ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命の作品情報・感想・評価

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命2017年製作の映画)

The Zookeeper's Wife

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:124分

あらすじ

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚く…

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚くべき提案をされる。人間も動物も、すべての生けるものへの深い愛情を持つアントニーナはすぐさまその言葉を受け入れた。ヤンがゲットー(ユダヤ人の強制居住区域)に忍び込みユダヤ人たちを次々と救出し、動物園の檻に忍び込ませ、アントニーナは得意のピアノや温かい食事で、彼らの傷ついた心を癒していく。時にそのピアノの音色は、「隠れて」「逃げて」などの合図になることもあった―。この“救出活動”がドイツ兵に見つかったら自分たちだけでなく我が子の命すら狙われてしまう。夫のヤンが不在になることも多い中、アントニーナはひとり”隠れ家“を守り、決してひるむことなく果敢に立ち向かっていった。いくつもの危険を冒しながら、いかにして300もの命を救ったのか―。

「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」に投稿された感想・評価

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命
12/15公開ですが 一足早くレビュー。
第二次大戦中、300人ものユダヤ人の命を救ったある夫婦の実話を描いた物語。

1939年 ポーランド・ワルシャワ
夫婦で動物園を営むアントニーナ(ジェシカ・チャステイン)とヤン(ヨハン・ヘルデンベルグ)は、独ソ不可侵条約の締結によって侵攻してきたドイツ軍の占領下に入り動物園の存続が危ぶまれてしまう。
ヒトラー直属の動物学者 ヘック(ダニエル・ブリュール)に取り入り閉鎖は免れるも、ゲットーに隔離されたユダヤ人を見過ごすことができない二人。
園内にドイツ軍兵士が駐在する中、ゲットーから連れ出してきたユダヤ人を動物園の地下に匿うことを決めるのだが…。
正しさを貫くことが困難な時代において愛と正義を重んじた夫婦の姿を通し、今ある平和の価値を 命の重みを描いた作品だ。

冒頭、たくさんの動物と園内を自転車で駆け巡るアントニーナが映し出される
さながら各動物が世界のあらゆる国・人種に、動物達を分け隔てる檻が国境に見えた
自転車で縦横無尽に走り回り各動物と触れ合っていくアントニーナは、世界を繋ぐ希望の架け橋のように感じられた

序盤、たとえ見てくれが違う者同士でも分かり合える可能性があるのだと信じさせてくれる
また、見てくれが同じ者同士でも何かしらの違いを捏造して分かり合えなくなる可能性もあるのだと失望させられる
人にはどちらの可能性も宿っているのだと突き付けられる。

戦争 差別 偏見
歴史を振り返れば、あなたもぼくも何が正しくて何が間違っているのか判断できる
誰が正義で誰が悪なのかもハッキリ分かる
だけど、それらは数多の犠牲の上に成り立つ「今」を生きているからできること
ぼくらが過去の人間より優れているとかでは決してないし、今在る世界の正義と悪は容易には見抜けない

人は過去や歴史という名の教訓がなければ間違える
あったところで間違えてしまうことばかりなのだから、無かったのならもっともっと間違える
そして、間違えないと中々気が付くことのできない生き物でもある
間違えて 痛い目に遭って 何もかもイヤになって、そこでようやく学び始める
自分事だと思えるようになって、初めてその身と心に沁み渡る。

正しさや正義を貫き通すのには覚悟がいる
時代が時代であれば、死の危険だって付き纏う
何もかも手放し傍観者であった方が生存率が高くなるであろう時代に、彼女達は勇気を振り絞る
正しいことは正しいと
間違っていることは間違っていると
できるだけの力があるのにやらないのは良くないと
見て見ぬフリはできないと
自分のためだけでなく、誰かのために行動する
とても当たり前のことなのに、誰もが躊躇してしまいがちな道を突き進む

仮にぼくらがあの時代へ放り込まれたとして、一体何ができただろう
どれだけ正論を説いたところで、淘汰されるのが関の山
理不尽に抗い続ける強い心と行動力がなければ、太刀打ちなんてできやしない。

彼女達のように語り継がれる存在はもちろんのこと、名も知られず死んでいった英雄達だってきっといる
ぼくらは当たり前のように日々を生きているけれど、今過ごしている日常は先人達の勇気と犠牲の上に形成されたもの
耐え難きを耐え 忍び難きを忍んできた者達が繋いでくれた今を生きている

