Takubo

パッセンジャーのTakuboのレビュー・感想・評価

パッセンジャー(2016年製作の映画)
3.4
自宅、英語字幕で鑑賞。(内容理解80%)
比較的容易な英語で、宇宙用語は割り切ればイケる。唯一クルーの全身に広がってた病気がなんなのかわからなかった。

この映画の何が好きだったかって、もし自分がジムだったらここではこんな選択したな、でそのあとこうなってたかもって想像を膨らませられたこと。嫌な気持ちになしに。クリスプラットがガーディアンズオブギャラクシーのスターロード?ピーター?と重なったのもあるかもしれないけど、彼の選択を不快に思うことはなかった。むしろ間違いもありかなと、素直に受け入れられた。
繰り返しになるが、同時に自分だったらなー、こうして、そうしたらあんな風になるのかなーって妄想を膨らませられたのが楽しかった。
ただAuroraの立場になって考えた時はまともじゃいられないなって思ったし、想像通りの反応だけど、ジェニファーローレンスの演技力が想像を超えていて、すごかった。

唯一の不満は、ラブストーリーならではのジム生還だけ。基本的にはハッピーエンドが好きだが、ラブストーリーのせいでどうもご都合に感じてしまった。

ただ映像も綺麗で十分楽しめました!