パッセンジャーの作品情報・感想・評価

パッセンジャー2016年製作の映画)

Passengers

上映日:2017年03月24日

製作国:

上映時間:116分

3.6

あらすじ

20××年――新たなる居住地を目指し、5000人の乗客<パッセンジャー>を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が地球を後にした。目的地の惑星到着まで120年。冬眠装置で眠る乗客の中で、なぜか2人の男女だけが早く目覚めてしまった。90年も早く――。エンジニアのジムと作家のオーロラは絶望的状況の中でお互いに惹かれ合っていく。なんとか生きる術を見つけようとするが、予期せぬ出来事が2人の運命を狂わせていく――。

「パッセンジャー」に投稿された感想・評価

期待しすぎた。単純やった
CGが綺麗やった。
Shiho

Shihoの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

こういうの観たことあるな感は否めないが、SFは好きなので今の技術での宇宙や近未来的な船内の映像が美しく目で満足できた

映画館の大スクリーンで観たかったと悔いが残る

ちょっと御都合主義だった(船長が目覚めたり)けど観たあとスッキリする良い作品でした

ただ、ジムの技術者設定がよくわからない
この人はなにができる人なの?と観ながらずっと思ってた
掃除マシーン直して改造したり家を建てたいと言ってみたり
あと植物どうやって植えたの、、

船長だけポッドに異常がおきて身体に障害が起きたなんて考えられない
他のクルーやパッセンジャーにも異常は起きてないのかな?
気になる部分はうやむやで、ジムとオーロラの2人ばかりに焦点が当たっていたのが少し残念
そら吉

そら吉の感想・評価

3.5
うーん…難しかね( ´д`ll)

内容は、難しくなかとけど…
特筆すべき点が見つからないという
レビューの書き方の難しさがあるね( ゚д゚)


何を書こうかなー??

何を書いたらいいとかなー??

…………………………って

マジで何を書いたら、良いとか分からんw


じゃあ、レビュー無理しなくていいよ!
っていう優しい皆さんの声が
どこからともなく聞こえてきます(o´∀︎`o)


なら、お言葉に甘えて休んでみるけん♫


っていう訳にもいかんのですよね( ¯−︎¯ )

けど、優しい皆さんなら許してくれるかな?

っていう前置きは、長すぎるけんw

はよ!書けや!そら吉よぉぉっっっ!!

ってことで、暑くて夏バテしてる脳みそに
喝を入れて頑張って書きたいと思います!



一言言わせてもらうと…

クリプラ良かったね(o´∀︎`o)
ジェニファー・ローレンスが運命の人で…♡

冬眠から目を覚まさせる相手を
一歩でも間違えれば…かなり苦痛な
90年間だったと思うとさねw

けど、運命の人で良かったね(*⁰▿⁰*)


ヤバい人だったらホラーに
なりかねない状況たいなw

宇宙で二人っきりやけんね( ゚д゚)


でも、一部ホラーみたいなとこあったよね?

ジェニファー・ローレンスがクリプラを
殴るシーン( ̄ω ̄;)

私も人生を台無しにされた気持ち分かるよ!
って思ったけど…クリプラの孤独の気持ちも
分かるから…何とも言えない状態でした…。


私も寂しがり屋やけんが…
目覚めさせたくなる気持ち分かるもんな。


SF映画ならではの映像美は、凄かです!!

ゾッとするぐらい美しか(*⁰▿⁰*)

このレビューはネタバレを含みます

宇宙漂流
目覚めちゃった
どうしよう
kaito.m

kaito.mの感想・評価

4.0
映像には高級感あるし、たぶんシリアスな映画なんだけど、割とポンコツなテクノロジーのせいで、色々巧くいかないところが可笑しい。故障をまるで想定していないなんてことがあるだろうか…!
あと、少し前まで最高に幸せな語りをしていたジェニファーさんが豹変して、クリプラさんを本気でボッコボコにするところとか面白すぎる。
OkaYuna

OkaYunaの感想・評価

3.0
思っていたより面白くて、引き込まれた。

でもやっぱり宇宙の旅はしたいようで、したくないような(笑)

ジェニファーかわいい。
クリスかっこいい。
個人的には苦手なSFというジャンルですが、この作品かなり楽しめました!!
ラストまでしっかり話できていてよかったー

ジェニファーローレンス凄い可愛い!

いやー、男ならあのクリスプラットの行動には共感しっぱなしですねー笑

後悔しながらも結局オーロラとしっかり楽しんじゃってるクリスプラットまじで羨ましいと心から思っていました笑笑

久しぶりに吹き替えで映画観て楽しめました!
k

kの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

オーロラを起こしてしまったジムに怒りを持って観ていた。

でも終盤の、沈みゆく船で眠っている他の乗船者達のために犠牲になろうとする姿を見て、許せそうな気持ちになった。

鑑賞後、罪や償いについて考え、ガスの寛大さが心に残った。

過ちを犯した人を責めるのは簡単だけど、そんなことをしても後戻りするわけでもなく、周りの人間にできるのは、理解してあげることなのかもしれない。

被害者のオーロラから憎しみを消すきっかけになったのも、ガスのジムに寄り添った台詞「溺れている人は近くにいる人にしがみつく」に思えた。

しがみつかれた人が怒るのは分かるけど、溺れていた人を責める気にはなれない。
>|