最後に答え合わせするような作りが結構すき。

薄暗いシーンが多い中で、まだ幼く透き通るようにまっすぐなテレーズと、強く見せながらも脆く、美しく、自分を生きるキャロルの魅力に引き付けられた。

大切な子供や、愛してくれる彼氏がいて、どうしてこんなにもふたりが惹かれ合うのかは分からない。それでも、言葉で説明出来ないものこそが正解なんだと思った。

品のある繊細な仕草や表情、心の動きの描写は女性ならではで、すべてが美しく、同性愛が題材ということで少し身構えていたけれど見てよかったと思った。
kana

kanaの感想・評価

4.4
キャロルは最後までテレーズを恋する乙女の目で見つめていた。それがとても印象的だった。あの表情が可憐で美しくて儚げで…
s

sの感想・評価

3.5
一年前の冬に観たものを再度。キャロルの視線と仕草と声にグッとくる。不覚にも煙草を吸える女性になりたいと思う唯一の映画。セリフはそんなに多くないけど、2人の表情で十分。美しい映画。
ともみ

ともみの感想・評価

4.4
アホやからそんな深い感想書けへんけどとりあえず見終わった後にひぇ〜すげえもん見た〜ってなった。2人が体重ねるシーンもいやらしい感全然なくてなんなら美術品見とる感じ。最後の2人の表情でいろいろ想像できて終わり方も好きでした🙏🏻
niho

nihoの感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

よかったところ、そこだけロードムービーっぽくて全体の雰囲気と似つかわしくないオープニングクレジット、キャロルが自身の課題に対峙するときに一人を選んだこと、その間テレーズもNOを言える女性になっていたこと、その上で二人が再び会ったこと。
tkd

tkdの感想・評価

3.4
手が重なる瞬間とか、目線とか…ほんの些細な仕草に気持ちがこもっていて上手かった。ケイト・ブランシェットの品格溢れた佇まいが特に印象的。
自分が幸せになるためにはとか
誰かを幸せにするにはとか
誰かを理不尽に傷つけてしまうなぁ
テレーズの帽子めちゃかわ
m

mの感想・評価

3.7
テレーズの顔、メイク、ファッション、そして出てくる家具とフィルムカメラが好みすぎて終始癒された〜☺︎

影響されやすい私は、レトロな冷蔵庫ほしい、とか、今度買うフィルムは白黒にしようかな、と思ったり📸

今は外出れないけど、外出れるようになったら、ブティックマナベのレトロなワンピースでお出かけするのだ!!!👗💕

物語的にはそこそこかな〜(笑)!
犬

犬の感想・評価

3.5
某アニメで
「女は生きてるだけで偉いのよ。」
という台詞がある。
彼女らの美しさに息を呑むとき、それが反芻された。
愛とは?日々思う。
愛を題材にした映画は数知れず。
しかしこの映画の主軸は…愛よりも、美しさにあるように思えた。
人が人を愛するというより、目もくらむほど美しい宝石を欲しいと思うような感情に近い気がした。
だってなんか、愛ってこんなキレイなだけじゃなくない?
と、今まで見た映画で語られた愛を思い返しながら悶々としてみるのだった。
口答えしないから好きみたいなフシがあったから。

まあ、ともかくも主演二人の演技力と、美しさだけでこの映画はかなりいいものです。
存分にそこへスポットが当たっているし。

「自分に嘘をついてちゃ存在してる理由がわからない」
というようなことをキャロルは言う。
この時代、女の人というのは、職場で存在意義を存分に与えられている男の人を支えるためだけに存在しがちだ。
その男の人を愛せないのなら、そりゃ、自分がなんのためにいるのかわからなくなるだろう。
前半で宝石に例えたが、「美しい女性は人間であることを奪われる」と某かぐや姫でも語られたりしていた。
私は、この映画で語られたものが愛というより、なんかそういったものから解き放たれることを望んでいたように見えた。
愛とは、、。永遠のテーマだね。
ブロンドと赤い口紅、毛皮のコート。
キャロルがとても魅力的な女性で目を奪われるのは当然のことのような気がしました。

オープニングのカメラワークから、とても良かった。ラストまでキャロルから目が離せない。
>|