ガタカの作品情報・感想・評価・動画配信

ガタカ1997年製作の映画)

Gattaca

上映日:1998年05月02日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ガタカ」に投稿された感想・評価

そりゃバレるだろ!!とヒヤヒヤしながらみてた
結果的には愛に溢れた作品だった
Luckylee

Luckyleeの感想・評価

3.7
SFものだと思ってなぜか避けてきましたが単なるSFではなく人情味が溢れた映画です。
イーサンホーク、ユマサーマン、ジュードロウ、全員美形で目の保養でした…
Haruka

Harukaの感想・評価

4.0
2度目の鑑賞、やっぱりいい。悪い人が1人も出てこないのにこんなにはらはらできるのがすごい。この頃のジュードロウ、かっこよすぎるのでは。
az

azの感想・評価

4.1
自分自身で自分を超えていく話。
ずっと孤独感かと思ってた主人公は、実はみんなに助けられていた。めっちゃよかった。

このレビューはネタバレを含みます

遺伝子が劣っていても、不屈の精神で夢をかなえる話。

事故で引退した優秀な遺伝子の水泳選手と、徐々に距離が縮まり、最後には唯一無二の親友になるのが泣ける。
男の友情に弱いです。

久々に見返したけど、ルック的にもバキバキのSFなのに、現実で何か劣った部分がある人々に勇気を与える、こんなにも全うなメッセージが込められてるなんて、良い映画だ。
見返して評価が上がった。

ラストの水泳選手の行動は、初めは何故⁉︎って戸惑ったけど、元々が自殺願望があった身で、主人公が宇宙から帰って来る頃には何か警察沙汰になってる恐れもあるし、あの最高潮な場面を人生の幕引きとして選んだのもわかるような気もした。(流石に燃える前に意識失ってる状態だよね⁉︎)

このレビューはネタバレを含みます

遺伝子世界への反抗だったのかな。

ヴィンセントは自分に与えられた運命を打破し、念願の宇宙へ。
ユージーンはオリンピックの結果から遺伝子主義に疑問を持ち、自殺を図るも生かされてしまう。そしてそれでもなお“完璧な人間”と言われ続ける矛盾。
「お前らが完璧だといった遺伝子は銀メダルを手に、若くして死んじまったぞ」と言わんばかりのラストとそれまでのユージーンの働きは、“本来負けるはずだった人間が勝ち、勝つはずだった人間が負ける”を証明するための大いなる反抗のように見えた。

あと個人的に好きだったエピソードが、遺伝子的には凶暴性のなかった局長が殺人を犯したという事実。
遺伝子の結果が第一とされる世界の中で、良くも悪くも人間は未知数で測ることができない存在だという人間讃歌の物語だったなと感じた。
月

月の感想・評価

1.9
日曜日の朝、床に座って鑑賞
今日夢見たんだけど、ショッピングモールでまず友達と買い物をしてるんだけど生ハムチーズのおつまみが77円で安いよね?流石に買おうよ!って言ってる時に突然尿意が襲いかかってきて、ごめん行くね!って言ってすごい綺麗なトイレに駆け込むも腰くらいの位置にある謎の和式トイレしかなくて用の足し方がわからず、漏らした上に便器を壊して壁も壊して便器ごと外に転がっちゃうんだけどそれが珍事件としてスクープされてまずその友達と一緒に取材を受けることになるのね。でそれ凄い恥ずかしかったんだけど、取材の待機中に当然友達から色々言われて、でクラスメイトの月亭方正にも笑われたんだけど君は本業だけどわたしは違うじゃんて、君はおしり出して笑いをとれるけど僕は違うから!って言い合ってるうちに順番が来たのよ。でそれワイワイした高校の教室で取材を受けてるんだけど、写真撮影の際にコンテンポラリーな体勢を求められてアンニュイな表情を作ってたら突然隣でポーズをとっていた友達が立ち上がって、クラスメイトの大谷翔平くんのとこにつかつか歩いていったわけよ。でなんか口論してる様子なんだけど、席に座って本を読んでいた大谷くんは本を閉じてまだ早いって!とかなんとか言ってるのね。でなんだなんだと仲裁に入るんだけど、大谷くんが、バレンタインデーだよ!って言い出すの。それで何が?って思ったら、こいつバレンタインデーに今井達也に告白するつもりなんだよ!って友達のこと指さしてて、じゃあいいじゃんと思って今井探そうとしたらまだはえーよ!って大谷くんは言ったのね。それであれ、これ大谷くん友達のこと好きやろ?って思ったら、こいつ2月14日に告白するつもりなのに今12月14日なんだよ、はえーよ!って言ってて、あそれシンプルはえーやつじゃんと思ってわたしも友達を説得するんだけど、友達には2月14日と12月14日の違いがわからないらしくて必死に説明しているところに超クールな今井が教室に入ってくる、って夢を見た
ちなみに今はテレビで女子水球やってる。さっきまで競ってたのにむちゃくちゃ差が開いとる

DNA操作で生まれた“適正者”だけが優遇される近未来。“不適正者”として自然出産で生まれた若者が適正者に成りすまして宇宙へ旅立とうとするが……。

おもしろかったです☺️👏👏
シンプルにいい話だよね。だけどそんなにわざとらしいしっとり感もなくて、さらりとうまく纏まっていて見やすかったと思います☺️
何がいいってキャラクターがいいよね〜☺️主人公イーサンホークもそうだし、ジェロームもヒロインもカッコイイです。それは内面っていう話もそうだし、まあシンプルな話するとこの映画めっちゃスタイリッシュなんだよ!美男美女しか出てけえへんしガタカ社もね、均された統一感というか温度のないデザインがクールですよね。ストーリーも徐々にハラハラを盛り上げていってあっさり締める感じがスッキリしてて良かったですよね〜☺️

愛はなー、身分詐称とか関係ないもんね

"Congratulations."
"What about the interview?"
"That was it."

"Titan, exactly like this."🚬💭🍷

"It id possible."

"You wanna quit?"
"No!"
🌊🏊🌊🏊🌊

"Sorry.
The wind caught it."

"Gor future reference.
Right handed men don't hold it with their left."
IN-VALID
➠VALID
遺伝子がバレないように主人公の工夫してるのが面白かった。
ラストの実は知られていたけど、黙っていてくれたところは泣いた。
あ

あの感想・評価

-
めちゃくちゃ面白かった〜!!!!
恐ろしい世界だったけど、主人公たち3人が本当かっこよかった。ジュードロウのブリティッシュアクセントも良かったな笑
miko

mikoの感想・評価

4.1
この監督が手掛ける作品はストーリー設定から何まで細部までのこだわりが感じられる。
何度も警察に正体がバレそうになり必死に回避しようとするスリルも楽しめて見応えがあった。ヴィンセント、ジェローム、アイリーン、それぞれの境遇に同情するし完璧が求められる、いや、完璧しか認められない世界って恐ろしいな...案外そう遠くない未来にあり得るのでは無いかとも思わせるリアリティさ、全く古さを感じさせられないSF作品だった。
>|