ガタカの作品情報・感想・評価

ガタカ1997年製作の映画)

GATTACA

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

4.0

「ガタカ」に投稿された感想・評価

ぱなお

ぱなおの感想・評価

4.5
"NASAが選んだ最も現実的なSF映画ベスト1"に選ばれたらしい。SFなのに、どこかクラシックな感じがしたり、物凄くドラマティックだったり、観る前と全然印象が違う作品だった。マイケル・ナイマンの音楽がドラマティックにさせるんでしょうね。。。特に遠泳の競争をするシーンとラストの音楽が素敵だった。そしてラストの本物ジェローム(ジュード・ロウ)がかなりせつない(/ _ ; )ラストからエンディングにかけてがかなりいい。「僕に何ができるか決めつけるな」これがすべてなんだろうな。
REI

REIの感想・評価

3.7
近未来な話。遺伝子操作で望んだ子が生まれてくる中、母親はそれを拒んで主人公は生まれたが…。ストーリーも意外性もあり、終始ドキドキの展開。無事に夢を叶えられるのか、果たしてそれは本当に望んだ結果だったのか。一気に見てしまう、そんな作品。
遺伝子操作で子供をつくることが主流の時代のヒューマン近未来SF。なかなか面白かった。
21年前とは思えない綺麗な映像とシナリオ。
セイ

セイの感想・評価

4.3
なんともいえない余韻が残る…

褒められた方法ではないかもしれないけど、目標に向かって前進し続ける姿はどんなに泥臭くても美しいと思いました。

その姿勢があったからこその周りの手助けもあったんだろうなぁ。

ユージーンの最期、サクッとスイッチ入れる姿がなんともカッコ良かった。
emu

emuの感想・評価

4.0
可能性を信じることの出来る映画だなと思った。
人間が科学で解明したものが必ずしも正しいものではないし、それ自体や環境によってそれ以上にでもそれ以下にでも成り得ると思う。人間の解明できない自然の部分は絶対あるよね!
ジェロームはどんな気持ちだったのかな
YUKA

YUKAの感想・評価

3.7
バリバリSFなのかと思ったら、どちらかというとヒューマン・ロマンスドラマだった。人種や性別による差別が無くなった後には?
risao

risaoの感想・評価

4.3
気になっていて、やっと観れた!

生まれた時から遺伝子によって人生が左右され、世界の話。
遺伝子を生まれる前に操作することもできるけど、運命に任せ劣性で生まれた子は、どんなに優れていても遺伝子だけで判断されてしまう。生まれたときから寿命まで何もかも分かってしまう。
怖い世界だと思ったけど、差別はどんな時も変わらないテーマなのだと思う。
劣性で生まれた主人公ヴィンセントには宇宙飛行士になる夢があるけど、宇宙飛行士は優性遺伝子じゃないとスタート地点にも立てない。そこで、事故で下半身不随になってしまった優性遺伝子の元水泳選手の遺伝子を借りて成りすます契約をすることになるけどもそこからが、もう!(遺伝子で全て人を判別されるから顔が全然違ってもなんとかなってしまうの怖すぎ)

サスペンス要素もあってあっという間でした!
私はジュードロウが演じる優性遺伝子を持つジェロームに感情移入してしまった。完璧な遺伝子で生まれても下半身不随になってしまったらその時点で遺伝子なんて関係なくなってしまうから。感謝している、とヴィンセントに対して言っていたけど、どんな気持ちだったんだろう。すごく悲しい結末だった。
最後の検査医のところも、胸が苦しかった。。
ヒロイン役のユマサーマンも大変美しかった。

SF映画だけど、メッセージ性が強く、人間味のあるストーリーに感動しました。
nicol96

nicol96の感想・評価

4.0
遺伝子が最重要視される時代に不完全遺伝子を持って生まれた主人公が宇宙を目指す近未来SF。先天性と後天性の対立構造は、多分国籍とか人種とか、もしくは所得とか学歴とか、いろいろな現代社会の差別要因に置き換えて観られる。
作品のスタンスとしては、人の信念は他者(遺伝子)によるジャッジを変えることができる、という性善説的な、ポジティブなもので、それはそれでよかったと思う。彼があのあとどうなるのであれ、生まれた瞬間に言い渡された彼の未来を、あの時点で越えていたのは確実なのだから。
TIMEしかり、この監督の作る退廃的な近未来のイメージは嫌いじゃない。
結末含めて全体的に雰囲気が儚げ
中心的な人物達の存在感が良かった
理屈固めで進んでいく中で観念的な
結末に至る展開が個人的にはまった
醤油

醤油の感想・評価

3.8
SF映画の金字塔とまで呼ばれていたため借りてきたDVDで初めて視聴。

とりあえずユア・サーマン、かっこよすぎる。美人であることはもちろん、仕事をしている時と一人の女性でいる時の切り替えがはっきりしていたし、役の性格も多くを語らない女性としてこれができたらかっこいいというのが全て詰まっていた。

ストーリーに関してはちょっとトントン拍子すぎたところはあったけど、絶妙にスリリングでテーマもわかりやすく深かった。

FACE/OFFといい、他人の顔で生きていくことがいかにリスキーか。
>|