ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命の作品情報・感想・評価

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命2017年製作の映画)

The Zookeeper's Wife

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:124分

3.8

あらすじ

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚く…

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚くべき提案をされる。人間も動物も、すべての生けるものへの深い愛情を持つアントニーナはすぐさまその言葉を受け入れた。ヤンがゲットー(ユダヤ人の強制居住区域)に忍び込みユダヤ人たちを次々と救出し、動物園の檻に忍び込ませ、アントニーナは得意のピアノや温かい食事で、彼らの傷ついた心を癒していく。時にそのピアノの音色は、「隠れて」「逃げて」などの合図になることもあった―。この“救出活動”がドイツ兵に見つかったら自分たちだけでなく我が子の命すら狙われてしまう。夫のヤンが不在になることも多い中、アントニーナはひとり”隠れ家“を守り、決してひるむことなく果敢に立ち向かっていった。いくつもの危険を冒しながら、いかにして300もの命を救ったのか―。

「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」に投稿された感想・評価

ポーランド、ワルシャワにある動物園。
ヒトラー率いるドイツ軍と逃げずに立ち向かい多くのユダヤ人を救った実話。

アントニーナの動物に対する裏切られることのない愛情。壁の向こうで隔離されているユダヤ人に対しても同じ愛情を注ぐことができる人としての強さ。

あってはいけない事実が実際に起きていたことを、再確認した作品。

このレビューはネタバレを含みます

 第二次大戦中のポーランドのワルシャワで動物園を営む家族がナチスに迫害されるユダヤ人をかくまって頑張る話。

 冒頭の動物園の日常から動物たちの演技が素晴らしくて特殊撮影なのかアニマルトレーナーさんの仕事が凄いのか、映画の臨場感をあげていてよかったです。

 すぐに戦争が始まってポーランドはドイツに占領されてしまって、1人のユダヤ人をかくまったことから、しだいに大勢のユダヤ人をかくまい脱出させることになっていって。動物園を管理するナチスの学者さんにバレるかバレないかサスペンスがあったりして…。

 女性たちの物語で静かに熱く戦う主人公の姿もよくて、かつホロコーストやワルシャワ蜂起の勉強にもなって退屈せずに見られる120分でした。

 ただ、幾度となく映画で描かれてきたユダヤ人迫害ものの王道を行く展開で、それ以上でもそれ以下でもなかったです。あらすじどおりのことしか起こらず新鮮さみたいなものが全くなくて真面目すぎる印象の映画で面白みに欠けている印象でした。

 とはいえ、画作りも役者さんもみなさん素晴らしくて当然だけど「戦争、ダメゼッタイ」と感じさせてくれる映画でした。
戦時中、動物園を営んでいたポーランド人夫婦。
動物園は爆撃に合い壊滅してしまったけれどそれでも、300人ものユダヤ人を救ったのだから‥
哀しくも美しい実話です。
実話となるから、現実はどれほど悲惨だったのか‥

この夫婦の自分の身を危険にさらしてまで救った勇敢なる功績は、今もなお残っているワルシャワ動物園なのだ。なんの罪のない動物が無差別に殺害される、ユダヤ人もおなじだ‥
歴史的背景を思い浮かべながらいつかワルシャワ動物園に行ってみたい‥
緊迫したシーンが、ずっと続いてるので2時間あっという間だった。
こへ

こへの感想・評価

3.8
やはり戦争映画は観てて胸が痛いですね…。でも実際に起こった出来事としてしっかり胸に刻んでおくべきだと思いました。
あまり観ないジャンルなので比較材料が無いのですが、この手の映画にしては残虐な描写は少ない方なのではないでしょうか。
ラストも丸く収まったというか、救いがあってよかったです。

こんな夫婦が実際にいたんですね。惨たらしい戦時下にあのような勇気ある決断を下せるなんて、並大抵の覚悟ではなかったはずです。深く感動しました。

鑑賞のきっかけとなったジェシカ・チャステインは、今回も名演技でしたね。『女神の見えざる手』と同じ女優とは思えません(笑)
まさに、いま最も旬な女優だと思います。
ゆーた

ゆーたの感想・評価

3.8
やはりホロコーストを題材にした作品は、観ていて心苦しくなる。
今作ではユダヤ人に加え、無惨にも動物たちも殺められてしまうシーンが辛かった…。
ブリュールは嫌な役柄だったけど、やはり上手いな~と思った。
この夫婦は厳しい時代の中でも、危険を冒してまでも多くのユダヤ人を救ったという事実に感動。
でも、全体的に時代背景が少し弱くも感じました。
ジェシカ・チャスティンは「女神の見えざる手」とは印象がガラリと変わり、素晴らしい女優さんだと思いました!

