繭

ガタカの繭のレビュー・感想・評価

ガタカ(1997年製作の映画)
4.1
遺伝子でその人自身の優劣がつけられてしまうようになった近未来の話。
劣性遺伝子を持って生まれた主人公。彼が自分の夢に挑戦すればする程最高にカッコイイ男に見えてくる。
いや個人的にジュードロウが1番カッコよかったけどね。最後の最後までいい奴でした。
ハッピーエンドなはずなのに後ろ髪をひかれるような切なさと、近未来のお話なのにどこかレトロな雰囲気を汲み取ってしまう“違和感”が私はなんだか好きです。
“Blood has no nationality”血に国籍はないぜ

スターウォーズをみてから無性にこの方が恋しくなって久々に借りてみました。