彼らがそうしてきたように、あなたやぼくだって後世により良き未来を遺す義務がある
明るい未来を築けるかどうかは、「今」を生きるぼくら次第
負の遺産しか遺せないのであれば、暗く淀んだ世界が待っている
全ての人と人とが理解し合える世界になれば最高だけど、人が人である限りそんなことは起こり得ない
だからこそ、歴史という名の戒めが必要であり 人に宿る多くの可能性を示していくことが大事である。

劇中、何も知らず地獄への片道切符を握らされる子ども達がいた
あの屈託のない表情に涙した
人の心はスポンジのように善意も悪意も吸収する
かつては誰もがあんな表情をしていたはず
家族に注がれる愛 善悪をジャッジするための歴史
どちらも欠けたあの子ども達が不憫でならなかった
彼らに理不尽を強いるのが同じ大人であったことが虚しくて仕方なかった

あんなことは絶対にあってはならない
そんな風に思えることが、この世界では何度も起こる
繰り返すのも止められるのもぼくら人間
自分には一体何ができるだろう。

歴史を良き方向へ推し進めていくのは、いつだって勇気ある者達
より良き未来を築くためのバトンは、今を生きるぼくらに託されている

世界平和だなんて考えるとハードルが高くなるかもしれないが、身近な人間関係を大切にし 自分に出来ることを全力でやっていれば自ずと世界は変わるはず
やれるだけの力があるのにやらない
目の前で苦しむ人がいるのに無視する
そういった行為の蓄積が、明るい未来も自分の可能性も閉ざしてしまう
やるべきことをやるだけだ。

知っておいて損のない実話 触れておいて損のない勇気だと思います
ぜひ劇場でご覧ください。

青春★★★
恋 ★
エロ★★
サスペンス★★★★
ファンタジー★★
総合評価:A
よみうりホールの試写会で鑑賞。
上映後拍手が起きるぐらい素晴らしい映画だった。
赤十字国際委員会駐日代表のリン・シュレーダー氏と、NPO法人ホロコースト教育資料センター代表の石岡史子氏のトークショー付き。
ポーランドのワルシャワで動物園を運営していた家族がユダヤ人を匿い逃がしていた実話を元にした映画。
目をそむけたくなるシーンもあるぐらい戦争の悲惨さが伝わってくる内容だった。
アクション映画やギャング映画とかで銃声がいっぱい流れる映画を今までいろいろ見てきたけど、今までで一番銃声が心に響く映画だった。平和な世界になることを切に願わずにいられなくなった。
ガーコ

ガーコの感想・評価

5.0
これがノンフィクションだとは…。

動物たちをこよなく愛したアントニーナの慈悲深い心に感動しました。

綺麗なドレスを着ていても、象のお産で子象が命の危機になると、汚れなんて気にせずドロドロになって子象を助けます。

動物たちを家族のように扱う、彼女の深い愛情に癒されました。

ですが、感動の気持ちはあっという間に消え失せてしまいます…。

徐々に戦争が激しくなると、ポーランドはドイツの襲撃に遭ってしまうのです。

ワルシャワ動物園の動物たちも、ドイツ軍の攻撃により、たくさんの命が奪われてしまいました。

彼女がこよなく愛してきた沢山の動物たちが犠牲となる現実に、涙が止まりませんでした…。

非力な動物たちの残酷な死に打ち拉がれるアントニーナと夫。

空っぽになった動物園に愕然とする中、夫の「この動物園を隠れ家にする」という一言が、沢山のユダヤ人の命を救うことになるのです。

夫の真面目な優しさと妻の真っ直ぐな愛情。

命を守ることに必死になる二人の姿に涙しました。

動物も人間も同じ生き物であり、かけがえのない大切な命。

自分たちの命の危険を顧みず、数多くのユダヤ人の脱出に協力した二人に拍手を送りたいです。


また、夫がワルシャワ蜂起のレジスタンスだったことに驚きました。

革命軍であったからこそ、彼が沢山のユダヤ人たちを匿っていたのだと思います。

動物を愛し守ってきた優しい夫が、戦争という悲劇によって人殺しに成り替わる現実は複雑な心境でした。

戦争さえなかったら、彼が銃を構えることもなかったでしょう。

第二次世界大戦の悲劇が一人の動物園の飼育員の生き方さえも変えてしまうと思うと、戦争は本当に恐ろしいです。



杉原千畝さんのように、多くのユダヤ人を解放してきた夫、オスカー。

彼の功績が21世紀の現代に認められ、映画化されたことに感動しました。

本当の英雄とは、命を守る人のことは言うのだと思います。
ゴン吉

ゴン吉の感想・評価

4.0
実話に基づいた作品ですが、ストーリー展開はフィクション並みに楽しめました。

原作は、ダイアン・アッカーマンの「ユダヤ人を救った動物園 ヤンとアントニーナの物語」。
原作未読のため、最後まで結末がどうなるのかわからず、楽しめました。
自分たちの命を落としかねないリスクを背負ってまで、他人を助けることは、なかなかできないことです。
日本人では、杉原千畝領事代理が1000人以上のユダヤ人の命を救ったことが有名ですが、ヤンとアントニーナ夫婦は個人ということもあり、リスクは極めて高く、素晴らしい夫婦だと思いました。

