セッションの作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(3館)

セッション2014年製作の映画)

Whiplash

上映日:2015年04月17日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

あらすじ

「セッション」に投稿された感想・評価

a

aの感想・評価

4.5
たぶん観るの3回目?
やっぱ最高だーー。

これでもかというくらい試練と屈辱を与えてくるフレッチャー先生に、言葉通り"死ぬもの狂い"で、必死に喰らい付くアンドリュー。
音楽の厳しさを知っているフレッチャー先生の本当の想いや実力を信じているからこそ、諦めそうになりながら、心底ムカついてfuckを連呼しながらも笑、見返してやりたい、認められたいという想いで努力ができるんだろうな。そういう師匠がいることが素敵だよ。
努力には限界がないからこそ、これでもかと自分を追い込まなければやっていけない、音楽の世界は甘くないのだと思い知らされた。
最後の先生をハッとさせちゃうシーンたまらんな。そこでもfuckゆうたけどな。
Ta

Taの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

とんでもない映画だった…
自信のなさそうな主人公と鬼教官の組み合わせ。王道の展開を勝手に予想していたが、裏切られるに裏切られた。
最高に共感できないけど、最高に楽しかった。

仲間を信じれない、卑屈で高飛車な主人公が出てくる。
 →一度挫折を味合う展開か
鬼教官が出てくる。
 →一度ぶつかった後、最高の理解者になる
主人公の大抜擢、彼女できて別れる、教官生徒を思って涙、退学…
 →主人公ヤバいやつだけど最後綺麗に収まる


うつ病で自殺?
彼氏できた?

ラストJVCで共闘して世界へ羽ばたくパターンか!

「お前が密告したな…」

え、鬼教官クズすぎる
主人公も性悪のままじゃん!どういうこと!?
なんだこれ!?もう一展開あるのか!
なんだこれなんだこれ
うわっここで共鳴?なに?認めたの?やっぱり天才ってこんな感じで生まれるってこと?え?え?



“good job”




鳥肌。



因みに、野球部時代、パワハラをすることをセッションと呼ばれていました。
やばいやばい凄すぎる好きすぎる

熱量と緊張感が今まで見た音楽映画のそれとかけ離れてるんだが。
ラスト10分、めっちゃ汗かいた笑
真宵

真宵の感想・評価

3.9
音楽もの観たあとは大抵その楽器を弾きたくなるものなのに、これに関してはドラム叩きたいとか全く思わなかったな、、そのくらい強烈な熱意と指導だった もはや執着

ただ彼女の振り方だけは頂けない、あれはないんじゃ‥‥
洗練された映画的構成から
ラストのカタルシス


不穏なフラグを次々と立てていき
全て回収していく
苦しい思いをするが
全てはラストのために

凄まじい練習量の上
音楽を楽しむという原点


モノローグや主人公以外のシーンは存在せず
そぎおとされた構成

ドラムを叩くように動く
目まぐるしいカメラワーク

キャラクターの強烈さ
ジャズに本気で向かい合う人間の映画です。また、究極の師弟関係と言われる映画ですが、そうは思いません。
どちらかといえば、愛が伝わらない映画です。
15/06/06 09:25
@イオンシネマ羽生 スクリーン8 H-9
リナ

リナの感想・評価

4.5
かっこいい.....圧巻された......
最後の本気のぶつかり合い、とても素敵だった
方眼

方眼の感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

2014年”Whiplash”。ジャズドラムの指導教官と生徒との対決。早打ち至上主義に特化した設定でスポ根に持っていく。パワハラを強調し戦場ものにも見せる。楽譜無くなり事件は暗譜効果のため、交通事故は根性描写のため、再会からのくだりは復讐からのさらなる対決のため。すなわち全てのストーリー展開は二人の対決に捧げられる。主人公は教官に勝利したのではなく、音楽という悪魔に負けたのだ。低予算ながらセットを限定させ、俳優の熱演と音響と編集で映画として持っていくチャゼル監督の力量。父との関係は「バケモノの子」も思わせた。対決の末に双方が彼岸へ行くのは「スプリット」「コンサルタント」型ヒーローもの。
タマ

タマの感想・評価

3.9
2020年127本目。

狂気すぎる。個人的には2人に共感できなかったけどラスト9分は圧巻だった。
>|