しかし、なぜナチスはこうもユダヤ人を殺めるのか分からない…。
Hario

Harioの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

2018年劇場鑑賞2本目

1939年9月1日
そのテロップを見ると一瞬恐怖でゾッとする感じと心臓の鼓動が早くなる。『戦場のピアニスト』を観た時も同じだった。ポーランド侵攻、第二次世界大戦の始まり。

ナチスドイツのユダヤ人迫害を描いた映画はどんな作品を観ても辛くて涙が出るか心を抉られて暫く放心してしまう。それでも観ることをやめることはない。

でも今回は観に行くのを少し迷った。動物園が舞台… 予告編で爆撃によってパニックになっている動物たちのシーンを観てギクリとした。実際に多くの動物が死んでいった事も、映画で再現されることも耐えられない。本編を観て辛かったのは、爆撃音によって動物たちがパニックになってるシーン。これは実際、音でびっくりさせて怯えさせてるよね?映画の為にストレスを与えてることには変わりないよね? むしろ死骸を見せられる方が気が楽だった。死骸は作り物だから。クレジットの最後にAHAのロゴはなかった気がする。

そんな辛い最中、アントニーナの深い愛情は観ているこちら側にも伝わってきて癒される。昨年の『女神の見えざる手』で完全にファンになってしまったジェシカ・チャステインさんの全くの別人格キャラクターにクラクラしてしまう。そういえば『ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜』でも途中まで気が付かない位意外なキャラだった。遅ればせながら今後注目したい女優さんだ。

密かにお気に入りのダニエル・ブリュールくんは、やっぱりナチス側の嫌な奴役…多くないかそういう役?印象が強いだけか『イングロリアス・バスターズ』とか。

夫ヤン役の人も良かった。訛りのある英語がドゥニ・ヴィルヌーヴ監督に似てた。
TAKA

TAKAの感想・評価

4.3
2018-012-005-007
2018.1.6 TC上大岡 Scr.2

・動の戦いと静の戦い
・彼女は友達を助けたいだけだった
・当然のことを当然に。その尊さ。

「女神の見えざる手」が素晴らしかったジェシカ・チャスティンを観たくて鑑賞(^_^)

大阪では終わっていたので、上京に合わせて関東で鑑賞。
本作を鑑賞するために、始発の新幹線に乗らざるを得なくて、車中で爆睡してたのはここだけの話で
( ̄▽ ̄;)

さて本編(^_^)

やっぱジェシカ・チャスティンが素晴らしかった。

女神の見えざる手が動の戦いならば、本作は静の戦い。

仕掛ける訳ではないが、守り抜く女性の強さを見事に演じて見せてくれたと思います(^_^)

ジェシカ・チャスティン演じるアントニーナは、どちらかというと内気な人物。
社交の場では、会場の片隅ではにかんでいる感じ。(^_^)

だけど何かあれば。
例えば愛する動物達に危機が迫れば駆け付けて、靴を脱ぎ捨てて、ドレスが汚れるのも厭わず、必死に介抱する。
そんな素敵な女性。

きっかけは・・・
彼女はお友達を助けたかった。
ただそれだけだった。

渋々応じた夫だったが、ユダヤ人の悲惨な状況を目の当たりにして、ユダヤ人の逃亡を助ける決心をする。

驚き、不可能と訴えるアントニーナだったけれど、怯えるユダヤ人をみて、突き放すことなどできない。

彼女も心を決めた。
彼女の辛い静かな戦いが始まる。

本作の主眼は、アントニーナがどのように振る舞い戦ったか。
つまり女性の目線で描いた戦争なので、戦闘シーンやエグいシーンは比較的少ないです。

だけど、夫がいない家で、ユダヤ人が隠れる家での彼女の苦悩、戦い。
危機が迫ればピアノをひいて
通いの調理係の眼をごまかしつつ
彼女に好意を持つナチス学者を利用しつつ

彼女は戦う。
ナチス学者をいなす行為が夫の疑念を招いても。
涙しながら、だけど信念を持って
「戦う」。

言うは易い行為です。
人として当然のことです。
だけどナチス支配下のポーランドです。
戦う姿、それ自体が尊い。

それもまた、戦争の真実。

彼女にとっては、人として当然のことを為した。それだけのことなのでしょう。

その勇気に。
敬意以外の感情を持ち得ません、

彼女を称える映画。
それが制作され、
遠く日本でも公開されたこと自体、
人類も捨てたものではないのでしょう。

追記。
・ホントに同じ人?って感じだったよな。
女神の見えざる手と本作と。
・豊満な露出は必要だったのかしらん?いや嬉しかったけど(笑)(//∇//)
・邦題は・・・原題(Zookeeper's Wife)に近いニュアンスの方が良かった気はしたな。
個人の好みだけどf(^_^;(笑)
Shoya

Shoyaの感想・評価

3.6
シンドラーや杉原千畝のように、数多くのユダヤ人を助け出して、経営する動物園の地下に匿ったポーランド人夫妻の実話。

列車に乗る子どもたちの姿が印象的だった。アウシュビッツへ向かうその列車に乗せてもらうため、ニコニコしながら両手を上げる子どもたち。
あの姿を間近に見ても、手に持つ銃を置けないのが戦争の異常さなんだ。
yuka

yukaの感想・評価

4.0
去年からずっと見たかった映画!
アントニーナとヤンに感動…。ワルシャワ動物園、いつか行ってみたい。

良い映画館も見つけた。
2018年の1本目。
ドイツ軍の支配下となり厳しい戦況となったポーランドで動物園を運営していた夫婦が差別なく人を愛しぬく。
精神的にも経済的にも苦しい時に家族も友人も見知らぬユダヤ人をも守り抜いた行動に感動させられる。
戦争関連映画は何度観ても、あらゆる物語のものを観ても腹立たしく悲しい…
伝えゆく手段として映画は最適だと思う。
>|