後半、動物たちへの愛情の場面が少なかったのが残念でした。

多くの動物たちの命を救えなかったことに対する自責の念が、彼女たちを動かしたのかもしれません。
この映画の舞台となっているのは、当時ヨーロッパで最大の規模を誇るワルシャワ動物園。
動物園というと、私の勤め先の近くに上野動物園が有り、今年ジャイアントパンダの雌の赤ちゃん香香が生まれ、12月の一般公開を今か今かと待ちわびる人が大勢いると思う。
子供たちが成人して動物園に行く機会は無くなったが、動物園は家族で訪れて、子供に多種多様な動物を見せたり、触れさせたりする学習の場である。
ワルシャワで動物園を営むヤンとアントニーナの夫妻は、自分らの子供と同様に園内の動物たちに愛情を注いでいる。
1939年、家族連れで賑わう夫妻の動物園にも軍靴の音が近付き、遂にその秋、ナチスドイツがポーランドに侵攻する。
戦時下における動物園の惨状は、上野動物園を題材とした絵本「かわいそうな象」や短編漫画「トンキー物語」で描かれているが、ワルシャワ動物園もドイツ軍の侵攻で同様なことが起きる。
更にはワルシャワを中心にナチスのユダヤ人狩りやゲットーへの封じ込めが始まる。
それから先に待ち受けるユダヤ人たちの言語に尽くせぬ悲劇を我々は知っているが、夫妻はそれを見越したかのように友人を救ったことを切っ掛けに、支援団体のアシストも受けながら、動物園という“利点”を活かしてゲット―にいるユダヤ人たちを救い始める。
当時、ナチス支配下のワルシャワは、ユダヤ人を助けたり、匿ったら即刻死刑という状況下にありながら、血の繋がりもなく友人でもない、そして人種さえ違うユダヤ人たちを、何故、家族の命を危険に晒してまで夫妻は救出し続けたのか?
それは夫妻の「正しいことをする」という確固たる信念と、動物園は命の大切さを学ぶ場所という思いからだと思う。
12月からのパンダの赤ちゃん公開で上野動物園は来園者でごった返すと思うが、本作を観て久し振りに家族で訪れたくなりました。
原題「The Zookeeper's Wife」ポーランドワルシャワの動物園の妻の実話に基づくお話
友達のユダヤ人を動物園に匿ったことをきっかけに夫婦でなんと300人ものユダヤ人を助けた
アントニーナが主動物園人公です。
映画を見た後は、是非、原作を読みましょう。
もっと感動するはずです。
ゲットーのドイツ兵が結構間抜けに見えるのは本当なのだろうかと思いました。
夫婦の博愛に感動します。
Yuri

Yuriの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

動物園は平和の象徴です。アメリカの動物園ものの映画は家族経営で困窮している事が多いですが、ヨーロッパはある程度地位もお金もある人たちが経営しているんですね。アントニーナはそういう男性と結婚をして、上流階級にポンと入ることになったイメージで描かれていました。動物の扱いが抜群に上手く、徐々に彼らから受け入れられていく過程として、子象を蘇生させるシーンが描かれており、映画の説得力が増していて良かったです。アントニーナには幼い一人息子がいて、生まれてからずっと一緒に育った動物たちが目の前で殺され、我が家が破壊されていくシーンはとても辛く、それを味わった後で、知らない人々を匿おうと思えるか、だからこそ匿おうと思うかは、親として、とても難しいところだと思いました。ジェシカ・チャステインがいつもの強い彼女ではなく、とても柔らかで女性らしい話し方や雰囲気を纏っていて、新たな彼女の魅力を発見し驚きました。ヤンが目の前で殺されていく人々を見て、怒りや焦りからアントニーナとすれ違っていく様や、博識で道徳的なヘックが戦争により、歪みを強いられていく様が、とてもリアルに描かれていて、今の時代、対岸の火事ではないなと心に刻みました(>_<) ダニエル・ブリュールが好きなので、憧れていた女性と心を通わせたと思ったら、すべては自分を欺く為で、何年も騙されていたと知った苦悩も手に取るようにわかりましたし・・・戦争は人間関係も信頼も愛さえも壊すものなのだなと、ドイツ兵の彼の立場からも理解りました(>_<) ポーランド侵攻から、ワルシャワ・ゲットーの始まりから消滅、ワルシャワ蜂起、終戦までがガッツリ描かれており、ワルシャワ・ゲットーからたった2kmの場所で、300人ものユダヤ人を匿い逃がすって、ちょっと想像を絶します。もはや忍者の領域か、やはりある程度の発言権と資金があったからかなと感じました(爆)ヤンが戻ってこられた経緯も実話だからこそ、曖昧にしないで知りたかったです。子象のシーンなど少し誇張があるかも知れませんが、よりドラマティックに緊迫感を持って描かれており、知っておきたい実話のひとつです。
実話だけありストーリー隙がない。でもサスペンス要素を盛り過ぎかも。ジェシカ・チャステインの一途な演技も見所。
satchan

