セッションの作品情報・感想・評価

セッション2014年製作の映画)

Whiplash

上映日:2015年04月17日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

4.0

あらすじ

世界的ジャズ・ドラマ―を目指し、名門音楽学校に入学したアンドリューを待っていたのは、伝説の鬼教師。常人に理解できない完璧を求め、浴びせられる容赦ない罵声。やがてレッスンは狂気を帯び、加速の一途を辿る―。

「セッション」に投稿された感想・評価

ひがし

ひがしの感想・評価

4.1
名コーチにして名選手あり、といった話。
指導者のあるべき姿かどうかと言われたら怪しいが、ああいう人がいてもいいかなとは思う。
主人公のその後の活躍が気になる終わり方でモヤモヤする。
omiso

omisoの感想・評価

4.0
狂気。魂の演奏。
最後の15分間は瞬きできないくらい見入ってしまって、なんだか涙がこぼれてきた。
エリー

エリーの感想・評価

4.7
これはすごい、狂ってる。
観ててずっと苦しいし、正直疲れるけど、あの最後のワンシーンがあるから、ひとときの共鳴があるから、救われるし清々しい
きよ

きよの感想・評価

4.0
爽やかで陽気な「音楽」の概念を覆す、文字通りの意味で、血と汗を流しながら音楽を追求する姿は、もう狂気の沙汰としか言いようがない。

高揚と絶望を行ったり来たりするので、終始緊張感から解放されない。そのフラストレーションが、ラストシーンで一気に昇華される爽快感、それがこの映画の全てだと思う。

私は音楽のことは詳しくないが、後世に残る芸術ってここまで自分を擦り減らして生まれるんだろうなと感じた今日この頃。
youno

younoの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

主人公のプライドの高さと運の悪さにもどかしくなるけどあんなに夢中になって努力してる人はやっぱりかっこいいと思った。映像も音も綺麗で、最後の演奏シーンは圧倒されすぎて言葉が出なかった、、鬼は実はいい奴パターンかと思ったけどそうじゃなかった(笑)
aaaggg123

aaaggg123の感想・評価

2.5
最後の9分が映画史を変えるは言い過ぎ。
その前の、お前は無能だっていう言葉もなぜこのタイミングをそれを言うのか全然分からん。
ただただアナログタイプの指導者像を見せられただけの映画。
Ito

Itoの感想・評価

4.0
汗、吐息、空気。指先、光、そしてジャズ。単焦点を中心に撮られたこの作品はまさに目が覚める逸品。中盤まで物語はハイペースに進んで行く。細部にまでこだわられた映画だと思う。一言で言えばスカッとジャパン。ただしアメリカが舞台なのでスカッとアメリカとも言うべきか。

このレビューはネタバレを含みます

話が面白いか面白くないかと言えば別に面白くもないのですが、音楽やってた人ならきっとわかる「こういうやついるよねー」みたいなあるあるがたくさんあって、そういう意味で楽しかった。

バンドで指揮者は絶対的立ち位置なのに、最後に奏者が指揮を食ってく感じは爽快。
狂気に満ちた人ほど演奏者に向いてるって言われることもあるけど、まさにそんな感じ。

タイトルはセッションだけど、楽しく素敵な音楽を演奏!みたいなのじゃなくて、ドロドロの音楽バトルものです。

私は厳しい教師に泣かされてきた身なので、結構胸くそでした。
みわか

みわかの感想・評価

3.4

たまたま母が観ていたのを、思わず一緒に鑑賞。

芸術に対しての追求が止まらない作品でした。音楽に対しての熱意もドシドシ伝わります。

主人公がドラムを叩くシーンはどこをとっても目が離せません。
yamashit

yamashitの感想・評価

3.0
評価が高い割に、賛否分かれる作品なんでしょうか。
過去にバンドで苦しい思いをした経験がある僕にとっては(もちろん主人公とは比べものにもならないけれど)観ていて辛かったですね。

ジャズってこんなに厳しいの?音楽ってもっと楽しくやるべきじゃない!?でも一流のジャズミュージシャンってこんな感じなのかなぁ。。。と、とにかく考えさせられて胸が締め付けられて、なんだか重苦しい気持ちになってしまいました笑
>|