白河夜船の作品情報・感想・評価・動画配信

「白河夜船」に投稿された感想・評価

なつこ

なつこの感想・評価

2.8
吉本ばななを映像化するとこうなるのか…?
文学的な空気感は出てるんだけど、そこから染み出してくるものがない。
文学的な作品はその「僅かに染み出してくる」何かを感じて好きになったりするんだけど、この作品からは、私は感じ取れなかった…。
色合いとか質感は好きなんだけどな…。

最初の30分が倍くらいに感じた。
そこじゃなくて、もっと寺子の眠りがどうしようもなく深くなっていくところをしだかり強く描いた方が良かったのでは…という気がしてしまった。
好きな役者さんばっかりだったのに残念😂
KnkNkgw

KnkNkgwの感想・評価

-
夜に部屋を暗くして観て正解、原作読んでいないけど多分小説の感じがうまく出てるんだろうなこれは、と思った!
電車の音聞こえる部屋好き
hina

hinaの感想・評価

2.2
これはねえ、、、
見るなら夜中に見るべし!

内容は原作と全く同じ。
90分、静かで、スローペースで、
長く感じてしまいました
いしい

いしいの感想・評価

1.8
カメラの使い方というのか映像が好みじゃないし、アイフォンつかう現代の女はあんな話し方しない。

このレビューはネタバレを含みます

安藤サクラガチ恋です。まじ好きです。

眠ってしまえば、難しいことは考えなくていい。それでもその間も時間が経ってしまってて。世界から取り残された感覚がして吐きそうになって、また眠る。

他人とは最低限しか関わらないで、自分の中で何かが壊れていく感覚とだけ向き合っていく。

そーゆー最悪な感覚。吐きそうで何もない感覚が本当にリアルだった。

その中で、何も聞かずに、何も語らずに、わかった上で、お互いにとって誤魔化しみたいな愛情をくれる関係が弱さを全部許してくれる気がする。
akane

akaneの感想・評価

3.4
吉本ばななの世界観を頑張って映像にしようとしてたのは伝わった

このレビューはネタバレを含みます




ねえ 貴方はそういう全てのことにものすごくきちんと関わりたいと思ってるんでしょ
最後まで手を抜かずに、そういう人たちの誰からも頼りにされ続けてあげたいのよね
でも貴方は誰も助けない
誰の為でもない
そうでなければ自分が許せないの
ええかっこしいで、その中に妻への愛を上手に紛れ込ませる
それから、それを人事だと思いながら、そのかっこよさをちゃんと見てるわたしのこともちゃんと見てる
本当はすごく冷たい人なのよ貴方は

大好きなの
たまらなく好きなのそのやり方





テラコのアフレコの台詞好きすぎてメモ…………

詩的な映画だったなあ

この安藤サクラちゃんめちゃくちゃに可愛いかったし井浦新の雰囲気も抜群に良くて好きだ。。

内容自体は好みじゃなかったが(^^)
kanimaru

kanimaruの感想・評価

4.0
おすすめされて観た一本。

観てよかった~!!!
好きな映画でした。

「眠り」にまつわる3人の女性の話。
ストーリーは特にどうっていう結末があるわけじゃないけど、役者さんの演技パワーが強い。
安藤サクラと井浦新の独特の会話の調子、もどかしい触れ合い…。

インテリアの雰囲気や映像の風合いも好きだった。

なんてったってこれはもう、井浦新好きだったら、彼を見るためだけに観ても十分だと思う。
knjmytn

knjmytnの感想・評価

3.4
眠ってしまうことの怖さ。
意識が浮かんでいるような不在感。

永久の眠りについてしまった親友。
半永久の眠りについてしまった妻を持つ相手との恋。
実体のない愛や現実をなんとなく共有したり、えぐったりしながらフワフワと時間が進んでいく。

眠りと現実が同じくらい宙に浮いてるから、いつまでも眠っていたくなる。

夢を見ながら死んでしまったら、死後の世界はそのままその夢の世界が続いてしまって、現実の自分はどこにもいなくなってしまうのが心配って話を思い出した。

白河夜船って本当に素敵なタイトル。
yucat

yucatの感想・評価

2.6
安藤サクラの体つきが好き。
骨張っていてしっかりしていて、足や手が大きくて背中も広い。
キャミソールとショーツだけで白いシーツで眠りこけるのが本当に気持ちよさそうで、うらやましかった。

出かける時もゆるいスカートにキャミソールにカーディガン。カバンも持たず…
非現実で、どこから夢でどこから現実なのか…
不倫関係も何が本当で何が嘘なのか…

吉本ばななはあまり読まなかったので、小説っぽいセリフ回しになんかシラけた。村上春樹原作なら前のめりだったと思うけど。

井浦新がセクシーでかっこ良い。
友達役の人はいつも死ぬ役ばかり。
>|