satchanの感想・評価

4.0
試写会で見せて頂きました。
ジェシカ・チャステインの役が『ゼロ・ダーク・サーティー』でのCIA分析官役とはあまりにも違っていて、優しい妻・母の姿に違和感を感じてしまいました。ナチス占領下のポーランドで、ユダヤ人を匿う決心をしてからは彼女らしく、強さと弱さをあわせ持つ女性アントニーナを見事に演じてくれたと思います。

アントニーナは、ユダヤ人を救うために、女を武器にベルリン動物園園長ヘックを巧みに操ります。夫ヤンからの誤解にめげず、処刑されるかもしれない恐怖にも負けず、逞しく生きる使命感。相当な勇気のいる行為ですよね。こんな強い女性が実在したんですね。ワルシャワ動物園、ポーランド、いつか行ってみたくなりました。

私はゲットーの中の様子に驚きました。ユダヤ人があんな風にゲットーに押し込まれて、ひどい生活状態で暮らしていたとは知りませんでした。ゲットーというと、アメリカにおけるアフリカン・アメリカンの居住区としての知識しかなかったので、映画を見た後に調べました。この映画に描かれているように、ドイツが第二次世界大戦中にユダヤ人を強制的に住まわせた地区でもありますが、ヨーロッパでは、ユダヤ人の居住区として中世から存在していたんですね。キリスト教とユダヤ教の対立の歴史・根深さを感じました。

ヒトラー万歳と言っているヘックの精神状態、戦争で歪められたものなのか、元々人間の心の内に宿っているものなのか、人間って恐ろしい、残酷だと感じずにはいられません。最後のシーンで、優しさの欠片が残っていたのがせめてもの救い。ヘック役のダニエル・ブリュールは、ドイツの俳優さんなんですね。『ボーン・アルティメイタム』にも出てるようですが、覚えてないな…。

ヤン役のヨハン・ヘンデンべルグはベルギーの俳優さんのようです。ジェシカ・チャステイン演じるアントニーナの英語が、何訛りなのか、気になりました。わざとポーランド訛りにしたのでしょうか?ポーランドの公用語はポーランド語なのに…。製作国は英米ならそのまま、英語!で良いのではないかな…と。上映中にそんなことばかり、考えてしまいました。

実話に基づいている物語なだけに、事実の羅列みたいな感じがして、退屈してしまう感が否めないかもしれません。もう少し、ユダヤ人側の心情や、アントニーナとヤン、息子の家族愛・危機感を強く訴えるような場面が描かれていたら、印象が変わったかな…。

個人的には、多くのことを学べて、考えさせられる映画でした。宗教・人種の問題、私達人間は解決できるのでしょうか。
ぽんず

ぽんずの感想・評価

4.0
正しいことをしているのに、自分が嫌になる。
占領下では、ナチスの言いなりにしかなるしかできなかった。
罪のない人がなぜ殺されるのか。
罪のない人が戦争で殺されることは、絶対にあってはならない。
政治の争いは机上だけでいい。

正直、見る前はショーレース向きの作品だろうなーと思ってました。
でしたが、凝縮の二時間でした。
ぜひ、若い人に見てもらいたい作品。
絶対に後世に伝えなければならないと思う。
私も、大学で歴史を勉強してるなかで色々な背景を知ることができるが、この内容は恥ずかしながら詳しく知らなかった。

今でも争いの耐えない世界。
歴史は繰り返すが、繰り返されるのは良い歴史だけでいい。
失敗から成功へ繋げることができるのが人間でしょ?

平和な未来を望みます。