セッションの作品情報・感想・評価

セッション2014年製作の映画)

Whiplash

上映日:2015年04月17日

製作国:

上映時間:106分

4.0

あらすじ

世界的ジャズ・ドラマ―を目指し、名門音楽学校に入学したアンドリューを待っていたのは、伝説の鬼教師。常人に理解できない完璧を求め、浴びせられる容赦ない罵声。やがてレッスンは狂気を帯び、加速の一途を辿る―。

「セッション」に投稿された感想・評価

Palpatine

Palpatineの感想・評価

3.7
ラスト、コンサートで、フレッチャーがニーマンに恥をかかせたのは、自分は彼を発起させるためだと思って観ていたが、フレッチャーが個人的な復讐からそうしたのだ、という意見もあるようで考えさせられる
そこをどちらとも取れるのは面白いところだと思う

そのラストシーンは圧倒的だったけれど、そこが強すぎて自分の中ではそれまでのストーリーとは別物で無関係なような印象になってしまった

強烈なエネルギーだったけど、一つの映画としてはうーんという感じ
映画というより前置き映像付き音楽だと思った…

と言っても主役2人の演技は全編通して凄かったしとくにフレッチャーさんのやり過ぎぶりは魅力的だった
すごい熱量であっという間に時間が過ぎた。みてる自分も汗かく笑 後半まではこえ〜おじやな〜思ってたけど、ラスト前はほんとに胸糞わりーって思った。でも、何か1つにここまで全自分を捧げられるのは少し羨ましかった。少し。フレッチャー先生の本音だとか本心がどこかあまり掴みとれない。偉大な音楽家を生み出したいのだと思うけれど、そこまでに多くの人間の人生を変えてしまっていると思う。まさに敵多し。あと熱いシーンだから仕方ないと思うけど楽器のぞんざいな扱いは胸が痛みました笑
ジャズと言うと堅苦しいイメージがありますが、実際は音楽ジャンルの中でもかなり自由な音楽なんですね。
この作品はリアルに、努力と才能の世界を上手く表現出来ていると思います。
ラストシーンの意味があまり良く分からない方は、一度ジャズと言う物を自分の耳で聴いてみるのが良いかもしれません。
おかゆ

おかゆの感想・評価

3.8
ものすごい熱力と力強さをかんじました。画面を通して、彼らの湿気が伝わってくるような、体温の高い映画でした。
もっち

もっちの感想・評価

3.7
賛否別れると思うが、脚本にしろぶっ飛んだキャラクターにしろ評価されるのも頷ける。

最後のステージシーンは必見。ただそれまでが理不尽の連続。これだけ狂ってないと鬼才は生まれないのかもしれない。
福

福の感想・評価

3.7
こういう話は苦手… なんだか教える側によって教わる側の人生が壊れてもいいのかって思ってしまう。それでも最後の演奏シーンは鳥肌もの
sari

sariの感想・評価

3.6
何かに突出すること=何かに狂うこと だと思った。
主人公もその先生も狂っていた。
音楽好きな人間にとっては、様々な挿入歌を楽しめるはず!
Hiroyuki

Hiroyukiの感想・評価

4.1
映画としては地味だけど、緊迫感がすごくて最初から最後まで肩に力が入ってしまう作品だった…

数年に一度は見直して観たい作品だと思った
ゆん

ゆんの感想・評価

4.3
起承転結の結がインパクトあった。最後の方の映像のパスが快感。
asacoohta

asacoohtaの感想・評価

4.0
ストイックすぎるニーマンと
フレッチャーの口の悪さよ。笑
圧巻のドラムソロは
劇場で観たかった。たまらん。
>|