なかもとあらた

ワンダー 君は太陽のなかもとあらたのレビュー・感想・評価

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)
4.3
素晴らしい愛の映画。劇中で涙腺が3回も緩んだのは多分初めてです。

偏見や差別っていう根絶しない根強い問題。人間は生まれつきに社会に産み落とされる故に、社会の中の‘平均“が人間の中に擦り込まれている。 今回のオギーは産まれながらに病気で顔に傷を抱える無垢な青年であって他の人と何も変わらない。しかしながら、顔という違いで起きるイジメ.....彼は苦しみながらも戦っていく、その中で不思議と周りが彼本来の人間性に気付いていく......。


家族の愛や友情、人間は一人では生きて行けない。 周りがあってこそ自分が認識される。 「相手を知りたいなら、良く見ろ」これを教訓に周りを愛そう。