ガタカの作品情報・感想・評価・動画配信

「ガタカ」に投稿された感想・評価

遺伝子操作で思い通りの子供が生まれるのが当たり前になった世界で、通常の受精の仕方で生まれた、体が弱くて生きれる時間も短いビンセント。
そんな世界で諦めずに宇宙に出たいって夢を叶えようとするのかっこよかった。そんなビンセントに影響されて、一回自殺未遂してるジェロームも協力して、なんとかロケット打ち上げ成功まで辿り着く。けど、ビンセントの夢を叶えたとこでジェロームは自殺するの辛すぎ、、
でも銀メダルを首にかけて満足そうな顔だったのが印象的だったな。
ののな

ののなの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

DNA操作で、身体能力や暴力的傾向等の調整を行って生まれてくる「適正者」と、「自然のままに」DNA操作をせず生まれてくる「不適正者」が存在する近未来。(原文での表記は"Valids"と"In-Valids"。)

「適正者」「不適正者」なんてあからさまな文言がつけられても自然出産を望む親もいるようですから、遺伝子操作が一般的になる過渡期なのか、親が強い意志を持って自然出産を選ぶのか…(主人公の親は長男は自然出産しましたが、痛い目を見た(????)のか次男は頑丈にデザインしています(強い意志とは😅💦)

あらすじからも分かる通り、優生思想や、それに付随して、「健常者」「障害者」というあからさまな文言で区分していること、出生前診断で障害の有無が分かるようになり、中絶を選択すること、障害者差別、等の現代の問題に広く訴えかける作品でした。物語の設定の粗はたくさんありますが、メッセージ性はピカイチです🙆‍♀️🙆‍♀️🙆‍♀️


それにしてもとにかく主要キャストがすごく綺麗!目に良い映画でした✨
見始めたらどんどん引き込まれていく。

生まれた時から寿命がわかるって嫌だなぁ。

友情・努力・勝利って感じの映画。
スーツで宇宙行くんや 笑
SFでもメッセージ強めの人間味強め
違う世界ではこういう選別は多いにありそう、未来にも
モニターが4:3サイズじゃなかったら拍手なんだが
こにし

こにしの感想・評価

3.9
登場人物少なくてストーリーわりとシンプルなのに凄く繊細で奥深くて綺麗な作品
美男子多め
Shuntaro

Shuntaroの感想・評価

4.3
遺伝子より中身だっていうのはもちろんだけど、ゴリゴリに遺伝子操作されまくってた人からそう思わせられたのがすごい

このレビューはネタバレを含みます

登場する人たちが美しすぎて、、、
1番何も考えてなさそうな人が、めちゃくちゃキーパーソンだったしすんごい優しい人だったなあ〜素敵、、、
私もすごい人になれなくても、意志を持って誰かを手助けできる人になりたい〜
正しいよりも親切を選べだよな〜
ぴ

ぴの感想・評価

3.7
ジュード・ロウ美、、、、、

ヴィンセントとジェロームというそれぞれの人間が1人として生きていくことで2人の関係性や信頼度が変化していくのが丁寧に描かれて伝わってきた

切ない
良い
神映画と謳われる理由は?
愛の結晶として産まれたビンセント。
ジェロームの遺伝子は極めて優秀だが、事故によって金メダルの夢は絶えた。
ジェロームは事故の当時、シラフだったと後に語った。自殺に失敗したんだ。銀メダルの自分を受け入れられなかったのか。
死に切れず、酒とタバコに溺れたジェロームも、ビンセントとの出会いをきっかけに違う人生を歩み始める。
遺伝子に恵まれなかったものが、遺伝子に恵まれたものしか認められない残酷な世界で、夢を掴もうと奮闘する。
宇宙の話をするビンセントの目が輝くのを、ジェロームは何回も見ただろう。宇宙の話を聞くのが好きになっただろう。
ジェロームは生まれながらにして優秀だった。自分が優秀なのは当然なことだった。だが、自分の人生ではもう勝てない。
ビンセントは違う。次第に尊敬の念が湧く。
宇宙へ行く夢を、一緒に見始めた。
ジェロームの献身的な言動や、ビンセントを信じる心が素敵。
ビンセントが宇宙へ旅立つ前、ジェロームは「旅に出る」と嘘をつく。
ビンセントは気づかない。ジェロームがどれだけ共に夢を見てきたか。優しくも心配させまいと嘘をついたことに。
焼却炉で自殺する。夢を叶え、死に切れなかったあの時の思いをメダルに抱いたまま。

ジェロームが主人公だ。
ゆき

ゆきの感想・評価

5.0
遺伝子による差別は法律で禁止されているが、現実的な拘束力はない。

近未来か

人間としての本質は?

すごい映画
>|

あなたにおすすめの記事