mal

セッションのmalのレビュー・感想・評価

セッション(2014年製作の映画)
5.0
セッション
この映画でのタイトルの意味はフレッチャーとニーマン、2人の掛け合いを指しているのかなと。フレッチャーは周りからの評価重視、ニーマンはプロになりたい一心。お互い向かう方向は違えど、並々ならぬ向上心、音楽に対する熱意をもっている。そして侮辱されたらやり返す。そういった思惑、魂の掛け合い、そしてラストシーンは音楽でまさに2人だけでセッションをする。今までもこれからもこの2人のセッションを越えるものはないだろう。
BSで録画したものを何年振りかに見たが、公開当時映画館で見れて本当によかった。あの時の感動、ラストシーンの衝撃を忘れることはない。見た人はみんな脳裏に焼きついて、誰かがドラムを叩いている場面で思い出しちゃうかもね。少なくとも私はそうだった。