こじあき

ローリングのこじあきのレビュー・感想・評価

ローリング(2015年製作の映画)
3.8
面白い!けどオススメはし辛い。
なにやってもダメな人間がどうにかして成長しようとするけど、結局だめ。
だめなやつはなにをやっても駄目。
駄目ったらだめ。
登場人物は基本的にだめなやつ。
常識がない。
とりあえず当たって砕けろ精神の面々。
内容はうまく伝えれないけど人々の転落劇。
すでに崖に追い込まれている人が奈落の底に落ちていき、まったくの希望が見出せないままおわる転落劇。
それって面白いの?
って感じだけど演技力がみんな総じてよくて妙に説得力がある。
冒頭が主人公の語りから始まるんだけど
私は元教え子から女と一緒に逃げ、そこで出会った男に女を寝取られました....
そして今の私がこれ。
これがなんと巣の中にいるひな。
....もう意味がわからない。
ただ、ラストにきちんと納得のいく終わり方します。