ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命の作品情報・感想・評価

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命2017年製作の映画)

The Zookeeper's Wife

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:124分

3.8

あらすじ

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚く…

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚くべき提案をされる。人間も動物も、すべての生けるものへの深い愛情を持つアントニーナはすぐさまその言葉を受け入れた。ヤンがゲットー(ユダヤ人の強制居住区域)に忍び込みユダヤ人たちを次々と救出し、動物園の檻に忍び込ませ、アントニーナは得意のピアノや温かい食事で、彼らの傷ついた心を癒していく。時にそのピアノの音色は、「隠れて」「逃げて」などの合図になることもあった―。この“救出活動”がドイツ兵に見つかったら自分たちだけでなく我が子の命すら狙われてしまう。夫のヤンが不在になることも多い中、アントニーナはひとり”隠れ家“を守り、決してひるむことなく果敢に立ち向かっていった。いくつもの危険を冒しながら、いかにして300もの命を救ったのか―。

「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」に投稿された感想・評価

りさ

りさの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます


めちゃくちゃ感動して泣いた〜!とまでは、行かんやったけど、ステキな映画!というか、見るべき映画やな〜〜また一つ勉強になったし、色々考えることができた映画

ポーランドに旅行に行くことがあれば絶対にワルシャワ動物園に行きたい!
今も存在していて、本当にあった話しとは信じられない!

この夫婦の勇気に本当に感動した!
見つかれば自分たちも自分の家族も殺されるのに、300人ものユダヤ人を助けたなんて!


先生の行方が気になるところ。列車に乗って行ったから、きっとみんなアウシュビッツに送られて亡くなったのかな、、、


親子はとても残念だった、、、
殺され方も無残で、きっと現実もあんな風に簡単に撃たれたのかなと思うと残酷でしょうがない


最初にどんどん動物が殺されちゃうのも心痛かった、、、
ゾウのシーンは上野動物園のゾウを思い出した。
上野のゾウもワルシャワの像も第二次世界大戦の被害者なんだと、、
戦争って人間だけが被害受けてるわけじゃない、、人間が勝手に始めた戦争で多くの動物が命を落としてる
理不尽やな、、、


本当に素敵な家族!
こういう正しい選択ができる勇気のある人間になりたい。


#2018年26本目
パッケージとタイトルをなんとかしてくれ。

戦時中にワルシャワの動物園でユダヤ人を匿い助けていた家族のお話。史実を元にした作品。

動物と触れ合う描写は少しだけ。
勉強にはなったが、タイトル・パッケージから連想するような話ではない…
たくさんの人を匿い今も開園しているなんてすごい(●´ω`●)
2018 7/15
ヒトラー政権下におけるユダヤ人の話。
色々考えさせられた。
こう言った世界史における分岐点の映画を多く見て行きたいと思う。
緊張感のある映画ですが、ウサギにほっこりしました。
ホロコーストを描いた作品は観ていてつらくなりますね。とくに動物が簡単に殺されていくシーンがかなしい。
せーな

せーなの感想・評価

3.6
戦争の時代の差別は残虐な描写も多く
観ているこっちも心が痛むが
この作品は応援したくなるものだった

動物が殺されるシーンは本当に許せなかった。
心が痛かった。

夜のピアノのシーンは何度かあったが
毎度心が休まった。
R

Rの感想・評価

3.7
戦争は理不尽だ。

ジェシカ・チャステインの訛った英語が凄くそれっぽかった。上手い。
ワルシャワ動物園行ってみたくなった。
正しいことを選択できる人でいたいなーと思った。
トラの赤ちゃんが可愛すぎる
ジェシカ・チャスティンの動物の扱いが 本当にそれを職業としている人であるかのように自然でびっくりした😳出産直後の像の赤ちゃんの呼吸停止を処置するシーンとか 猛獣とのふれあいシーンとか😳😳😳この女優さん 毎回凄いなぁと感じさせられます❗️

そしてダニエル・ブリュールはこういうねっとりした嫌〜な奴の役がほんとに上手い❗️

ストーリーはゲットーからワルシャワ動物園に多くのユダヤ人を匿い 逃がしてあげたというお話。こういう心ある 勇気のある人達が たくさんのユダヤ人を救ったんだなぁ。家族もみんな無事でよかった✨✨✨
Haruka

Harukaの感想・評価

3.9
予想より良かった!ナチスについての映画はたくさんあるけれど、より女性的な目線での「恐怖」と「愛と覚悟」を見せてくれた。女性向け。
ジェシカ・チャスティン演じるアントニーナが聖女レベルの良い人なのがちょっとやりすぎ感あるように思ったけれど、だからこそ分かりやすい映画になっていた。
暴行された少女が、あんなにもショックを受けて傷を負うものだという描写がまた良かった。死や虐殺も恐ろしいけれど、戦乱の被害は死だけではない。女性や子供にしか分からない恐怖もある。

素敵で楽しい動物園の描写は冒頭部だけだが、その動物たちの処分や、動物園が廃墟化していく過程が虚しくて切ない。

ワルシャワ動物園、行きたくなりました。
>|