ねむくてむり

ガタカのねむくてむりのレビュー・感想・評価

ガタカ(1997年製作の映画)
3.5
宗教、ジンクス、今日の運勢・・・

私、どれも興味ないんです。非科学的なもの嫌い。胡散臭いもの大嫌い。
だけど、狂信的な科学信仰っていかがなものかと。

成熟した科学が物言う時代でも、結局は個人の裁量、ひとの優しさで世界が動くものなのですねぇ。


SFっていうより、じんわりくるヒューマンドラマって感じ。でも設定ザルじゃない?ツッコミどころ多いというか。あんまり夢中になれなかった。
いくら時代が進んだとしても顔見ないってことある?イーサン・ホークとジュード・ロウよ?いやいや、刑事さん。流石にわかるでしょ。いやいや、そこの女も。スペックしか見てないんかい君は。『ホリデイ』観なさいよ。『ビフォアミッドナイト』観なさいよ。
いや、でも、その滑稽さも含めて痛烈な科学主義批判なのかも・・・。

ヴィンセントの飽く無き向上心に勇気貰える一作です。ジェロームの余裕もすごい。懐の広さ宇宙級。宇宙兄弟。イケメンすぎ。
"Blood has no nationality."「血に国籍は無いぜ。」って、台詞までかっこよすぎィ!