mmk

白河夜船のmmkのレビュー・感想・評価

白河夜船(2015年製作の映画)
3.3
うとうとまどろみながら覚めたくない夢を見ているようでした。穏やかで冷んやりしていて、淡々とした静寂さがそこに流れるような。
柔らかく無機質な、だけど温度を感じさせる映像がとても美しかった。ばななさんが書く小説は彼女がこんな夢を見て生まれるのだろうかと思いました。
寺子がこんなに眠るのも何だかすごく理解できました。眠るのはひとつの逃避の手段でもあり、生きながらにして死の世界へ手を伸ばすことができる手段。
具体性を求めるような映画ではなく、感覚で鑑賞する作品だなぁと思いました。もっと掘り下げてもいいのかもしれないけど、なんだかこれぐらいで丁度いいような、これ以上やると野暮になっちゃうような、そんな気がしました。
眠れない時にオススメ。高ぶった気持ちを落ち着かせたい時にも。なんだか不思議な癒された気持ちになりました。