KZY

ビッグ・クラブ・パニックのKZYのレビュー・感想・評価

ビッグ・クラブ・パニック(2015年製作の映画)
2.5
「どうする?スシの化け物め」

町外れの湖に隕石が落下したことで、化石化していた古代の巨大ガニが復活し、次々と人を襲い始めた。残忍なカニに為す術もない彼らを救うために軍は戦闘機で爆撃を開始。しかし、頑丈な甲羅をもつカニは爆撃をものともせずに殺戮を繰り返す。

らしいんやけど、あらすじで正しかったのは「巨大ガニ」「戦闘機で爆撃」だけで笑った。
実際は、
ある男が町外れの湖畔で生物巨大化の研究をしていたが、不慮の事故により研究所は崩壊してしまう。しかし、幸か不幸か、野生のカニがその影響で巨大化してしまい、実験は成功に至った。野生の巨大ガニは湖畔でひっそりと暮らしていたのだが…。
って感じやな。

気になったのは長々と見せられる伏線も何も無い会話。
卵白サンドとチーズサンドの話や、おっぱいの大きさの話をしてるけど、特に面白みのある会話でもなく、ただの世間話を聞かされている感じ。全体的にストーリーの抑揚がなかった。

そしてB級映画独特の、雑さがよかった。
カットが変わるときに、中盤からいきなりパワポのスライドアニメーションみたいなんが入る。何故かそのあたりだけで終盤には通常に戻る。謎すぎる。
アクションシーンが撮りたかったのか、いきなり女性vs保安官の格闘が始まる。案の定クソ雑魚パンチ、ふわふわキック、渾身のダブルチョップが炸裂していて、ニヤニヤ。

肝心の巨大化ガニはストップモーションで撮影されていて動きに可愛げがある。
子ガニもそう。
そしてそのタラバガニくらいの大きさの小ガニ3匹に襲われて、都合よくコケてしまい殺される黒人男性。
カニの出来は去ることながら、頑張った感が伝わったからギリギリ2.5で。