れな

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命のれなのレビュー・感想・評価

4.0
ナチス系は残酷描写が多く、悲しい話も多い。
見ているだけで気分が悪くなってしまうので普段はあまり見ないようにしてますが、こちらは動物園にスポットが当てられているので普通とは違う観点とゆうことで主張🐻
うん、動物園でも一緒やった。
ヒトラー政権の残酷さが物語っている。
でもこれが歴史なんだ、目を背けてはならぬ。



300人のユダヤ人を救ったある夫婦の実話。
まさに人間動物園。(良い意味の)
夫はいつ気づかれてもおかしくない状況でユダヤ人を救い出し、妻は家に匿いつつも本当の家族のように振る舞う優しさが温かい。
バレたら一瞬で撃ち殺される状況なのにこの夫妻の勇敢さ😭
同じドイツ人でもユダヤ人を殺すやつも居れば、夫婦のように少しでも生かせるように行動する人もいたのが事実。
旦那さんが君は何も分かっていない。と言った気持ちも凄くわかってしまった。目の当たりにしてしまったもんね、その現実を🥺辛さと重みは旦那さんのが上だよ。確実に。


まあでもこの映画のツラいとこは前半だね。
動物好きにはかなりツラいシーンが続く、、。
なんの罪も無い動物たちを撃ち殺すこの外道どもは血液に何の血が流れてるんでしょうかね??


あと息子がちょっと頭弱くてイライラ。
足手まとい🤔








ここからネタバレ↓↓
























いやいや奥さん。
なんで最後その悪役に頼ったwww
バレとるやん笑




あと邦題が残念、、