セッションの作品情報・感想・評価・動画配信

セッション2014年製作の映画)

Whiplash

上映日:2015年04月17日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「セッション」に投稿された感想・評価

リョク

リョクの感想・評価

3.6
わ〜〜〜新しいな、、なんと言うか、衝撃でした。でもわたしはあまり好きじゃないかも、、。ずっと期待の気持ちはあったのかなと思うけど、これから主人公が荒れないか心配になりました。でも歴史に名を残す程のプロになろうと思ったらこういう道もあるんだろうなと思います。
いや〜〜どっちも狂ってるな
最後のシーン物凄い迫力で良かったけど、それまでのパワハラが強すぎて頭にチラついてスッキリ出来なかった😂
お互い狂ってるからこそ成し遂げたあの瞬間なんだけど、パワハラほんと見ててしんどいです、、
耳は心地いいです。音楽は素晴らしい

あとこれは色々な人の感想を見て思ったことだけど、2人とも幸せになれなさそう。なんかもうズレまくってる、、行き着く先は不幸感がすごい。でもこの最後のセッションの瞬間は最高だったのは凄く伝わってきました!
1回見たらもういいかな!
るい

るいの感想・評価

2.7
ここまで打ち込める何があるのが羨ましく感じた。
本当に悔しいと思う経験をしたことないなと気づいた。
たくみ

たくみの感想・評価

3.7
最後のシーンは良かったけど、そこにいくまでの過程が長くて少し飽きちゃった
良い意味で狂ってる映画
ちゃみ

ちゃみの感想・評価

4.0
ラストまじシビれた〜
まさか音楽映画で血塗れシーン出てくるとは思わんかったネジ飛びすぎだ。
ジャズやっぱかっけぇ
おけい

おけいの感想・評価

4.0
デイミアンチャゼルの作品を観たのは3作目なのだが、何だろ、うまく表現できないのだが静と動の対比が絶妙で、静けさがあるからより激しさが強調され、その逆もしかりで突然フラットな静を見せられて心が動いてしまったりもする。ラストの最後の最後の終わり方なんてまさにそう。

一流の音楽学校の一流の鬼教師(J・K・シモンズ)が完璧パワハラ状態で、ジリジリとした物凄い緊迫感に観る側としては誰もがどっと疲れることだろう。

今の時代、すぐハラスメントで訴えられるもんで会社でも割とちょっとした事で問題になったりする世の中だ。ワタクシのような昭和生まれのバブル時代を知ってる世代はあのぐらいの鬼教師は普通に学校にいたし、中学の時は不良少年、不良少女が鬼教師に殴られ教室の端っこに飛ばされる光景などよく見たことがある。それがいい時代だったとは言いきれないし、肯定するつもりもないけれど。

本作においては生徒の才能を引き出すには、あのパワーは必須だったのだろうし、てっぺんに行くには努力なくして何も生まれないのだろうし。

凄まじいラストシーンに全てつまってる気がする怒涛の10分間。最後にセッションを通して師である鬼教師とぶつかり合い、殴り合い、高め合い、認め合い、分かち合い、彼はとうとうてっぺんにいったのだろうと。

このレビューはネタバレを含みます

すごかった

演奏映像鳥肌たった、最高
ジャズかっこ良すぎる

孤独とどん底を味合わないと、天才には到達できないのかな
ラストのキャラバンやばすぎる、あの終わり方はずるいな〜
おもしろ!
途中ストレス過ぎてお腹痛くなって中断したけど、2日置いて最後まで見てよかったです。ラストきもち〜。
スパルタすぎるしパワハラだし、意味わかんないし裏切られるし、モラルとか無視って感じで、「え?」ってなるけど、「すごいジャズをみたい」「すごいドラマーになりたい、認められたい」という2人の思いが一致することであのラストがあるんだろうな、と思いました。

フレッチャー先生は私の中ではJunoのパパだったので、ショックだったのと、ドラマーの友達が「普通どんなにやっても正しいスティックの握り方なら血なんて出ない」って言ってたのがちょっとショックだったけど、大好きな映画になりました。
また不動産の知り合いの方からお勧めだと聞いた作品です!
自分の家系的に音楽一族ではない中、努力で!行動で!彼女や家族からの言葉に甘えず一直線の姿勢!自分の決めたことを貫き通すこと。
自分が社会人になってから忘れていた"一所懸命さ"というのを思い出させて貰いました!
経営をしている知り合いも、一度決めたことを継続するタフさが大事!と言っていたことを思い出しました。この映画を見ると、全ての老若男女に当てはまる大切な気持ちを取り戻した気がします。
Sam

Samの感想・評価

3.6
一度見た事があったけど、かなりバイオレンスが過ぎる映画なので、正直見るのは結構渋ったけど、なんだかんだ思い入れのある映画なので二度目の視聴。やっぱりめちゃくちゃ怖い!
音楽映画とは無縁の流血シーンが訳が分からないくらいバンバン出てくるし、何より最後のシーンの仕打ちが元教え子とか関係なく酷すぎて、見てて辛い場面が多いけど、ジャズに興味を抱くきっかけになる映画だと思う。劇中曲はどれも楽器が冴えてて聴いてて楽しいし、演奏シーンの一つ一つが感情の機微を捉えてて見ても楽しい。
余談なんだけど、この映画の原題は劇中曲にもある『WHIPLASH』ってタイトルなんだけど、意味は「鞭打ち」って意味。そういう映画です。
二人の関係性を音楽のつながりだけで、無駄な説明のないエンディングが秀逸。
>|