ガタカの作品情報・感想・評価・動画配信

ガタカ1997年製作の映画)

Gattaca

上映日:1998年05月02日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ガタカ」に投稿された感想・評価

HIGE

HIGEの感想・評価

4.3
これはすごい。SFであり、ヒューマンドラマであり、サスペンスやミステリーでもある作品。
未だ宇宙は遠いけど、こんな素晴らしい作品を時を経て再発見できるなんて、いやはやいい時代になったものです。
叫び

叫びの感想・評価

4.3
遺伝子操作 によって 優秀な 子供を残せる 時代。いうまでもなくNASAがモデルの組織ガタカ。タイタンへの有人宇宙飛行ってところがSFをわかってらっしゃる。エウロパ派か、タイタン派に別れるハピタブルゾーンについてはまた語るとして、本作は、人間、生まれや育ちは違っても必死の努力でなんにでもなれる、と勇気を与えてくれる。また努力している姿を見れば周囲の人だって何かしらテダスケしてくれるはず。いつか僕も宇宙に行ける日が来るはず。でも、僕、エウロパ派なんですよね。
21

21の感想・評価

4.5
☆4.5

好きな映画です。最後までハラハラドキドキが止まらなかったです。久しぶりにマイベストムービーが入れ替わりそうな予感。

女性の安楽死事件や有名アーティストの発言など、最近何かと話題に挙がる優生思想に関して、じっくりと考えることができる作品でした。

遺伝子に恵まれなかった人間も、生まれた時から「エリート」な人間も、各々が自分なりの地獄で足掻いているんですね。その中で、如何に活路を見出すか、希望を捨てないかが重要なのだと痛感しました。可能性が制限されがちな狭く息苦しい社会において、一人ひとりが自分の頭で考え、自分の人生を作り上げており、その姿に励まされました。
一方で、兄弟に抱く劣等感、社会での待遇の差、それに伴って生まれる貧富の差など、不条理な要素には何度か胸が痛くなりました。

終盤の検尿のシーン、染みました。あとは自死を決してマイナスには見せない描写も気に入りました。宇宙に還るって考え方非常に良いと思います。私たち人間は、広い宇宙に比べたらちっぽけな存在です。地球という一惑星の中で優劣に捉われるだなんて、まさに「井の中の蛙大海を知らず」ですね。

素晴らしい映画でしたが、展開が読めてしまう箇所がいくつかあったので少々スコアを下げました。
pure

pureの感想・評価

4.0
近未来SFというテーマを利用しながらも、単なるSFではないところに、この作品の魅力があるのかな。
このテーマなら世界観とかの広がりはいくらでも持てそうですが、案外狭いあいだのことだけ取り扱うので、ここらが気に食わない人はいそうな気がします。僕はここが逆に好感で、あんま変な要素いれないでくれよーって見てました。脇を固める役者さんもよく、最後も綺麗なハッピーエンドではない。隠れた?名作として色んな人にみてもらいたいですね。
ハナダ

ハナダの感想・評価

4.2
遺伝子によって全てが決まる世界。一般的にDNA操作により子供(適性者)を産むが、主人公は自然に生まれた子(不適性者)であり、適性者になりすまして宇宙飛行士を目指すが、、

設定が非常に面白い。そして設定が設定だけに訴えてくることがシンプルにすごく響いたな。ただこんな世界にはなって欲しくないな〜、妙に現実味があって怖い、、

ラストは、くぅ〜〜な展開!これは答えがなく人それぞれの解釈だと思うので、観た人と語りたい!
なつを

なつをの感想・評価

3.8
スタッフロールでG、T、C、Aだけ文字の色が違うの、なんか見覚えがあるなと思ってたら、DNAの塩基やん。グアニン、チミン、シトシン、アデニン。題名もGATTACA。これに気付いたときなかなか感動した。文系やけど生物を勉強して良かったなと感じられた(笑)
Kana

Kanaの感想・評価

-
無理のない近未来感と無機質なインテリアが良〜

この作品をきっかけに最強遺伝子マヤホーク様が産まれるわけですね(作品自体はしんどかった…)
遺伝子の優劣で全てが決まる社会で『不適正者』として生まれながらも宇宙飛行士になる夢を追い続ける主人公。
別人の遺伝子を借りて、順調に夢の実現に向かっていくんだけど、恋人に嘘をついていることや、会社にいつ身バレしてしまうんだろうというハラハラ感が常にあって、すごくしんどかった😭
だけどそんな中で「生まれ持った遺伝子なんか関係ない」って思わせてくれるシーンがありました。
「風にさらわれた」名言ですねえ😭
ありのままを受け入れてくれる人の存在って、本当に貴重で大切なものだなあ。
相方ジェロームとの関係も、不思議だけどなんだか尊いものがあった。
それぞれ欲しいものや捨てたいものがあって、単純にはいかない想いがそれぞれあって。最後の別れは、とても切なかったな。

「僕になにができるか決めつけるな」
生まれながらの素質だけでは、その人の価値は決められない。努力や思いの強さがそれを上回ることもある。弟との海での度胸試しのシーンがとても印象深かった。
み

みの感想・評価

3.0
sfかと思いきやドラマ色が強かった。
一応ハッピーエンドやけど残るのは切なさってところにグッときました。
拓人

拓人の感想・評価

4.5
内容知らずに観たけど、思いがけずめちゃめちゃ良かった!
やりたい事は諦めずに挑戦しようと思った。
>|