ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命の作品情報・感想・評価

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命2017年製作の映画)

The Zookeeper's Wife

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:124分

3.8

あらすじ

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚く…

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚くべき提案をされる。人間も動物も、すべての生けるものへの深い愛情を持つアントニーナはすぐさまその言葉を受け入れた。ヤンがゲットー(ユダヤ人の強制居住区域)に忍び込みユダヤ人たちを次々と救出し、動物園の檻に忍び込ませ、アントニーナは得意のピアノや温かい食事で、彼らの傷ついた心を癒していく。時にそのピアノの音色は、「隠れて」「逃げて」などの合図になることもあった―。この“救出活動”がドイツ兵に見つかったら自分たちだけでなく我が子の命すら狙われてしまう。夫のヤンが不在になることも多い中、アントニーナはひとり”隠れ家“を守り、決してひるむことなく果敢に立ち向かっていった。いくつもの危険を冒しながら、いかにして300もの命を救ったのか―。

「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」に投稿された感想・評価

kazata

kazataの感想・評価

2.0
"事実の重み"と"映画としての面白さ"は別モノなので悪しからず。
題材的に気合い入れて作っているんだろうけど、脚本的にも演出的にも雑な印象で(説明台詞のオンパレードに感情の繋がりが謎だったり)……結果、冗長で退屈な映画でした。以前観た『クジラの島の少女』もイマイチだった記憶があるので、この監督とはセンスがことごとく合わないということで。

ジェシカ好きとしては最近のシリアス路線よりもコメディでの主演作が観たい!
なまず

なまずの感想・評価

3.1
タイトル通りの事しか起こらない映画だけど普通に良かった。


最後のダビデの星のアップ、「イスラエルから表彰された」のテロップは、その後の歴史を考えると、色々と、、、。
なぎさ

なぎさの感想・評価

3.6
初めての目黒シネマ、、!
ルイの9番目の人生を目的に行ったけど、最初にこっちを観て体力消耗しました…
シンドラーにつづき動物園の夫妻がユダヤ人を救ったお話です
バレたら命がない状況下ですごく勇気のある行動ができる人だなぁって。。
ワルシャワ動物園は今も運営しているそうなのでいつか行ってみたいです
近代史に無知な自分が、戦争の恐ろしさだけははっきり分かるのは、きっとこういう映画のおかげ。私も正しいことをしたい。

このレビューはネタバレを含みます

目黒シネマにて「ルイの9番目の人生」を見に行ったところ同時上映にて鑑賞。
事前知識などまるでなく、わたしの中でジェシカチャスティンはキレキレ経営者なイメージがありすぎてポスターとかでもジェシカチャスティンだと気づかずびっくり。
にこにこと笑顔で自転車にまたがり園内をまわり靴を脱ぎ捨て歩き回ったり服を汚れることを気にせず血だらけの生まれたてゾウを助けたりとまるで太陽のようなあたたかさと大地のような心の広さを持った女性。
話し方とかもいつもとは違う感じでびっくりだった!でもすっごいかわいい。
パーティーのときのリボンを巻いた髪型素敵すぎるなあ。
でも内容としては杉原千畝のような感じ(?)いやそれよりももっと危険な感じで家に匿う(ユダヤ人が集められてる町?から救い出す)→パン屋で偽ビザ?発行→髪型とかを変えて出国という感じだったのかな?
ここら辺はあまり詳しく説明はしてくれなかったのでビザなのかよくわからんけど。
多分動物園も所有してたみたいだしあの状況で料理人雇えたくらいだしなんか食事にも困ってなさそうだったし裕福なんだろうなあ。
ただ旦那は救い出す役目、妻は家を守る役目でお互いの大変さを分かり合えないみたいだったけど体を許したわけじゃないから手を触られるくらいは目を瞑ってよ…って思って苦しかった。
最後旦那さんが帰ってくるところは泣かずにはいられなかったな。
あと印象的だったのは手をあげて列車に乗せてもらう子供たち。最悪ガス室行きかそんな地獄行きの電車に何もわからぬ純粋な顔で甘えるように手を上げて乗せてもらうの切なすぎて胸が張り裂けそうになった。
動物園だからゾウのはなこみたいな話かと思いきや兵士には殺されるけどそうでもなく。
もう絶対にこんなことは起きてはならないと深く思わされるね。
ゾロ

ゾロの感想・評価

3.6
ジェスカ・チャステイン綺麗

第二次世界大戦下のワルシャワの話
年月だけで時が進み、歴史の背景の説明は無いので、歴史背景理解してると見やすい

また、あの状況下で300人も救ったってすご過ぎる。史実だという事に、アンニーナとヤンに脱帽です。目頭熱くならない訳がない良い映画です
ゆみお

ゆみおの感想・評価

4.2
なかなか観れずに、やっと鑑賞できました。

ポーランド・ワルシャワで動物園を経営する素晴らしい家族の話。第二次世界大戦中、ドイツ軍の絶対支配の元 ユダヤ人を救うことに命をかけます。その間、夫婦は共に試練に立ち向かいながらも絆を深めていく...
妻、アントニーナの「人は不安だとすぐに逃げることを考えるけど、立ち向かうことが大事なこと」という言葉にハッとしました。なかなか口にはできないし、実行は尚更難しい。
人間的に素晴らしい人です。
可哀想だっありツラい場面もありますが、最後は納得の結末。
観れて良かったです。
MOVIEBUG

MOVIEBUGの感想・評価

4.0
War is not right way. Animals have no sin, why do they need kill it.
ユダヤ人を救った動物園
ユダヤ人・ナチス、悲しく見ていて辛いシーンが多かったけど、アントニーナが愛した命=動物・匿ったユダヤ人・家族の笑顔でエンディングは泣けました。😭😭😭
ジェシカ・チャステインは"女神の見えざる手"とはまた違う演技で新鮮でした。😋😋
RINAppe

RINAppeの感想・評価

3.8
記録

ジェシカ・チャステイン初来日!
ジャパンプレミアでのジェシカの声の美しさは忘れない!
>|